New節穴から入れる貯金箱

e0353219_16590775.jpg

「節穴から入れる貯金箱」が売り切れてしまいましたので再製作しました。

今回製作した貯金箱は、以前の物に比べてかなり大きくしています。幅と高さは同じですが、奥行が55ミリと65ミリと70ミリ3種類製作しました。

何故3種類にしたのか?それは、500円硬貨が入る大きさの節穴のある材料に合わせたからです。

e0353219_16592971.jpg

全部で12個です。

モノモマンの販売は、主に「ホームページ」と「Creema」と「栗山店」の3個所です。よって、この3個所に商品を振り分けました。



e0353219_16594435.jpg

余談ですが、作品の中には製作した労力に見合った価格設定ができない物があります。要はきっちりと計算すると滅茶苦茶高くなって「これは、売れない!」となるから、労力に見合った価格以下に設定する訳です。

小物品のオーダーメイドは、ほとんどがそうです。この「節穴から入れる貯金箱」も製作する数が少ないのでそうなのです。

でも、こういう「他にはなさそうな物」を作るのは楽しいので、手抜きなど一切なしで完成させて、お求めやすい価格で販売させていただいております。

こういう物がお好みの方は、お買い得かと思いますよ。

[PR]
# by monomoman | 2018-10-04 06:57 | ├ 貯金箱 | Comments(0)

ティートレイを作りました

e0353219_06405483.jpg

生活用品を作ろうと思い立ったが吉日。第一段目として、ティートレイを作りました。

e0353219_06403071.jpg

オイルワックス仕上げを終えたところです。

通常は安全安心のリボス社のアルドボスを使ってオイル仕上げをしているのですが、このティートレイにはHOWARD社のオイル&ワックスを使いました。勿論、これも安全安心のオイル&ワックスです。

最初に木製器具用オイルの[HOWARD社のカッティングボードオイル]でオイルを深く浸透させ、2日後に天然オイルワックスの[HOWARD社のブッチャーブロックコンディショナー]で仕上げます。

そうすることにより、ウレタン塗装ほどではないですが、かなりの耐水性が得られます。ざらついてきた時のメンテナンス作業も[HOWARD社のブッチャーブロックコンディショナー]を使えば簡単です。小ビンであれば800円ぐらいで購入できます。

商品には、ざらついてきた時用のメンテナンス作業のやり方を冊子にして付けます。

余談ですが、この状態の時に震度5弱の地震がやってきて(朝の3時頃)、真っ先に3階の寝室から1階の工房へ直行。数個落ちていましたが、傷もなくほっとしました。

e0353219_06412365.jpg

2回目の塗装前に軽くケバ取りをしていますので、つるつるに仕上がっています。

e0353219_06415648.jpg

浅く溝加工している部分にスプーンやフォークを置けます。

e0353219_06414035.jpg

加工後の研磨が大変なのですが、持ち易くするために指が軽く引っかかる程度の断面形状にしました。

e0353219_06410897.jpg

生活用品の第一段目としては、かなり満足度が高い仕上がりとなったと思うのですが、いかがでしょうか?

e0353219_06404015.jpg

ついでに、イベント等の展示用のラックも完成です。見栄えも良いし、平積みするよりはラックの方が商品に傷がつく確率が低くなるので一石二鳥です。

これと似たような商品として、4個か5個ぐらい保管できるラックを作くろうかと思っているところです。





[PR]
# by monomoman | 2018-09-11 21:38 | ├ ティートレイ | Comments(0)