人気ブログランキング |

昔と今のキャンディマン

e0353219_21354857.jpg

クリスティーナ・アギレラ(Christina Aguilera)は露出過多のコスチュームで話題を振りまいていますね。でも、歌も踊りも素晴らしい実力派シンガーソングライターで、3歳~6歳まで日本に住んでいたようです。
私は2010年公開のミュージカル映画「バーレスク」で知りました。

アンドリュー・シスターズ(Andrews Sisters)は第二次世界大戦中の慰問公演から1960年代にかけて活動した、3人姉妹のコーラスグループです。
1940年代の懐かしい(私の生まれる前ですけど)メロディーだし、楽しいので、最近は良く聴いています。

まずは、アンドリュー・シスターズのCandymanをお聴き下さい。もう70年も前の映像ですが、どうですか?いい感じでしょ。


次は、2006年製作のクリスティーナ・アギレラのCandymanです。アギレラ嬢の実力を感じさせる、楽しいミュージックビデオです。


実は、この二つの音楽は全く同じなんです。アンドリュー・シスターズの映像に、クリスティーナ・アギレラのCandymanをかぶせているのです。

そして、クリスティーナ・アギレラのCandymanの映像に出ている女性3人は、みんなクリスティーナ・アギレラです。あまりにも良く出来ているので、しばらくの間、似た者3人娘と思っていました。

本当に、最近の編集技術には目を見張るものがあります。

上記の元唄はアンドリュー・シスターズが1941年に吹き込んだ「Boogie Woogie Bugle Boy」です。尚、Bugleとは軍隊ラッパのことです。 


最後に、私のお好みミュージカル映画「バーレスク」からクリスティーナ・アギレラの「I'm a Good Girl 」です。


by monomoman | 2016-09-06 19:11 | ├音楽 | Comments(0)
<< 木の傘立てのご案内 木の小銭貯金箱のご案内 >>