2015年元旦/八足台と神棚

e0353219_21355943.jpg


明けましておめでとうございます。

今年もmono momanを宜しくお願い申し上げます。

神棚のある家庭では、神棚に手を合わせてから新しい年が始まると思います。

e0353219_21355994.jpg


昨年11月に知り合いの方から、供養台と八足台の注文をいただきました。一昨年は友人から注文をいただき、今回で4セット目の製作でした。

材料は檜が良いのですが、北海道は檜の流通が少ないせいか、値段が非常に高いので、今回も前回と同様に道産材のセンで製作しました。

話がちょっと脱線します。右奥の高く積み上げた端材は薪になります。こんなにあっても、一週間でなくなってしまうので、昔は普通に使っていた薪ストーブが、今や贅沢品です。贅沢品だけあって灯油ストーブの倍ほどの暖かさを感じます。

一般家庭では、神棚の配置は天井の下に設置しています。日本の住宅は狭いからなのでしょうね。でも、背伸びしも手が届かないほど高い位置にあるので問題が発生しています。

問題とは
一つ目は、掃除が頻繁にできない。
二つ目は、お水の交換が頻繁にできない。
三つ目は、榊の手入れが頻繁にできない。

できれば、お水の交換と榊の手入れは、毎日するのが理想です。しかし、大晦日に掃除をして、元旦にお水を捧げて、一年間もそのままにされている方もおられるようです。

そのような神棚に神様は寄り付かないでしょう。そんな神棚に宝くじを置いて、お祈りされている方々を想像すると滑稽です。
そこで、八足台が見直されてきているようです。

e0353219_21355930.jpg


八足台の上段に神棚、下段にお水と榊を置きます。このぐらいの高さであれば、毎日のお水の交換や榊の手入れは簡単です。

写真の八足台は、一昨年の注文時に我家用に一緒に製作したもので、材料が足りなかったので、カバとニレも混じっています。

向って右の神棚には北海道神宮のお札、左の神棚には栗山天満宮のお札、中央の神棚には神宮大麻が入っています。お札は毎年、交換します。

神棚は北海道神宮で一個千円、合計で三千円でした。枠はリビングに合いそうなデザインにして檜で製作しました。水玉をのせる三方と両側の玉垣も自作したものです。
三方は市販されているものよりも、かなりがっしりと作りになっています。玉垣は面白い構造となっており、内容は後日、記事にします。

昨年の依頼主様は、この三点セットも購入していただきました。ありがとうございました。

話が変わります。お正月で、のんびりされている方へのおススメ記事です。

ねずさんの記事は何時も感心して読んでいるのですが、これは特に良いです。ただで読めるのですから、ありがたいものです。

2014/12/30 新しい世界秩序
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2496.html

本日の一曲

今年、最初の一曲は、「Brenda Lee / All Alone Am I」です。


[PR]
by monomoman | 2015-01-01 06:21 | 伝統/文化 | Comments(0)
<< お笑い報道官 2014年良いお年を >>