いいぞ!保守系中学生

e0353219_21360077.jpg

少々古いのですが、日刊サイゾー(2015年1月14日)記事より。

地理テストで「支那」「南朝鮮」と回答、「君が代」唱和を要求……教員を悩ます“ネトウヨ中学生”が増加中!?

・・・途中から転載・・・
「中学校2年生のクラスで行った社会科地理のテストで、『中国』と答えるべき設問にやはり『支那』と回答していた生徒がいたのは昨年末のこと。

採点済みの答案用紙を返すと、彼は『中国とは中華民国のこと』と教室で持論を展開し始めた。といっても、確信犯のようで、採点を訂正するようには求めてこず、『公立校は日教組支配だから仕方ないですよね』と、皮肉を言うだけだった。
彼は以前にも、『韓国』と答えるべきところを『南朝鮮』と回答し、同じような行動をとっていたので、私も驚きませんでした」

 保守というべきか、ネトウヨ的というべきか、こうした主張を繰り広げる生徒は、彼だけではないという。

「彼にはほかのクラスに、同じような思想を持つ仲の良い友人が2人ほどいるのですが、連名で『保守研究会』なる放課後クラブの設立を申請してきたことがあった。それは却下されたんですが、その後も、『毎朝の朝礼時に、なぜ『君が代』を歌わないのですか?』などといった質問をたびたび投げかけてきて、困惑している教員もいる」
・・・続きは記事をお読みください・・・
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150114/Cyzo_201501_post_18048.html

e0353219_21360089.jpg

この中学生の主張は正しいので、子供達に自虐思想を洗脳させたいアホサヨ先生は、反論もできず、殴る事もかなわず、困惑するしかないのでしょうね。惨めなアホサヨ先生でした。

最近の子供達までもが、情報源は捏造新聞や反日テレビではなくて、ネットからのようです。それと、真実を知ってしまった愛国お母さんの影響が大きいと推測します。

ですから、嘘をまき散らす捏造朝日や肝心な報道をしない反日NHKや正しい歴史教育をしない日教組職員に騙されない中学生が増えてきつつあるようで、将来が楽しみです。
中学校の文化祭の弁論大会で、近々にこんなのが出てくるかも?

e0353219_18544342.jpg

弁論大会のテーマ:「カラオケ好きな日教組幹部は労働貴族なのか???」

e0353219_18543600.jpg


弁論大会のテーマ:「日教組委員長のW不倫、辞任だけで許されるのか???」

本当にワクワクします。頑張れ、日本が好きな保守系中学生。

皆さん、驚きは“ネトウヨ中学生”だけではありません。なんと、“ネトウヨ日教組職員”が出没してきました。

大分県内の小学校の日教組男性教諭が、「特攻隊」を題材にした平和授業を行ったそうで。日本のために戦ってくれた「特攻隊」に感謝の気持ちをもった子供もいたようです。

http://www.sankei.com/life/news/150207/lif1502070038-n1.html

アホサヨがネトウヨに成りすます日教組は、何を企んでいるのやら???

本日の一曲

「カトリーナ・ヴァランテ(Caterina Valente)/ Amapola」です。


[PR]
by monomoman | 2016-11-18 20:52 | 教育/思想
<< 親の背を見て子は育つ お月様の秘密 >>