韓国が知られたくない恥史

e0353219_21361223.jpg

野口裕之さん(産経)の皮肉たっぷりの隣国関連記事は、絶対に他の新聞社では書きませんね。しかも、本当の事だから面白いです。

少々古い記事ですが、イスラム国の蛮行で暴かれる「韓国が知られたくない恥史」(2015.5.2 06:00発信)より。
・・・途中から(1945年終戦後の朝鮮半島)・・・

上陸後も、日本人官吏は相当期間軍政を支援、治安も軌道に乗るまで日本側が協力した。日本側の統治能力や軍紀を大いに評価していた背景も在った。反面、米国は当初、朝鮮人を軍政より徹底的に遠ざけた。朝鮮人の軍政登用は牛歩で進められた。なぜか−

統治能力欠落や、度を超した自己主張、激高しやすい民族性に加え、偏狭な民族主義者や共産主義者が入り乱れ、一致団結して建国に邁進するまとまりに欠けている…など。こと朝鮮人に関し米国の学習能力は高かった。

・・・途中省略・・・

しかも朝鮮人は戦前~戦中~戦後と、日本に向けまともなゲリラ抗戦も民族蜂起も起こしていない。

韓国が「日帝を打ち負かして独立を勝ち取った」と強弁しようと、独立は日本敗戦3年後。米国は聯合国による長期の半島信託統治を描いたが、北朝鮮に統一国家を建設する動きを見せたソ聯に対抗、韓国の独立実施を大きく前倒しした。日本ではなく、日本に勝った米国に棚ぼた式で譲ってもらったのだ。

哀れ韓国は「歴史の不完全燃焼」に身悶えるだけでコンプレックスを癒やせない。制御不能な嫉妬の炎は“歴史の新作”を次々ひねり出すエネルギー源と化す。半面、取り憑かれたような情念で日本を「口撃」している間は、不都合な史実は目立たない。韓国の為政者の反日カードは国家戦略であり続ける。

・・・途中省略・・・

おびただしい数の韓国人が難を逃れ、日本に密入国し、大半が居座った(在日)。
そうか。(南北)朝鮮とイスラム国の最大の共通項は凶暴で残忍。であるが故に大量の死者・棄民を輩出しても心痛まぬ思考回路。まだある。日本を歴史捏造でいたぶり、つきまとって離さぬ韓国。日本人を拉致・誘拐する北朝鮮とイスラム国。わが国を「解放」でじらす外道ぶりはソックリだ。

(政治部専門委員 野口裕之/SANKEI EXPRESS)(2月2日掲載)
全文はこちらです。
http://www.sankei.com/world/news/150502/wor1505020006-n1.html

野口さん。今後も楽しみにしていますよ。他の新聞社もこうであればいいのだけれど、中共の子分になっている反日新聞社には無理かな。

e0353219_07271609.jpg

もう一つ、数日前に話題になった「韓国が知られたくない恥史」があります。

アメリカのトランプ大統領が、中国の習近平国家主席との会談(4月7日)で「韓国は中国の一部だったことがある」との説明を受けたと発言した後の中央日報の記事より。
中央日報によると、韓国外交部の当局者は「報道内容が事実かどうかはさておき、過去の数千年間、韓中関係の歴史において韓国が中国の一部ではなかったという点は国際社会が認める明白な歴史的事実」と述べたという。
The Huffington Post  2017年04月20日
それじゃ、世界の教科書ではどうなっているか・・・

カナダの教科書は・・・
「韓国は数百年間中国の属国だった」
「日本は韓国の地で大きな発展を成し遂げた。鉄道と道路、港を建設し、産業を発展させて、教育機会を拡大させようと努力した」
「日本が韓国の教育機会を拡大させようという努力をした」

e0353219_07273114.jpg

なんと、カナダの教科書には朝鮮半島がすっぽりない。

オーストラリアの教科書は・・・
「朝鮮は近代に至るまで、その国内での抵抗にかかわらず、中国と日本の属国だった」
「35年間の日帝強制占領期に韓国は経済発展を成し遂げた」

フィリピンの教科書は・・・
「朝鮮は、その歴史の大部分で中国の属国であり、その支配は19世紀に日本に引き継がれた。日本は自由な新しい秩序を樹立することによって、朝鮮に平和と安全をもたらそうとした」

インドネシアの教科書は・・・
「韓半島は古代から中国の植民地であった」
「日本の侵略が韓国の近代化を促進した」

タイの教科書は・・・
「韓国が17世紀に中国の支配に入っていて、これは中国が弱くなった19世紀末まで続いた」

アメリカの教科書は・・・
「韓国は中国の属国だった」
「1600年代初め、中国が韓国を再び支配した。300年間、韓国は中国の統治下にあった」
「日本が韓国の南の端に貿易基地や軍事的植民地を維持した」

e0353219_07272467.jpg

アメリカでも2001年版世界地図に朝鮮半島がない。

インドの教科書は・・・
「朝鮮は永らく中国の属国だった」

チェコの教科書は・・・
「独裁及び傀儡国家」
「政治的、軍事的に帝国主義に依存している」

イギリスの教科書は・・・
「西暦366-562年に、日本が韓半島南部を占領した」

ポーランドの教科書は・・・
「紀元1世紀以来、日本と中国は朝鮮半島の領有権を巡って衝突した」

シンガポールの教科書は・・・
「かつてロシアの植民地で、日本の植民地でもあった国家」

ウルグアイの教科書は・・・
「中国語を使用している国家」

アルゼンチンの教科書は・・・
「韓国は中国語使用地域」

クウェートの教科書は・・・
「韓国の宗教は儒教」
「公用語は中国語と日本語」

ドイツの教科書は・・・
「日本が大陸に最初の足がかりを築いたのは4世紀のことだった。その後300年、日本は朝鮮半島を支配する地位にあったが、唐との戦争に敗れ、17世紀になるまで待たなくてはならなかった」

日本・山川出版社 『詳説世界史』では・・・
「清は18世紀なかごろに(略)朝鮮・ベトナム・タイ・ミャンマーを属国とする大勢力となった」

日本・東京書籍 『日本史A』では・・・
「いっぽう清国も、朝鮮を属国あつかいにした」

さらに・・・

世界の1億人を対象にした教科書を出版しているピアソン・エデュケーションは、韓国を中国の属国に定義付ける世界史の試験問題を出題している。

1478年から現在まで、アメリカをはじめ、日本、カナダ、中国など世界約50か国で教科書を出版しているオックスフォード大学の出版社が制作している中学校課程教科書は、古代中国の領土を表記した「古代の世界」の1ページで、朝鮮半島全体を中国領土に含ませている。

アメリカの世界史教科書では万里の長城が鴨緑江近隣までのびている地図が掲載され、「1640年代に韓国は中国・清王朝の属国になった」と記述されている。

バロンズ社が発行しているアメリカの大学進学適性試験の教材は、新羅を朝鮮半島で初の国家と表記している。

アメリカの大部分の教科書は韓国が「中国と日本の属国」と記述されている。

アメリカの教科書は、古代の中国地図に朝鮮半島を中国の領土と表記している。

アメリカのマクドゥーガル・リトル出版社が発行している教科書に収録された1850~1910年に分割占領された中国領土地図には、朝鮮半島が中国領土であるかのように領域圏を明示したうえで、朝鮮半島と台湾を日本が植民地化したものと図示している。

2005年メキシコのエスフィング(Esfinge)が発行した高校生用教科書には日本のアジア侵略は戦争ではなく地域の平和と秩序のためという善意の表現だったし、日本の韓半島侵略は経済的利益を得るためではなくロシアから韓国を保護しようとするためだったという内容が掲載されている。

メキシコの教科書は、韓国を1910年以前の中国領と表記し、韓国人ではない他民族の写真を掲載している。

アメリカ14州で教科書に採択しているホルト・ラインハルト&ウィンストン出版社の「世界史、人間と国家」は、高句麗や渤海、高麗、朝鮮等も中国の一部であるかのように記述し、「中国の韓国統治は韓国文化にどのような影響を及ぼしたか」という答を誘導している。

アメリカの教科書は韓国関連の内容を少なく扱い、韓国を中国・日本の周辺国と描写しており、韓国が中国と日本の支配を順に受けたかのように記述しており、「1600年代から中国が朝鮮を300年間支配した」と記述している。

要は、全世界の学生の韓国に対する認識を形成させる外国の教科書には、「韓国を中国や日本の属国で貧しい農耕国家」と記述している。

外国の教科書と同じように、50年前の南朝鮮では、真実が記述されていた・・・

「(日清戦争で)日本の勝利となり、下関条約が結ばれ
朝鮮の独立が認められた」(『中等世界史』 韓国・英志文化社 1959年)

「朝鮮は清の半属国だった」(『高等世界史』 韓国・教友社 1962年)

でも、現在の南朝鮮では、嘘が記述されている・・・

「サミュエル・P・ハンティントンは彼の著書『文明の衝突』で、わが国を中国の文明に抱含させている。外国人の目には、わが国の文化が中国とあまり差異なく見えるようだ」
(『高等学校世界史』 韓国・教学社 2003年)

ちなみに、南朝鮮の国定中学校歴史教科書「国史」(2002年度版)の、冒頭部分にはこんなことが書いてある・・・

「歴史は今日の生を照らす鏡であり、明日を見通せる窓ともいう。したがって、歴史の叙述は過去が暗いからと隠したり、ないものをあると誇張してはならない。歴史の叙述は偏ることなく厳格でなければならない。」

詳しくは以下のサイトで。

もう、とてもとてもお付き合いできません。難民であっても子供の将来のために、絶対に日本に上陸させてはいけません。

本日の一曲

「Lena Horne / From This Moment On」です。


[PR]
by monomoman | 2017-05-01 06:32 | 特定アジア
<< 気をつけよう教育委員会と日教組 黄金の夢の国ジパング >>