ラグビーの思い出

e0353219_18490901.jpg

過去7大会のラグビーワールドカップで過去1勝(21敗2分)しかしていない日本が、今年のイングランド大会だけで3勝もしたのですから驚きです。

特に、過去2回優勝の南アフリカに勝利した試合は感動的でした。翌日の現地での第一声です。

「That's the biggest surprise in World Cup history.」
(W杯史上最大の驚きだ)

jbプレス記事によると、サッカーと違いラグビーには番狂わせは起こりにくいとの事。

例えば「サッカーで言えばJ2のチームがイングランド代表に勝つ」とか「野球では県大会ベスト4の高校生チームがソフトバンクホークスに勝つ」とか、普通ではあり得ないことが起こった試合が対南アフリカ戦だったようです。

賭け事では、南アに1000£かけて南アが勝った場合1001£にしかならなかったに対し、日本に1000£かけ日本が勝利した場合、最高で112000£(112倍)だったようで、当てた人もいるのでしょうね。

しかも、日本が予想を覆す終始積極的な試合運びを展開し、最後の2分で逆転勝ちを収めたものだからラグビーを楽しんでいる人達は大騒ぎになっていたようです。その雰囲気は以下のブログ記事を参考に。

ラグビーワールドカップ 南ア戦の夜 日本人が感じた、空気。

ラグビー日本代表のハイライト動画 Japan's Glorious RWC 2015 Memories


日本チームの活躍をネット動画で見て感じたことは、サッカーと違ってラグビーを愛する人達は勝ち負け以上に、スポーツ(試合内容)を楽しんでいるようでした。

そして、ラグビーを愛する人達からの日本チーム称賛の嵐に、即座に一抹の不安が脳内を刺激したのです。それは・・・

「ウリもラグビーを始め、日本に勝つニダ」

スポーツに限らず、何事においても内容よりも”勝ち負け”にこだわるあの人達には、直接体がぶつかり合うラグビーには興味をもってほしくないのです。怪我人続出です。

NewSphere(ニュースフィア)から。日本人のノーベル賞受賞、米韓報道に違い。「日本人」に主眼の韓国、研究内容の米国。

e0353219_18490395.jpg

今の子供達はサッカーに夢中になっているようですが、私の子供の頃は学園ドラマ”青春とはなんだ”の影響で、サッカーよりラグビーに人気がありました。でも、ラグビーのルールは簡単ではなかったからでしょうか?ブームにはならかったですね。

このテレビドラマは、1965年から1966年にかけて日本テレビ系で放送された夏木陽介と藤山陽子主演の青春学園ドラマです。この後に、竜雷太主演の”これが青春だ”が続きます。

私もその影響をいっぱいに受けて、小学生の頃は深川西高のグランドへラグビーの練習を見に行ったり、勝手にボール拾いをしたり。あの頃は楽しかった。

勿論、旭川高専に入学して、すぐにラグビー部に入部したのですが、訳があって退部しました。この退部は自分の人生で悔やまれる出来事の一つです。

ということで、今回のラグビー日本代表の活躍は、私の子供の頃から青春時代の事を思い出させていただきました。

本日は二曲です

貴様と俺 1966 青春とはなんだ 劇中応援歌


これが青春だ 布施明


[PR]
by monomoman | 2015-10-21 06:48 | ├ 子供の頃 | Comments(0)
<< 思い出と想い出から感じる日本語 オヤジ木目の壁掛け時計 >>