寄木文字盤置き時計の販売を再開

e0353219_19202306.jpg

昨年8月より品切れになっていました”寄木文字盤置き時計”の販売を再開しましたのでお知らせいたします。

再製作した寄木文字盤置き時計は、以下のように形状と表面処理を変更しました。

●横幅を260ミリ⇒180ミリ
●文字盤を長方形⇒正方形
●下部の形状を少し変更
●クリヤオイル仕上げ⇒着色オイル仕上げ
●裏板:無垢材⇒突板
●裏板留め方:マグネット⇒木製留め具

e0353219_19205140.jpg

これは完売済の初代”寄木文字盤置き時計”です。

e0353219_19205619.jpg

これは、現在販売中の”シンプル置き時計”です。(完売となりました)

モノモマンの商品は一人で製作しています。それ故、商品のアイテムが増えていくと、新作を創る時間が無くなってくるので、従来からある二つある置き時計の販売は終了することにしました。

e0353219_19203354.jpg

今回は寄木の配置を4種類用意しました。

e0353219_19204395.jpg

着色オイル仕上げにした理由はレトロな感じにしたかったからです。木の導管に入り込んだ着色オイルが重量感をかもしだしているのですが、不思議と可愛らしい時計に仕上がった感じがします。

e0353219_19202801.jpg


e0353219_19201468.jpg

裏板は反り防止のため、突板(同じナラ材)に変更しています。小さな木製留め具も手作り(同じナラ材)です。


[PR]
by monomoman | 2016-02-21 19:46 | ├ 時計 | Comments(0)
<< 安倍対山口のチャンバラ対決 薄っぺらな面の皮と正義感 >>