オスプレイとヘリ空母と自衛隊の活躍

e0353219_18150157.jpg

熊本地震の支援活動で、輸送支援に当たっている在日米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイと護衛艦「ひゅうが」が大活躍しています。

勿論、自衛隊員もです。誠に頼もしい限りです。

e0353219_18145573.jpg

護衛艦「ひゅうが」から大量の支援物資を載せて飛び立つ、在日米海兵隊のMV22オスプレイです。

e0353219_18151355.jpg

4月19日には、海上自衛隊最大の艦艇であるヘリコプター搭載護衛艦「いずも」(1万9500トン)が、熊本地震の被災地支援にあたる陸上自衛隊輸送のため、北海道・小樽港から熊本に向けて出発しています。

e0353219_18152086.jpg

ところが(何時ものことでもありますが)、中国寄りの共同通信やら捏造朝日やら変態毎日が、オスプレイの活躍を危ないだの政治利用だのと、批判的に報じています。

特に共同通信の”異常なまでにオスプレイに敵意を抱くお馬鹿さん記者”は中国共産党の機関紙記者みたい。

左翼新聞社が全力で熊本地震の支援活動の「お邪魔活動」を展開中です。

危ないから大八車(リヤカー)を使えば満足するのでしょうか?との冗談も放ちたくなりますよ。
産経ニュース記事(地元民の声)

熊本地震で、輸送支援に当たっている在日米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの活動を、複数の日本メディアが批判的に報じたことに、被災者から怒りの声が上がった。

「政治利用」や「パフォーマンス」などと断じる記事こそ、イデオロギーを背景とした政治利用ではないかという憤りだ。

19日、熊本県甲佐町の団体職員、北川和彦氏(63)は、配達された地元紙を手に声を震わせた。
「今日の新聞を見て、本当に腹が立った。われわれ被災者が怒っているということを、知ってもらいたい。自分たちこそ『露骨な政治的パフォーマンス』をしているのではないか!」
もう、テレビと新聞だけの時代は終わっています。ネットのおかげで、反日テレビと左翼新聞社には庶民も高校生も騙されません。

ロバート・D・エルドリッヂ元在沖縄海兵隊政務外交部次長もお怒りです。
産経ニュースより抜粋(ロバート・D・エルドリッヂ氏の声)

熊本地震の救援活動のため、在日米海兵隊がオスプレイを投入したことに批判が出ているのですか。はあー、情けない。情けない。

政治的な主張と、災害対応は分けて考えるべきです。少なくとも今くらいは、意味のない議論はやめなさいと言いたいです。オスプレイは従来のヘリコプターCH46と比べて、搭載量は3倍、速度は2~3倍、航続距離は2~4倍です。災害において最も役立つ航空機です。
自衛隊のCH47の搭載量はオスプレイより多いですが、航続距離や速度は劣ります。

・・・(途中から)
それでもオスプレイに反対だという人に聞きたい。被災して、極めて重要な72時間以内に、医療が必要な人たちをどうやって早く病院に連れて行けると考えているのか。平和や命の大切さを訴えるあなたたちは、そのために何をしているのか。

イデオロギーのために次の災害で同胞を犠牲にするのか。そこまで最低に堕(お)ちているんですか。

・・・(以下省略)
全文はこちらから。

せっかく、オスプレイがでてきたので二言三言。

e0353219_08442996.jpg

上の写真は2014年7月の第28回札幌航空ページェントに行ってきた時に撮ったものです。当時は、このオスプレイが地震災害で大活躍するとは思いもよらなかったです。

垂直離着陸輸送機オスプレイ(MV22)は安全な輸送機です。
オスプレイの事故率     1.93%
海兵隊航空機事故率     2.45%(ヘリ含む平均)
フィリピン航空の事故率   2.47% 
コリアンエアーの事故率   2.58%
チャイナエアラインの事故率 7.16%

そして、高性能な軍用輸送機です。(カッコ内はCH46現有ヘリ比較)
最大速力  約520km/h(1.9倍)
航続距離 約3,900km (5.6倍)
輸送兵員数    24人  (2.0倍)
内部貨物 約9,100kg (4.0倍)

日本の報道(オスプレイMV22は危険)は誤魔化しです。危険なのは、日本に配備しない「特殊作戦用オスプレイCV22(事故率13.47%)」と、正しい報道をしない「報道機関」です。騙されてはいけません。

e0353219_21353509.jpg

そして、オスプレイは、遠く離れた小島などへの輸送に最大限の威力を発揮します。日本の小島を侵略したい国にとっては、オスプレイは厄介な軍用輸送機であり、日本にとっては、防衛上の「切り札」的な存在です。
(勿論、中国共産党はオスプレイの沖縄配備に強烈に嫌悪感を示しています)

そして今回の地震で、災害時においても「切り札」的な存在であることが明らかになりました。

ところで、NHKが「◯◯災害の支援で海上自衛隊のヘリ空母とオスプレイが大活躍しています。自衛隊の活躍と共にその様子をご覧下さい・・・」との正しい報道をするのはいつになることやら。

腐ったものは元に戻せないから、まぁ~解体して国営化にしなと無理・無理・無理の三連発でしょうね。

本日の一曲

「Stacey Kent / Samba Saravah(邦題:男と女のサンバ)」です。


[PR]
by monomoman | 2016-04-25 05:48 | 日々雑感
<< 小さな自立式本立て(2点) 偽小笠原流は韓国の媚びた挨拶コンス >>