木の傘立てのご案内

e0353219_06492553.jpg

売り切れになっていました”木の傘立て”を再製作しました。7月に再製作する予定でしたので二ヶ月も遅れてしまいました。

e0353219_06492023.jpg

この傘立ての特徴は上下に仕切りがあることです。

e0353219_06493658.jpg

上部に仕切りがある傘立てはよく見かけますが、下部にも仕切りの付いている傘立てはあまり見かけないと思います。

上部に仕切りがあっても、傘の先端部で一か所に集中してしまうことがあります。でも、この下部の仕切りを付けることにより、傘をバランス良く綺麗に立て掛けられるようになります。

e0353219_06500195.jpg

仕切りがなければ右側の部材が不要となりますので、お値段も30%はお安くなります。
でも、作り手としては普通の傘立てだと仕事が面白くないので、ありそうでなさそうな上下仕切り付傘立てを製作しています。

e0353219_06493165.jpg

水溜まり受け皿は、スライド方式で簡単に取り出せます。

e0353219_06494690.jpg

このプラスチックのトレーは安いものですので、かなり汚れてしまったら交換すれば良いかと思います。ネットですと運送費の方が高くなると思います。

mono momanでもこの傘立てを販売している期間は、このプラスチックのトレーを販売いたします。価格は350円+運送費です。

e0353219_06494110.jpg

今回、再製作時の改善は二つです。

一つ目は、足の底にネジ式の樹脂パッドを取り付けました。

これにより、小口からの水の影響による腐食を防ぎ、ガタツキの調整が可能となりました。

最初は、樹脂パッドを最後までねじ込みます。床が平らでないと一か所のみ浮きますので、その部分を戻して調整します。

e0353219_06500694.jpg

二つ目は、仕上げ塗装を変更しました。

今までは、リボス社(ドイツ)のデュプノで下塗り、翌日にカルデットの上塗り、その翌日に蜜蝋クリアワックスがけの工程でした。要はオイルフニッシュです。

e0353219_06501090.jpg

今回から、ウレタンオイル塗装に変えました。

ウレタンオイル塗装とは、オイル感がありながら水にも強いウレタンオイル仕上げです。

ウレタンオイル仕上げの主な特徴

・木材に深く含浸し、しっとりとしたオイル調に仕上がります。
・ウレタン反応型なので、一般のオイル系塗料よりも物性面において、大変優れています。

e0353219_06495024.jpg

しっとり感は写真では分からないでしょうが、こんな感じです。

ウレタンオイル塗装は二回塗りで都度、耐水ペーパー(400番ぐらい)で擦り込みします。A液とB液と希釈液を調合すると、どんどん粘り気が出てきて扱いが厄介な塗装です。

e0353219_06495457.jpg

どうぞ、ご検討くださいませ。

本日の一曲

私の青春時代の懐かしい「Raindrops Keep Falling on My Head(雨にぬれても)/ B.J.Thomas」です。


[PR]
by monomoman | 2016-09-09 06:18 | ├ 傘立て | Comments(0)
<< 今も昔もすごいぞ日本人 昔と今のキャンディマン >>