カテゴリ:├ 積木( 1 )

寄木の積木

e0353219_21355019.jpg

mono momanの商品new「寄木の積木」のご案内です。

しばらくの間、品切れになっていました「寄木の積木」を、少し仕様を変更して販売を再開しました。

再製作にあたり、日本の企業と同様にmono momanも改善活動です(かなり大げさ)。ネットで積木について、もっと勉強してnew「寄木の積木」に盛り込みました。

●材種の種類
子供の想像力を高めるため、白木が良いという意見とカラフルな色付が良いという意見があって、結論はどちらでも良さそうです。

どちらでも良いならば、今までの16種は多過ぎるようなので8種に変更しました。作り手の手間も少々ですが省けます。

●積木の形

e0353219_21355056.jpg

積木の遊び方の基本はレンガ積みが基本なので、なるべく大きいものを揃えた方が良さそうです。
なので、この積木セットで一番大きいサイズの積木を2個から4個に変更(写真奥の左)。そして、54ミリ角の直方体を4個追加(写真手前の中央)しました。

積木の数量30個は変更せずに、大きい積木に変更しているので原価アップです。

ここで積木を作ろうと思っているアマチュアの方に一言。基本のサイズを決めて、基本のサイズの倍数寸法で製作に取り掛かって下さい。

参考にmono momanの場合だと基本サイズ27ミリとしていますので、
27×2=54ミリ、54×2=108ミリ、108×2=216ミリの四つの寸法の組み合わせで積木を製作しています。

適当な寸法で作ってしまうとレンガ積みが出来なくなって、子供がストレスを起こすかもしれません。(冗談)

直方体以外の円柱や三角形等はレンガ積みが出来ないので飾りになります。よって、現状と同じ小さな三角形を四つにしています。

●焼印

e0353219_21355011.jpg

積木に材種の焼印を入れようと思っていたのですが、積木遊びそする3歳前後の子供には無意味だそうです。当然、お値段がアップするので止めました。
大人のために、積木のサイズごとに材種がわかるカードを付けています。

●収納箱

e0353219_21355141.jpg

左側がnew「寄木の積木」の収納箱です。

積木の容積は「208×270×54」から「208×208×81」に変更していますので、収納箱もこれに合わせています。一見すると小さくなっているように見えますが、容積が15.5%アップしています。

ここで、積木の購入を検討している方へ一言。積木セットは数よりも容積が大切です。数が多くても小さい積木セットはお勧めできません。
小さな積木が多いと子供が遊びづらいです。

角のアールを大きくして、材種も硬いナラから柔かいオニグルミに変更して、子供に優しい収納箱となっています。

e0353219_21355151.jpg

加工が少々大変なのですが取っ手は従来と同じで、大きくてつかみ易い取っ手です。mono momanの焼印が入っています。

本日の一曲

東京オリンピック頃にヒットした「Be my baby / The Ronettes」です。このころの音楽はいいです。(オヤジの呟き)


[PR]
by monomoman | 2014-10-14 06:55 | ├ 積木 | Comments(0)