カテゴリ:日々雑感( 26 )

カッコいい人達とそうでない人達

e0353219_20564523.jpg

上は人気バンドの「RADWINMPS」(ラッドウィンプス)。なかなかカッコいいですね。

下は、そのカッコいい「RADWINMPS」の「HINOMARU」という歌の歌詞「気高きこの御国の御霊/日出づる国の 御名の下に」が気に食わないと抗議行動に集まったカッコ悪い人達4人。

e0353219_21024633.jpg

歌の文句に抗議する集会なのに、何故か「朝鮮学校は無償化の対象から除外され~」などと朝鮮学校についての演説をし、お里が知れてしまうし、無届けでやっているから道路交通法違反で逮捕され、同胞から借りてきた車は没収。

カッコ悪い人は通り越して、単なるアホですね。

下は、コンサートの場外の単なるアホを気にすることなく、コンサートの場内では大いに盛り上がっています。

e0353219_20565692.jpg


e0353219_18105125.jpg

http://news.livedoor.com/article/detail/14929030/
by monomoman | 2018-06-28 21:18 | 日々雑感

雪かき

e0353219_06511695.jpg

今年の日本列島は、あっちこっちで雪が降っていますが、どうゆう訳か栗山町は穏やかで「今年はいい年だなぁ~」と油断していたら、やっぱり降ってきました。

車道の除雪車が5時頃来て、6時頃に歩道の除雪車が来ます。大変なのは車道と歩道の間にある雪の壁の除雪です。この日は1mぐらいです。硬い雪の塊ですので、無理をすると腰を痛めます。

e0353219_06512579.jpg

雪かきの途中です。

e0353219_06513671.jpg

9:00から11:30まで、2時間半かけて雪かきを終えました。

e0353219_06520094.jpg

今作っている売り切れ商品の製作作業を早く終わらせたいのですが、疲れてしまい、本日は休息日にしました。

e0353219_06514598.jpg

二階のショップへの階段は後回しです。

e0353219_06515251.jpg

まだ、工房用の薪はこれだけあります。

by monomoman | 2018-02-01 19:41 | 日々雑感 | Comments(0)

生徒を韓国へ連れていきたい先生

e0353219_18551992.jpg

知人の高校2年生になる娘さんが修学旅行でボツアナ共和国(南アフリカの上)に行ってきました。

上下の写真はお土産のチョコレートです。

e0353219_18553837.jpg

ここの私立高校の修学旅行の行先は、ガラパゴスや米国や北欧や東南アジア諸国やら、自由に選択できるそうです。勿論、危険で不潔な韓国や中国は対象外です。

ところが、いまだに公立高校でさえ、韓国に連れて行きたがる先生がいるのですね。ハニトラにやられたか?

こんな、嘘のような本当のような面白いお話があります。

韓国の実態が知られるようになった昨今、とある高校で修学旅行の行先のアンケートを取った。その結果、どうであったか?
どうしても生徒を韓国へ連れていきたい先生たちの作ったアンケート。

Q・修学旅行へ行き先はどちらがいいですか。

1 韓国
2 群馬

圧倒的な数の生徒さんが、2群馬を選んだ。
助平で阿保な先生は、いくらなんでも群馬県を選択するとは、夢にも思わなんだ。というところでしょうか。

ところで、株式会社ブランド総合研究所が発表した『都道府県の魅力度ランキング』をみてみると。
・都道府県の魅力度ランキング2017
1位: 北海道
2位: 京都府
3位: 東京都
中間は省略
41位: 鳥取県
42位: 群馬県
43位: 栃木県
44位: 埼玉県
45位: 佐賀県
46位: 徳島県
47位: 茨城県
群馬県は最下位ではなのですね。それじゃ、2016年はどうであったか?
・都道府県の魅力度ランキング2016
41位: 福井県
42位: 岐阜県
43位: 鳥取県
44位: 埼玉県
45位: 群馬県
46位: 栃木県
47位: 茨城県
やっぱり、群馬県は最下位ではなのですね。

何故、 韓国の対抗馬を茨城県にしなかったのか?

どうしても生徒を韓国へ連れていきたい助平で阿保な先生は、茨城県生まれで 栃木県で育ったのかな?と思うのであります。

by monomoman | 2017-11-22 06:37 | 日々雑感

小池劇場/正義の味方は誰

e0353219_06391939.jpg

ただ今、小池劇場は閑古鳥が鳴いているようですね。もう回復の見込みはありません。何故なら、バレてしまったからであります。

小池さんの大誤算は、枝野さんが立憲民主党を立ち上げてしまったことでしょう。このことで、お昼のワイドショーを見ている方達のお頭の中が混乱してしまって、誰が悪党なの?正義の味方は誰?

日本人は正々堂々と真面目に頑張る人に感銘を受け、辛くてもじっと耐えて、ひたむきに努力する人が大好きであります。
そして、日本人は判官贔屓(ほうがんびいき。意味:不遇な身の上の人や弱い者に同情して肩を持ったり、応援すること)な民族です。

お昼のワイドショーを見ている方達は、枝野さんが「正々堂々と真面目に頑張る人。ひたむきに努力する人」に見えちゃったのです。その反動で、立ち向かう相手の小池さんに嫌悪感を感じてしまった。と言うことでしょうね。思想だとか政策は二の次なのです。

だから、正義の味方を演じていた小池さんが悪党になり、枝野さんが正義の味方のようになってしまった。そして、悪党にするつもりだった安倍首相は、この騒動に巻き込まれることなく、淡々と今までの実績と将来のビジョンを語っています。

そこで、小池さんに嫌悪感を感じてしまった方達が少しは冷静になって小池百合子の演説を聞いてみると、カタカナ言葉で意味不明ことを言うし、具体的政策無しのスローガンと安倍批判。これでは、民進党と同じではないかと、誰しも思うわけです。

人気急降下の決定打は、都政を満足にこなしていない事と国民を馬鹿にしたユリノミクスと思いますね。

ちょっと中断してアベノミクスとユリノミクスの違いとは。

アベノミクスは海外のエコノミストが言い始めた名称で、「三本の矢」を、経済成長を目的とした政策運営の柱に掲げている。
(三本の矢:大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略)

ユリノミクスは自分自身が勝手に言い始めた名称で、以下の「12のゼロ」を、選挙を目的とした公約の柱に掲げている。

原発ゼロ、隠ぺいゼロ、企業団体献金ゼロ、待機児童ゼロ、受動喫煙ゼロ、満員電車ゼロ、ペット殺処分ゼロ、フードロスゼロ、ブラック企業ゼロ、花粉症ゼロ、移動困難者ゼロ、電柱ゼロ。

18歳の高校生から年金生活者まで、誰だって「そんなこと、できっこないだろう!」なのです。

要は、緑のたぬきと言われていた小池さんは、本当に緑のたぬきだったことがバレてしまった。という事ではないかと思うのです。

しかも、コイケノミクスではなくて、ユリノミクスだから嫌悪感が倍増するのです。だって、安倍首相が自らシンゾウノミクスと言ったら気色悪いでしょうに。

それにても、緑のたぬきに騙されてきた方達が、こんどはもっと質の悪い赤いきつねに騙されいるとは。もう~憂鬱。

でも、小池さんは民進党を分裂させ野党の結集を阻止し、おそらく自民党の圧勝となるでしょう。もしかしたら安倍首相との「阿吽の呼吸」で保守陣営を助けた。

そうであれば、小池百合子は緑のたぬきどころか、平成の大狸です。


by monomoman | 2017-10-17 06:42 | 日々雑感

小池劇場/ゴミ袋の中を分別中

e0353219_18552036.jpg

8月、ミサイルが飛んできても「モリカケ疑惑隠しだぁ~!即刻解散せよ!」と騒いでいた野党。
それじゃと9月、安倍首相が解散したら「モリカケ疑惑隠しだぁ~!解散阻止だ!」と騒ぐ同じ面子の野党。もう本当に、政界のゴミ袋の中は野党だらけ。

昨日まで、「憲法改正反対!」を主張し、「平和安全法制は廃止しだぁ~!と訴えてきた民進党の政治屋さん達。
ところが翌日には、希望の党に入りたいからその政策を「放棄」してしまった民進党の政治屋さん達。こうなると、民進党の政治屋はカスか?。

希望の党の基本方針は「安保法容認。憲法改正賛成。外国人参政権反対」とし、民進党のリベラル派に踏み絵を迫っていた小池都知事。
しかし一夜にして、民進党のカスに配慮して、これらの基本方針を公約から外す小池都知事はクズか?。小池都知事の選挙公約とは国民向けではなくて、議員向けとはズッコケ。

それとも、民進党の極左リベラル派を排除させる策だったのか?。そうであれば、やっぱり小池都知事は「みどりのタヌキ」だ!。

可哀そうなのは、真剣に民進党を支持(騙された)していた人達。いままで支持してきた(一応)先生の浅ましい姿に、ただただ絶句し、開いた口が塞がらない姿が目に浮かぶ。

e0353219_18553375.jpg

ポテトチップスのコイケヤも即席麵を販売か?

ところで、緑のたぬきの天そばには、天かすが入っているのでしょうか?
ウィキペディアによると

天かす(てんかす、天カス、天滓とも書く)とは、天ぷらを揚げる時に生じる揚げかす(天ぷらのカス)のことである。食品廃材として廃棄される一方、揚げ物と同様の風味、油のコク、食感があるため、他の料理の添え物や材料として利用されることもある。
ここで、冗談一発。
mono momanによると

希望のかす(民進のかすとも言う)とは、希望の党を立ち上げる時にバレた揚げかす(民進党のカス)のことである。リベラルなので公認されないはずだが、都民ファーストと同様のいい加減さがあるため、選挙の添え物(お金)や数合わせとして利用された。
はっきりしていることは、小池劇場は政界のゴミ袋の中を分別中です。

出来れば自民党のゴミ袋に入っている石なども分別してくれれば、歴史の大転換劇場になる可能性もあり、大局な見地からだと安倍政権が倒れない程度に緑のたぬきが頑張るぐらいは「まぁ~良いかな」とも思えるのです。

誠に面白くて大切な選挙であります。政界の埃(ほこり)や塵(ちり)は消滅か?

by monomoman | 2017-10-08 20:45 | 日々雑感

小池劇場/ 赤いきつねと緑のたぬき

e0353219_08135977.jpg

二重国籍劇場や淫乱不倫劇場や「このハゲ~!」劇場等々、国会を飛び出して大活躍して、お茶の間のオバ様たちを楽しませてきた女性国会議員。

国会議員ではないが、小池百合子と小池劇場の面白さと言うか存在感はずば抜けているのでお暇なオジさんも楽しめます。

東洋水産株式会社のマルちゃんの「 赤いきつねと緑のたぬき」は39年間も販売を続けている人気の即席麺。

ところが小池劇場では「 赤いきつねと緑のたぬき」の戦いが始まりました。


e0353219_08141099.jpg

緑のたぬき(小池都知事)は「赤いきつね(リベラル派)は排除する」と断言されましたね。

ところで、一見カッコ良さそうなリベラルとは?

リベラル(liberal)とは「束縛される事がなく自由」という意味。悪く解釈すれば「好き勝手な無秩序状態」とも言えそう。

そうすると、日本で言うリベラル派とは?

リベラル派とは極度の左翼的な考え方であり、世界の労働者の為に国境を越えて団結し革命を起こす。
かみ砕くと、世界の労働者や移民難民達の為なら日本を解体し、階級のない理想の社会を作ろう!という考え方。もっと簡単に解釈するとリベラル派は共産党。

一方、保守派の考えとしては国家あっての政治、まずは国と国民の為に。
分かり易く言うと、自由よりも秩序を重んじ、多少は不便でも伝統や調和を守り、国益を重視する!と言ったところでしょうか。

だから、緑のたぬき(バリバリの保守)が、思想が真逆な赤いきつね(リベラル派)を仲間に入れない!のは当たり前のど真ん中であって、希望の党に公認されないとブツブツ言っている赤いきつねがアホなのである!と思うのであります。

皇室についてはリベラル派は解体したいが、保守派は維持させたい。

憲法改正についてはリベラル派は反対だが、保守派は賛成。

自衛隊についてはリベラル派は解体したいが、保守派は強化させたい。
(ベラル派は国を守りたくないが、保守派は守りたい。)

この辺にしておきましょうか。小池劇場のおかげで、かなりの数のリベラル派がいなくなる可能性がでてきたので、今回の選挙結果が楽しみであります。

即席の小池劇場が潰れない絶対条件は、小池百合子が都知事を放り出さないことです。これをやると都民が切れます。

小池劇場は面白いので、次回につづく(予定)。


by monomoman | 2017-10-01 20:14 | 日々雑感

偏向報道に気づくか?サイレント・マジョリティ

e0353219_21361248.jpg

今や誰も見向きもしなくなった韓流ドラマ。

その全盛期の頃、韓流捏造報道を繰り返したフジテレビに、抗議(怒りのデモ3万人)した国民に対し、フジテレビ側が放った、国民・視聴者を小馬鹿にした一言。

嫌なら視るな・・・・・

サイレント・マジョリティ( silent majority)と言う、「物言わぬ(静かな)多数派」の怖さを知らぬフジテレビはアホだった。

嫌だから視なくなった国民・視聴者にソッポを向かれて、若者のテレビ離れも加速して、ジェットコースターのように急降下。将来、無くなる(亡くなる)テレビ局の筆頭となる。

ここまでは、ちょっと昔のおさらいでした。

さて、9月の末に衆議院を解散するようです。今回の選挙は面白いです。普通であれば「自民党対民進党」又は「自民党対野党」なのでしょうけど、今回は「自民党対反日マスコミ」ですね。

要は、今回の選挙は日本の安全保障に関する大切な選挙なので、日本の安全を守りたくない反日マスコミはどうしても自民党に圧勝させたくない。よって、NHKを筆頭にテレビ報道の常軌を逸した安倍叩きが始まります。

勝負の分かれ道は、年配の方々と主婦層のサイレント・マジョリティが反日マスコミの偏向報道に騙されるか否かでしょうか。若者は反日マスコミの正体に気づいているから大丈夫です。ただ、選挙に行くかどうかが心配。

選挙権の年齢は下げるよりも上げる方が良いと思ってましたが、こういう状況になると年齢は下げて良かったかもしれません。

昭和の哲学者”福田恒存”はこんなことを言っていました。さすがの福田恒存もNHKの劣化やネットの登場を予測できなかったですね。
 私が選挙権の年齢を上げろと言ったのはね、実はNHKの座談会の時だったんです。その時のテーマは「選挙権と少年犯罪の年齢」といふことだつたんだけど、世界的に選挙権は二十歳から十八歳にといふ傾向があるといふ話になつたんで、選挙権を正当に行使する能力は昔より今の方が低下してゐる。大学の入試に親がついてくる世の中だから、これ[選挙年齢]は二十五歳以上に上げたはうがいい。しかし、罪を犯す能力は昔より今の方が向上してゐるから、(笑い)これ[刑法の適用年齢]は十五歳位に下げたはうがいい、(笑い)ついでに言つておくけど女性に参政権を与へたのは、まちがひだと言つたら、鶴見和子さんに「申し訳ありません」つて皮肉られましたよ。(笑い)それが最後でNHKからは、お座敷がかからなくなつちやつた。(笑い)

 でもね、これも半面の真理で、大部分の女性は亭主から月給を受取つて、使ふ一方でせう。亭主は月給をもらふために、多かれ少なかれ”手をよごして”ゐるんです。上役に頭をさげたり、心にもないお世辞を言つたりしてね。ところが女房、子供は手をよごしてゐない。万事きれいごとですませられる。女、子供は正義派、理想派で通せるわけですよ。かういふ人に選挙権を与へるのは危険だと思ふんです。

 大学は出てゐなくても商人のおかみさんなら、一週間前に仕入れた品物を「けさ入つたものだ」くらゐのうそは、お客に平然と言つてゐる。亭主ともども手をよごしてゐる。だから、同じ女性でもかういふ人には選挙権を与へてもいいし、中卒で働いて親を助けてゐる少年なら世の中の裏表を知つてゐるから、これにも与へていい。

 でも、親のすねを嚙つて大学へ行つてゐる連中には与へない方がいい。もちろん、なかには立派にその能力を備へてゐるものもゐるけれど、一々国会試験をするわけにもいかないとすれば、数で割り切るしかない。

 税金で決めるといふのも一法ですね。しかし、多額納税者ほど外交、内政に見識ありとは言へないでせう。[…]ヨイヨイも一票、買収されるやうなやつも一票、誰にしたらいいかわからず、孫にきいて字の書き方まで教はつてくるのも一票、これぢや責任をもって投票したとは言へなくなる。

(昭和五十二年 座談「憲法のすべて」より)

フジテレビは韓国の新大統領の誕生報道の時に、こんなアホ丸出しな報道をしていました。

「日本と韓国は、似た者同士だ」
「両国がWin-Winの関係を目指すことこそ、お互いにとって生産的といえる」

歌の文句じゃないけれど「馬鹿やってん(言ってん)じゃないよ」。正しくは、「偽日本人と韓国は、似た者同士だ」

林家三平じゃないけれど「冗談はよしこさん」。正しくは、「両国が国交断絶を目指すことこそ、お互いにとって生産的といえる」のではないか。

最後に、皆さんテレビに騙されないでね。

本日の一曲

「ヒロシ&キーボー /3年目の浮気」です。


by monomoman | 2017-09-22 20:47 | 日々雑感

ビンタはダメなの?七五三に学ぶ

e0353219_18044328.jpg

世界的なジャズトランペット奏者の日野皓正さん(74)が先月20日のコンサート中、中学生に往復ビンタした件。「体罰だ」やら「暴力だ」やら批判的な意見が多く取り上げられているようで。

私の青春時代の憧れのジャズトランペット奏者なので気になって真相を確かめてみると、誠にアッパレ。

大手の反日新聞社は薄っぺらな正義感をふりかざし結果だけを書いているが、デイリースポーツがより詳細に伝えていました。
デイリースポーツ記事。日野皓正、中学生へのビンタは教育…「必要な時もある」

・・・途中から・・・

 日野氏は、当該の中学生と「1年前から、深い関わりがあった」と、特別な間柄であったことを説明。当日は、ドラムソロを他の生徒と順番に行うはずが、その生徒が静止を振り切って続けたため、「『他にも待ってるだろ?』と言ってもやめないから、『バカヤロー!やめろ!』と」と手を上げたと話した。

 生徒は反省し、終演後は日野氏の楽屋まで謝罪に来たという。日野氏は「俺とあいつは、父親と息子なわけ。他の生徒には絶対に手を上げない」とした上で、「ヤツの心を立て直してやらなきゃという思いがある。だから、これからもやるよ。ビンタもね、アントニオ猪木の方が数段痛いと思うよ」と、愛情を持った教育の一環であることを強調した。

 さらに「音楽や集団行動っていうのは、和を考えないと。周囲をリスペクトしないと」と持論を展開。結果として、ビンタをしてしまったことについては「行き過ぎたところは分かる。それは謝る」としつつ、「でも、必要な時もあるんだよ。それだけのこと」と一貫して主張は変わらなかった。

 観客の前でビンタしたことで、騒動が大きくなった点には「お客さんの前だろうがどこだろうが、俺はバカヤローと言う。真剣だから。見てる人は分からないから、日野さんひどい、子供がかわいそう、と言うかもしれないけど」と受け流した。今後、生徒がまた同じことをした場合を問われると「手は上げないで、『やっぱりお前は無理だからやめよう』という。音楽は、ハーモニーで会話なんだ。会話ができないヤツは、どいてもらわないといけない」と回答した。

 また、集まった報道陣に対し「あんたたちがこういうことやって、日本の文化をダメにしてるんだよ。だから文化が低迷している」と苦言も展開。「あなたたちは俺をいじめてるけど、本当は彼(中学生)をいじめてるんだよ。俺はお前たちに何を言われようが、真剣に文化と生きてるわけだし、子供たちをどうにかして世界的にしようと思っていろんなことをしている。お前らが騒ぐほど、ヤツは忘れられずに何年も苦しむことになる。それをよく考えて」と語気を強めた。
日野皓正さんは、勇気のある昭和の良き時代の「優しいオヤジ」ではありませんか。ビンタは一般的には駄目だが今回のような場合はいいと思いますよ。この中学生は良い経験をしたね。

世界が認めるトランペッターに対し、日本国内ですら認められていない「大した芸人でない」太田光が「大した音楽家じゃないと」と言ってました。これじゃ、若者がテレビを見ないはずだ。

この騒動で、以前に書いた記事を思い出しましたので再投稿します。題は「七五三さんの意味の大切さ」。

e0353219_21355483.jpg


日本神道の「七五三」の儀式は非常に大切な意味を持っています。ですから、古来より、連綿と続いているのですね。
以下はネットで調べた一般的な、現代風の意味合いです。

(転載文)
三歳で言葉を理解するようになり、五歳で知恵づき、七歳で乳歯が生え代わるなど、発育してゆく上で病気にもなりやすく、様々な危険を伴う時期なので、健やかな成長を氏神様にお祈りをする。現代的に言えば、子供を思うご両親の愛情表現の行事という意味合いが強くなっています。

基本的な部分で、ちょっと違います。神社は祈願する場所ではありません。

次に明治神宮のホームページより、七五三の由来について。

(転載文)
三歳、五歳、七歳と成長の節目に近くの神社に参拝して、無事成長したことを感謝し、これからの将来の幸福と長寿をお祈りするのが七五三の行事。もともとは、宮中や公家の行事でしたが一般的にも広く行われるようになりました。現在よりも医学が発達していなかった昔は生命もはかなく、七歳までの子供は神の子とされ、七歳になって初めて社会の一員として認められたそうです。

神社参拝の基本は感謝です。太字の部分が大切なポイントです。そこの処を、もう少し詳しく。

誰から生まれても、子供は七歳になるまでは神の子であります。そして、その子を産んだ親は、神様の子の養育者でしかありません。

なので、子供が三歳になった時と五歳になった時に、近くの神社(神様)に育児の途中報告に詣でます。

しっかりと育児をして、りっぱに七歳になった時に、産んだ親は「子供の引き取り」の許可を得るために神社(神様)に詣でます。

以上が諸説ある中で、個人的にしっくりする七五三の意味合いです。

昭和の前期(私が神様の子供の頃)ぐらいまでは、このような意味合いを日本人の意識(価値観)に残っていたように思います。

当時は子供が目に余る悪さをすると、近所の大人は平気で、他人の子供を叱りつけていました(場合によっては拳骨も)。
今、そんな事になると事件です。「叱りつけられた子供の親」と「叱りつけた大人」が最悪、警察沙汰になる可能性もあります。
でも、当時は、「叱りつけられた子供の親」は「叱りつけた大人」に対して、お礼を言ったものです。
「わが子がご迷惑をかけ申し訳ありません。わが子を躾けていただいてありがとうございました」と。


要は、神様の子供なのだから、近所の大人達が皆で未熟な子供を躾けて、早く一人前の社会人に育てる。と言う考えです。

もし、現代の日本の社会に、このような考えがほんの少しでも残っていたら、馬鹿な親による子供の虐待死がかなり防げると思います。

なんたって、子供は親の所有物・・・と言う価値観ではないのですから、未然に馬鹿な親から、子供を保護する(社会が放置しない)風潮も生まれてくるような気がします。

このような風習(日本神道)を全否定したのが、戦後の日教組による個人主義教育です。道徳教育も反対する「子供の天敵、日教組」の罪は重いです。

本日の一曲

「Jo Stafford / September in the Rain 」です。


by monomoman | 2017-09-06 06:35 | 日々雑感

呑気すぎて、もうだめだ

e0353219_19012780.jpg

北朝鮮がICBMを発射しても、安倍政権批判に忙しい朝日の社説。

豪雨で大変な時にも、出会い系元事務次官の参考人招致に忙しい民進党。

北朝鮮が暴走しても、安倍の暴走(レッテル貼り)に忙しい共産党。

昨日(10日)には、中国海警局の船4隻が尖閣諸島沖合の日本領海に相次いで侵入。
それでも、西の大阪はモリ、東の東京はカケ、この二人の嘘つき報道に忙しい反日マスコミとアホのNHK。

暑さも手伝って、頭がくらくらしてきた。

勘違いしないでね。頭がくらくらする原因は、朝日でもなく、民進党でもなく、共産党でもなく、反日マスコミやアホのNHKでもないのです。

最近の世論調査の結果から推測すると、まさか「こんな人達や組織に簡単に騙される呑気な国民」がまだいっぱいいるらしく、そう思うと頭がくらくら😵するのです。


by monomoman | 2017-07-11 20:21 | 日々雑感

森友騒動と加計騒動

e0353219_19151665.jpg

日本にとって、糞の役にも立たぬ「もりかけ騒動」。その「もりかけ騒動」について、良い記事を見つけたのでご紹介します。

青山社中筆頭代表 朝比奈一郎氏の記事より(2017年06月23日 09:50)。

森友問題、加計問題の根底にある真因とは? ~日本人の理性と英知を信じたい~

実に不思議だが、森友学園に引き続き、加計学園が大いに世間を賑わせている。

どちらも、「安倍総理の責任を問う」という流れを作らんとする野党やメディアの意図(スパイ等を通じての海外勢力の意図も?)を感じざるを得ないわけだが、何故、この問題がこんなに大きく国会やメディアで取り上げられ、総理の責任を問う流れが出来たのか。

仮に、総理が、森友や加計から多額の謝礼を受け取って便宜を図っている(可能性が高い)のなら、それは「違法」な話、「政治とカネ」の話であり、国民感情として許せない。
ただ、薄々国民も、ましてや事実を検証しているメディアや野党は、ほぼ確信しているように、これは、贈収賄的な事件ではない。そうした結論につながる証拠は現状皆無だ。

籠池前理事長や前川前文部科学次官の証言などから、総理への「忖度」の可能性が垣間見えるだけだ。その有無が問題となり、再調査中の文科省の「文書」にしても、証拠的には「忖度」の域を出ない。仮に文書が実在したとして、またその中身が全て事実だったとしても、官僚出身の筆者の実感として、厳しい交渉の際、細かく上の意向を確認せずに「大臣を含め、省を挙げての総意だ」的発言をすることはよくある。右発言中の大臣を社長に、省を会社に置き換えれば明らかだが、社会人経験があれば、かなりの確率で皆「忖度」を経験しているのではなかろうか。

いつミサイルが来るか分からない国際情勢をはじめ、安保・経済等々、各分野で難問や課題が山積する中、この程度の「忖度」問題がこれほどまでに国民的に騒がれているのか。実に不思議である。

日本における安定政権を面白く思わない外国(のスパイ)や、存在意義を見せられずに鬱屈している野党、或いは、とにかく視聴率や購読数が大切なメディアが騒ぎ立てようとするのは確かに分かる。ただ、そうした意図も、「火が付きそう」な国民感情があってこそ意味を持つ。本当に国民的に怒るような話なのだろうか。

ここで更に不思議なのは、加計学園の問題だ。普通に国民感情を考えれば、権限を楯に、数十年も新たな獣医学部の設置を認めないで来た文部科学省、その象徴たる前川前次官こそが非難の対象になりそうなものだ。獣医数の規制すら不明だが、いわんや獣医学部の数を厳しく規制する必要がそもそもあるのか、一般国民にはさっぱり分からない。まだ、食品衛生系の専門学校やら牛丼屋の数を厳しく規制して質を保つ方が、理屈としてはよほど国民生活の安全につながる。

しかも前川氏は、事務方での議論では、新学部が不要である証拠や論拠を有効に示せず「負けた」中、更なる上司(大臣・総理など)に直訴するわけでもなく、決着してしばらくした今のタイミングで、メディアに不満を吐露して英雄気取りだ。官僚以前に、社会人・組織人として失格だ。

おまけに、前川氏は出会い系バーに頻繁に出入りして金銭の授受をしての女性との会合を繰り返している。これが一般の教師であれば、調査だろうが何だろうが恐らく即アウトであり、教師を束ねる立場にいる人は本来、よほど気を使うべきである。

再び言おう。何故、このような状況で、文科省や前川氏ではなく、総理を非難する方向で国民感情に火が付くのか。全くもって不思議である。確かに、露骨に「火を消そう」として、失敗した感はある。ただ、それだけで説明がつくだろうか。

私の仮説は残念ながら国民のレベルが落ちてきているというものだ。低俗な国民であればあるほど「パンとサーカス」を露骨に求めるのは歴史の教えるところであり、民主主義は容易に衆愚政治に堕する。安倍政権が長期化する中、初期には、金融緩和のバズーカだ、TPPだ、オリンピック決定だ、と「サーカス」に事欠かなかったが、最近は「見世物」が不足気味だ。

私は日本人は世界的に見て、理性と英知に満ちた「創る」国民だと思っていた。私利私欲から物事を「壊す」のではなく、長期的公益のため、大切なものを見極められる国民だと信じてきた。特にメディアや国会議員など、直接にこの国を創る立場にある方々は特に自覚が大切だ。

後世から見ての現在が、些細なことで物事を「壊そう」とする「衆愚に陥った社会」となるのか、真に大事な問題を中心に議論する「健全な民主主義社会」となるのか、決めるのは今の私たち自身である。

http://blog.livedoor.jp/aoyamashachu/archives/18447747.html

籠池氏はお笑い芸人の域に達しているので、もうどうでもいい。一方、嘘つきで助平で卑怯で恥知らずな出会い系事務次官の前川には本当に腹が立つ。

その前川助平を頻繁にテレビに登場させるアホのNHKにはもっと腹が立つ。

日本列島にミサイルがぶち込まれて、やっと大切なものを見極められる国民が目を覚ますのだろう。自業自得か。仕方がないね。

by monomoman | 2017-06-26 07:07 | 日々雑感