人気ブログランキング |

カテゴリ:├ 子供の頃( 1 )

懐かしの木造校舎

e0353219_05102813.jpg

栗山にも「コカ・コーラ・ボトラーズ」が買い取った木造校舎がありますが、北海道に限れば、美唄(写真)と増毛にある木造校舎がノスタルジックな香りのする、私の好きな木造校舎です。
尚、増毛にある木造校舎の写真はこちらから。

さかのぼる事50年前の子供の頃の私は、行く高校は既に「深川西高」と決めていました。その訳とは・・・。

小学校4年生だったと記憶しています。

その頃はピンポンに夢中になっていたのですが、やる場所がなかなか有りませんでした。
ある日のこと、深川西高の体育館に忍び込みました。すると、そこには有難い事に卓球台が置いてあり、ちゃんとヘラも球もありました。これ幸いとばかりに早速、友人とピンポンを始めたのです。

しばし、熱中してやっていると先生がやって来て、「ちょっと来い」と言うのです。無断で校内に入ったから、こっぴどく怒られると思って、ちょっとドキドキしてついて行くと何とそこに(職員室)出前のラーメン🍜があるではありませんか。

先生いわく、「伸びない内に、早く食べなさい」。

当時は外食なんて、ほとんどしません。ラーメンだって、大ごちそうです。
一杯のラーメンを友人と食いつきました。(何でか、箸が二膳ありました。わざわざ先生が用意して下さったのでしょう)おいしかったですね。

この先生とは、これ以降お会いしていませんが、その顔は今でも覚えています。
「食い物の恨みは恐ろしい」と言うけれど、私は「食い物の恩は決して忘れません」
これが、一つ目の訳です。

二つ目の訳は、
当時の深川西高は大木が校舎全体を囲むように覆っていて、クワガタ虫の採集場でもありました。子供心にも、自分はこの風景を気に入っていました。

ところが、数年前に、この「思い出」の校舎を訪れて唖然としました。
校舎はコンクリートになってしまい、凛としてそびえ立っていたあの高木の林は、ほとんど残っていませんでした。

あの木造校舎は、今では手に入らないような良質の木材を使い、腕のいい職人さん達が手掛けた、一級の木造建築物と聞いています。(当時、話題になっていたようです)

壊さなければいけなかったのか?保存できなかったのか?
あの高木を取っ払ってしまう理由があったのか?
実に残念に思います。

木工家だから「木造校舎を壊すな」と言っているのではありません。コンクリートだろうが、煉瓦だろうが、良いものを簡単に壊すなよ。そして、私の大切な「思い出」を奪うなよ、と声を大にして言いたいのです。

本日の一曲

気が高ぶってきたので、当時の思いでの歌でも聴くことにします。♪♪♪
しかし、中学卒業後は深川西高ではなく、旭川高専を選択しました。旭川高専の想いで話はたくさんあるので徐々に綴っていきます。


by monomoman | 2015-07-18 05:26 | ├ 子供の頃 | Comments(0)