mono moman monomoman.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

木の工房 mono moman


by モノモマン
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:教育/思想( 7 )



e0353219_06580170.jpg

日本人にとって大切な報道をしない日本嫌いの朝日や、取るに足りない韓国ニュースを、腹で手を合わせた醜いポーズをして長々と垂れ流す韓流のNHKが話題になっている今日この頃のマスコミ。

早く来い来い、朝日の廃刊とNHKの解体。本当に待ち遠しい。

私は木工家ですが、木工ブログよりも政治ブログをよく見ています。従いまして、自然と政治ニュースも目にするのですが、3年半も前のこの感動的な大切なニュースは最近になって松山昭彦さん(保守の会会長)のブログで知りました。

おそらく、「大国の首相が99歳の日本人に、膝を折って、手を握り締め、感謝を表した」、このいいお話をほとんどの方が知らないでしょうから 転載します。
▮日本人が”正しい認識”を知らないのは教育とマスコミの責任でもある。▮

この写真を見て、「あっ、これは」とわかる日本人は少ない。

なぜ日本人が知らないのか?

日本のマスコミがほとんど報じなかったからである。

平成26年9月1日、来日したインドのモディ首相は安倍総理と首脳会談で日印の安全保障や経済関係の強化と友好を発展させる宣言をした。

その翌日の9月2日、モディ首相は、チャンドラ・ボースと親しかった三角佐一郎さん(99歳)と会った。

車椅子の三角佐一郎さんの前でモディ首相は、膝を折って、手を握り締め、感謝を表した。その時の写真が上の画像である。

かつて三角さんは参謀本部に勤務し、インパール作戦に関わったインド独立の功労者、つまりインドでは”英雄”である。

インドにとって「インパール作戦」は英国からの独立戦争である。インパール作戦を日本軍がチャンドラ・ボースのインド国民軍と戦ってくれたお蔭でインドの独立があるとインドの人達は誰でも知っている。

この感動的な場面をインドのマスコミは大々的に報道して大ニュースとなっていた。

また、平成27年、インド政府は三角さんに国家勲章を授与した。これも日本のマスコミは報道しなかった。

日本ではインパール作戦は「牟田口中将が無謀な戦いをした」とされて、そのまま信じている人が多い。

しかしインパール作戦は決して英国の一方的な戦いではなく、よく調べれば日本軍は敵を圧倒して戦っていたことがわかる。

日本軍が如何に勇敢に戦っていたか、如何に軍紀粛正であったか、そして如何に強かったか。現地の住民はよく見ていた。

大激戦地のロトパチン村の村長はこのように語っていた。
「日本の兵隊さんは飢えの中でも実に勇敢に戦った。そして、この村のあちこちで壮烈なな戦死を遂げていった。この勇ましい行動すべては、みんなインド独立のための戦いだったのです。私達はいつまでもこの壮絶な記憶を若い世代に残していこうと思っています」

激戦地コヒマでも日本兵は地元に住民に称賛されており、日本軍が去った後に群生した紫の花を「日本兵の花」と名付けた。

日英軍が激しく戦ったマパオの村では「日本兵士を讃える歌」が今も歌い継がれている。

こういうことは日本人はほとんど知らない。

こういう事実は日本が侵略戦争をしたことになっているマスコミにとっては都合が悪いのだ。

大東亜戦争をいまだに“太平洋戦争”としか報じることが出来ない占領時のままのマスコミの愚かさは、今やネットで全て見透かされている。

義務教育では、大東亜戦争においては日本だけが悪いことになっているので、インド最高裁弁護士のP・N・レキ氏の言葉を理解できない方が多いでしょうね。でも、ネットで真実が知られてきています。

「太陽の光がこの地上を照らすかぎり、月の光がこの大地を潤すかぎり、夜空に星が輝くかぎり、インド国民は日本国民への恩は決して忘れない」

特定アジア3ヶ国以外のアジア諸国が親日国であるのは、大東亜戦争で戦ったご先祖様のお陰でもあることを忘れないでね。

参考に、以下は当時のインドからのニュース。
《モディが日本で99歳のネタジの支援者と会った時》
2014.09.02 IndiaToday

ミーティングは貴重で強烈なものだった - 東京でインド首相はネタジ・スバス・チャンドラ・ボースの99歳の同僚を出迎えようとひざまずいた。

火曜日にリリースされた写真に、三角佐一郎をじっと見つめ、温かく手を握りしめたナレンドラ・モディが写っていた。

「感動的な瞬間!インド首相がネタジの古い日本の仲間、99歳の三角佐一郎に手を差し伸べている」と外務省スポークスマンSyed Akabaruddinがツイートした。

この日早くに、日本の首都での会合で、モディは三角について、今でも鮮明にネタジに関するあらゆることを詳細に覚えている日本人男性がいると語った。

今回の会談はモディにとって、ネタジのかつての仲間との二度目の会談となった。
5月8日、114歳の元インド国民軍INA将校、Nizamuddin大佐は、下院選挙運動中にバラナシの集会でモディとステージを共有した。 モディは退役軍人の足に触れていた。

ネタジ・スバス・チャンドラ・ボースは、第二次世界大戦中に日本による援助を得て英国と戦ったインド国民軍(INA)の創設者だ。

彼はフォルモサ(現台湾)の飛行機事故で死んだと信じられている。 台湾は墜落時、日本の占領下にあった。
遺灰は東京に運ばれ、市内にある蓮光寺に納められている。
もう一つ参考に、三角さんは元軍人ではなく、日印協会に勤務していてボースと親しかったそうです。

[PR]
by monomoman | 2018-01-18 20:55 | 教育/思想

e0353219_19171222.jpg

油断大敵!当てにならない2つの組織(と言うより不要な組織)。子供はそっちのけで保身に走る教育委員会と子供よりも主義主張が大切な日教組。

●2017年4月の全滋賀教職員組合の憤慨ニュースより。
 朝鮮半島情勢の緊迫化を受けて、滋賀県教育委員会が弾道ミサイル飛来時の対応について県立学校と各市町教委に通知を出したことに対し、全滋賀教職員組合などは27日、戦争の危機をあおり、子どもに不安を与えたなどとして三日月大造知事らに抗議文を提出した。
 同組合などによると、県教委は「屋内避難の呼びかけがあった場合は幼児・児童・生徒の皆さんに周知をお願いします」などとする通知を25日までに出した。このため多くの学校が保護者向けの文書を作り、児童や生徒に配布した。
 抗議文では、児童生徒に唐突にミサイル飛来の可能性を伝えればパニックが起こると批判。実際に、小学生が「戦争が起こる」と泣きだした例があったとした。その上で、「政府・内閣官房はこの機を利用し国民を煽(あお)っている」とし、文書の回収や保護者への謝罪を求めた。
 県教委は「子どもの安全確保を最優先に、迅速に対応するためだ」(総務課)として、文書回収や謝罪の考えはないとしている。
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20170427000172
子供よりも朝鮮を護りたい全滋賀教職員組合。

2015年に成立した安全保障関連法案(安保法案)を”戦争法”と呼び、"教え子を再び戦場に送るな"と誓い、”徴兵制になる”とデマを放っていた全滋賀教職員組合。

子供達に不安を与えていたのは、お前さん達だろうに。

 
●2017年2月の横浜市教育委員会の憤慨ニュースより。
福島第一原発事故で福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒がいじめを受け不登校になった問題で、横浜市教育委員会の岡田優子教育長は13日、男子生徒が同級生らにおごらされたとする金銭授受を「いじめと認定できない」としてきた見解を撤回し、「金銭授受もいじめの一部として認識する」と述べて謝罪した。
http://www.asahi.com/articles/ASK2F4TNSK2FULOB00G.html
賠償金があるだろうと言われ、2014年5月の約1カ月間で約150万円もおごらされても、いじめではではないと言い張っていた横浜市教育委員会。

●2017年4月の仙台市教育委員会の憤慨ニュースより。
市教委によると、男子生徒は校内で行った昨年6月のいじめ調査のアンケートで、自由記述欄に「悪口を言われた」などと記入していた。担任が確認すると、「人間以下」や、臭いを連想させる動物名などの言葉を浴びせられたと訴え、同級生4人が関与を認めたという。11月のアンケートの際も、同級生からズボンを下げられ、周囲から冷やかされたなどと担任に訴え、同級生が認めたという。
 その後、学校はこうした状況が「一定期間、見られない」との報告を市教委にしていたが、男子生徒は今年4月26日に自殺した。
 市教委は4月29日の記者会見でいじめの存在を否定したが、今月1日になって大越裕光・市教育長が「過去にいじめがあったことは事実」と認めた。
http://news.livedoor.com/article/detail/13015285/
バレたから「過去にいじめがあったことは事実」と認めた仙台市教育委員会。

いじめ番付では、「西の大津、東の仙台」と言われているようですよ。

同期の仲間で教育委員長をやっている真面な奴がいるので、日本全国の教育委員会が全て駄目とは思わないが、日教組は子供の天敵と思う。

本日の一曲

「時代 / 中島みゆき」です。


[PR]
by monomoman | 2017-05-05 20:27 | 教育/思想

親の背を見て子は育つ


e0353219_21355125.jpg

本日も前回と同じく古い記事から、本当かどうか?わかりませんがネットで拾った、良いお話を三つ。

一つ目は、【嫌韓】ついに中学生まで韓国をボロクソに叩き始めたぞwww 国民総嫌韓の日は近いな!!!
うちの息子が、部活の先輩達が真剣な顔で話していたので聞き耳立ててみたら、最初はW杯のネイマールのケガについて話していたそうで 。

「ケガと言えば韓国戦での韓国人はいつも酷いよね 。韓国人は基地外だらけだから、もう日韓戦なんか絶対しないほうがいいよね 。
集団的自衛権やオスプレイで騒いだりしてるのは本当は韓国人と中国人らしいね 。あいつら頭おかしいわ 。
韓国人の事件が異常に多いし、韓国人はもう日本に来んなって思うよ 。
韓流とかKPOPとか今時気持ち悪いよね、好きなヤツなんか見たことないし居たら笑うわ。
テレビも韓国韓国韓国韓国マジでキモい、韓国ドラマとか超キモい 、韓国マジで大っ嫌い。
オレもマジで無理。良かったー何だみんな韓国嫌いだったんだ。」
って話してたよ、と報告してきた。

集団的自衛権とオスプレイのこともみんな知ってて、普通に韓国の批判をしていて 、我が家だけかと思っていたのにと驚いたそうな。
親が2ちゃん見てるのかはわからないけど、中学生にも確実に嫌韓が浸透しているようです。
「親の背を見て子は育つ」とは、よく言ったものです。

私だって、電電公社(現NTT)に勤めていた父の影響で、深く考えもせずに社会党(今の社民党)を20代後半まで支持していました。今までの人生における一番の汚点です。
本当に子供にとって、親の影響とは凄いものです。

今や世界中で子供から大人まで、嫌韓の輪で繋がっていますが、日本ではそれを通り越して無感(韓)心状態だと思いますね。

e0353219_21355161.jpg

二つ目は、【何で攻撃】子供の真っ直ぐさ、純粋さは時々、清々しいものがあるな!!!
今日、歳の離れた小4の弟が先生に怒られたとしょんぼりして帰宅。理由聞いてみたら 、本物の在日を講師に、在日の苦労や差別についてのお話があったんだと。

最後の質問時間で、一人が「帰りたいなら帰ればいいよ!お家帰らなきゃ!」と発言し、弟も「3万円で韓国行けるってお母さんが言ってたよ!」。
もちろん在日、キレる。差別だの反省してないだの言ったらしい 。その後、クラス中から小学生お得意の「なんで?」攻撃。
在日先生は怒って、飲み物(お茶)ぶちまけて帰ったって。

その後先生から怒られて、今宿題の反省文書いてる。カーチャンは怒って学校に電話。私は弟に悪いと思いつつ、笑ってしまった。小学生スゲー。
さっき反省文覗いたら、「おじさんが3まんえん持ってないなんて知りませんでした。ごめんなさい」だったからww 腹筋が保ちそうにないです。
この子の学校は最低ですが、カーチャンがりっぱですので、この子は大丈夫でしょう。

三つ目は、テレビ報道番組からの子供の「なんで?」攻撃から。
竹島問題の現状を小学生にさとされる、小野寺元防衛大臣。
「今は韓国に占領されていますよね」

e0353219_21355267.jpg

鋭い質問をされて答弁に困り、苦笑いするしかない小野寺元防衛大臣。
「なぜ力ずくで制圧しようとしないんですか」

e0353219_21355259.jpg

日本は外国に占領されても、日本の領土よりも「平和と憲法九条」が大切な「ヘイワ団体と九条教徒」が力ずくの制圧に反対なんです。だから、米国が一週間で作った、今の日本国憲法はダメなのです。とは言えませんものね。かわいそうな小野寺元防衛大臣。

この三つの小話で言えることとは?

無理に子供と会話をしなくとも、茶の間でお父さんとお母さんが普通に会話をしているだけで、子供は親から学ぶ。
よって、夫婦仲の良い普通の家庭で育つ子供は、正しい情報が自然に脳にインプットされ、嘘つき朝日や反日NHKに騙されない。
しいては、子供の天敵である「悪党日教組」から子供を護れそうです。

しかし、お気の毒な子供は、夫婦がアホのサヨちゃん同志で、しかも先生が悪党日教組の場合・・・何とか、ならんべか。

以下は参考に。

「なんで?」「どうして?」子供の疑問に上手く向き合おう!
http://www.karacure.com/pub/8df214e80eea650b9fb32432b9f5f88f

親の背中を見て育つ!子どもに「あえて教えない」大切なこと7つ
http://wooris.jp/archives/80782

本日の一曲

「Sergio Mendes & Brasil '66 / Mais Que Nada 」です。


[PR]
by monomoman | 2016-11-23 07:30 | 教育/思想

いいぞ!保守系中学生


e0353219_21360077.jpg

少々古いのですが、日刊サイゾー(2015年1月14日)記事より。

地理テストで「支那」「南朝鮮」と回答、「君が代」唱和を要求……教員を悩ます“ネトウヨ中学生”が増加中!?

・・・途中から転載・・・
「中学校2年生のクラスで行った社会科地理のテストで、『中国』と答えるべき設問にやはり『支那』と回答していた生徒がいたのは昨年末のこと。

採点済みの答案用紙を返すと、彼は『中国とは中華民国のこと』と教室で持論を展開し始めた。といっても、確信犯のようで、採点を訂正するようには求めてこず、『公立校は日教組支配だから仕方ないですよね』と、皮肉を言うだけだった。
彼は以前にも、『韓国』と答えるべきところを『南朝鮮』と回答し、同じような行動をとっていたので、私も驚きませんでした」

 保守というべきか、ネトウヨ的というべきか、こうした主張を繰り広げる生徒は、彼だけではないという。

「彼にはほかのクラスに、同じような思想を持つ仲の良い友人が2人ほどいるのですが、連名で『保守研究会』なる放課後クラブの設立を申請してきたことがあった。それは却下されたんですが、その後も、『毎朝の朝礼時に、なぜ『君が代』を歌わないのですか?』などといった質問をたびたび投げかけてきて、困惑している教員もいる」
・・・続きは記事をお読みください・・・
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20150114/Cyzo_201501_post_18048.html

e0353219_21360089.jpg

この中学生の主張は正しいので、子供達に自虐思想を洗脳させたいアホサヨ先生は、反論もできず、殴る事もかなわず、困惑するしかないのでしょうね。惨めなアホサヨ先生でした。

最近の子供達までもが、情報源は捏造新聞や反日テレビではなくて、ネットからのようです。それと、真実を知ってしまった愛国お母さんの影響が大きいと推測します。

ですから、嘘をまき散らす捏造朝日や肝心な報道をしない反日NHKや正しい歴史教育をしない日教組職員に騙されない中学生が増えてきつつあるようで、将来が楽しみです。
中学校の文化祭の弁論大会で、近々にこんなのが出てくるかも?

e0353219_18544342.jpg

弁論大会のテーマ:「カラオケ好きな日教組幹部は労働貴族なのか???」

e0353219_18543600.jpg


弁論大会のテーマ:「日教組委員長のW不倫、辞任だけで許されるのか???」

本当にワクワクします。頑張れ、日本が好きな保守系中学生。

皆さん、驚きは“ネトウヨ中学生”だけではありません。なんと、“ネトウヨ日教組職員”が出没してきました。

大分県内の小学校の日教組男性教諭が、「特攻隊」を題材にした平和授業を行ったそうで。日本のために戦ってくれた「特攻隊」に感謝の気持ちをもった子供もいたようです。

http://www.sankei.com/life/news/150207/lif1502070038-n1.html

アホサヨがネトウヨに成りすます日教組は、何を企んでいるのやら???

本日の一曲

「カトリーナ・ヴァランテ(Caterina Valente)/ Amapola」です。


[PR]
by monomoman | 2016-11-18 20:52 | 教育/思想

e0353219_21360029.jpg

今年の教育研究全国集会(教研集会)の新聞記事を読んでみると、子供の天敵である日本教職員組合(日教組)は、小学校段階から反原発意識を刷り込むような授業、オスプレイの配備反対に向け危険性を強調する偏向的な授業、自虐史観を強調した授業を相変わらず実践中です。

一年前の事ですが、一宮市の市立中学の男性校長(56)が、学校のホームページ上のブログ記事を市教育委員会と教職員組合からの抗議により、自ら記事を削除しました。

しかし、その件で産経が噛みつき、産経ニュースで、そのブログ全文を記事にしました。これは、大ブーメランでした。
子供達に日本人としての自信と誇りを持ってほしくない日教組は、そのブログ記事を子供達に絶対に読んでほしくなかったのですが、思惑が大外れて主要新聞の記事になってしまったのです。

勿論、この校長先生に賛同する方々が拡散しているので、学校のホームページの100倍ぐらい多くの方々に読まれたことでしょう。

人間の心理としては、削除要請する記事ほど読みたくなるものです。

≪愛知・一宮市立中学校長のブログ全文≫

 2月11日は建国記念日です。そこで、今日は日本のルーツ、日本の起源について、お話をしたいと思います。日本の建国は、今から2675年前の紀元前660年2月11日、初代、神武天皇が即位した日が始まりです。世界一広いお墓、大仙古墳で有名な、16代仁徳天皇が、ある日高台に登って遠くをご覧になられました。すると人々の家からは、食事の準備のために煮炊きする煙が少しも上がっていないことに気付いたのです。

 仁徳天皇は「民のかまどより煙がたちのぼらないのは、貧しくて炊くものがないのではないか。都がこうだから、地方はなおひどいことであろう」と仰せられ、三年間、税を免除されました。

 税を免除したために朝廷の収入はなくなり、宮殿は大いに荒れました。天皇は衣を新調されず、茅葦屋根が破れ、雨漏りがして、星の光が屋根の隙間から見えるという有様でした。
三年がたって、仁徳天皇が同じ高台に出られて、遠くをご覧になると今度は、人々の家々から煮炊きする煙が盛んに立つのをご覧になり、その時、仁徳天皇がこのように言われたということです。

 「高き屋に のぼりて見れば煙立つ 民のかまどは賑わいにけり」

 そして、一緒におられた皇后に「私は豊かになった。喜ばしいことだ」とおっしゃったということです。

 皇后はそれを聞いて「陛下は変なことをおっしゃいますね。衣服には穴があき、屋根が破れているのに、どうして豊かになったといえるのですか」

 すると「国とは民が根本である。その民が豊かでいるのだから、私も豊かということだ」と言われ、天皇は引き続き、さらに三年間、税をとることをお許しにならず、六年が経過して、やっと税を課して、宮殿の修理をお許しになりました。すると人々は命令もされていないのに、進んで宮殿の修理をはじめ、またたくまに立派な宮殿ができあがったといいます。

 この話は神話であり、作り話であるという説もあります。しかし、こうした神話こそが、その国の国柄を示しているとも言えるのです。
こうした天皇と国民の関係性は、何も仁徳天皇に限ったことではありません。敗戦直後の1945年9月27日、124代昭和天皇はマッカーサーと会見をしました。そして、その会見で昭和天皇はこのようにマッカーサーに話したのです。

 「今回の戦争の責任はすべて自分にあるのであるから、東郷や重光らを罰せず、私を罰してほしい。ただし、このままでは罪のない国民に多数の餓死者が出る恐れがあるから、是非食糧援助をお願いしたい。ここに皇室財産の有価証券類をまとめて持参したので、その費用の一部に充ててほしい」と述べたのでした。

 それまで、天皇陛下が、多くの国王のように、命乞いに来たのだろうと考えていたマッカーサー元帥は、この言葉を聞いて、やおら立ち上がり、陛下の前に進み、抱きつかんばかりにして陛下の手を握り、「私は初めて神のごとき帝王を見た」と述べて、陛下のお帰りの際は、マッカーサー自らが出口まで見送りの礼を取ったのです。

 このように、初代、神武天皇以来2675年に渡り、我が国は日本型の民主主義が穏やかに定着した世界で類を見ない国家です。

 日本は先の太平洋戦争で、建国以来初めて負けました。しかし、だからといってアメリカから初めて民主主義を与えられたわけではありません。また、革命で日本人同士が殺しあって民主主義をつくったわけでもありません。
古代の昔から、日本という国は、天皇陛下と民が心を一つにして暮らしてきた穏やかな民主主義精神に富んだ国家であったのです。

 私たちは日本や日本人のことを決して卑下する必要はありません。皆さんは、世界一長い歴史とすばらしい伝統を持つこの国に誇りを持ち、世界や世界の人々に貢献できるよう、一生懸命勉強に励んで欲しいと思います。
(原文のまま)

http://www.sankei.com/life/news/150222/lif1502220014-n1.html

今回の事で、教職員組合と一宮市の教育委員会は、子供達のためにならない集団であることが全国に知れ渡りました。そして、多くの方々が建国記念日の意味を知ったことでしょうから、一石二鳥で、日本のためになりました。

お父さん、お母さん。子供達に建国記念日の意味を教えてあげましょう。

以下は参考に。産経記事「建国記念の日 政府自ら祝典を開催せよ」。
http://www.sankei.com/column/news/160211/clm1602110001-n1.html

本日の一曲

「愛の賛歌 / ジャクリーヌ・フランソワ」です。


[PR]
by monomoman | 2016-02-11 07:22 | 教育/思想 | Comments(0)

e0353219_21361326.jpg

「いただきます」は、給食費を払っているのにおかしいと、クレームを付けて来た親がいた。という話を、つい最近になって知りました。

きっと、この親は自分が稼いだお金で食事をする時は「いただきます」と言わなくていい。但し、人様に食事に招かれて食事をする場合には、ただ(無料)だから手を合わせて「いただきます」と言いなさい。
と子供に躾けしているのでしょうか???

あぁ~なんという勘違い。いや、無知。いや、常識はずれの親・・・

「いただきます」。この言葉は、「動物や植物の命を頂いて、私の命に代えさせて頂きます」という意味なのです。

自分(人間)が生きていくために、犠牲になった動物や植物(=自然)に感謝をするのは当たり前のど真ん中です。

世の中には、勘違いしている親、物事をあまり考えない親、感謝の気持ちに乏しい親がいるようです。哀しいかな、これが現実ですの、小学校の低学年では英語は放っておいて、最初に躾の授業から始める事が必要です。

感謝の気持ちに乏しい人間、命の尊さに乏しい人間に育てると、いづれ自業自得で老後になってから自分に降りかかってきますよ。くわばら、くわばら。

ついでに、大きな勘違いをされている、神社参拝について一言。

神道には教義や教典、教祖が無いので、教えが一切無い信仰だと誤解している人が大勢おられるようです。

ウィキベキア(Wikipedia)より。
神道(しんとう)は、日本の宗教。山や川などの自然や自然現象、また神話に残る祖霊たる神、怨念を残して死んだ者などを敬い、それらに八百万の神を見いだす多神教。
自然と神とは一体的に認識され、神と人間とを取り結ぶ具体的作法が祭祀であり、その祭祀を行う場所が神社であり、聖域とされた。

要は、神社参拝は祈願するのではなくて、人間が生きていく上で大切な自然や大地に、感謝の気持ちを捧げるということです。

ですから、毎日(365日)神社に祈願にいかれるよりも、お正月に一日だけでも神社に感謝の気持ちを捧げる方がはるかに良いのです。

子どもに教えよう!「いただきます」と「ごちそうさま」の本当の意味
http://papimami.jp/534

本日の一曲

「Jimmy Smith / I got my Mojo workin'」です。


[PR]
by monomoman | 2015-07-27 06:57 | 教育/思想 | Comments(0)

レイテ島の災害から学ぶ


e0353219_21351408.jpg

上の写真は、フィリピンの台風災害での、国際社会の支援に対して、フィリピンが感謝の気持ちを伝えるために、支援国の国旗を組み合わせて作った広報ポスターの中央部分です。支援する手の中指の先端に、日本国旗があり、嬉しくなってしまいました。大変な事になっているのに、ありがたくもなんだか複雑な心境です。

レイテ島の災害ニュースを聞いて、すぐに連想したのが、大東亜戦争時の「レイテ島の戦い(レイテ沖海戦を含む)」でした。あの有名な「謎の栗田艦隊の反転」もこの海戦での行動です。
日本海軍は米国海軍に対してミッドウェイ海戦、マリアナ沖海戦などで立て続けに敗戦しており、残っている4隻の航空母艦と主要戦艦を投入して、レイテ沖で連合国軍艦隊を迎え撃つ作戦にでる事になります。
しかし、結果は航空母艦4隻、戦艦3隻、重巡洋艦6隻を失い、事実上の壊滅状態となり、レイテ沖海戦が日本海軍の最後の戦いになってしまいました。(1944年10月25日)

地上戦(レイテ島の戦い)において、日本軍は8万4千名を投入し、7万9千名が戦死するという、壮絶な戦いがなされました。(同年11月から12月)

その激戦から69年の歳月を経て、米国からは「空母ジョージ・ワシントン」が、そして日本からは「護衛艦(ヘリ空母)いせ」が、レイテ島へ災害支援に向かうのだから・・・比国、豪州、米国、日本、各国の戦地で散った英霊たちが呼び寄せたかのようであり感慨無量です。

下のイラストはヘリコプター搭載護衛艦いせ(艦番号DDH—182)です。

e0353219_21351401.jpg

ヘリコプター(最大)11機を搭載でき、医務室には一般病院と同程度の設備が揃えられている、頼もしい護衛艦です。

東日本大震災時には、搭載ヘリによる捜索救難活動や救援物資の輸送活動、さらには広大な格納庫を利用した入浴支援活動に従事し、救援基地として期待された能力を遺憾なく発揮しました。

実は護衛艦「いせ」は航空戦艦「伊勢」に次いで二代目となります。
航空戦艦「伊勢」は戦艦として、1917年に就役しました。その後、船体の改造を繰り返し、ミッドウェイ作戦に参加しています。ところが、この海戦で日本軍は、大切な空母を失います。
そこで、「伊勢」は艦の後部だけを空母にした航空戦艦に大改造が施されました。(下のプラモデル)

e0353219_21351449.jpg

この航空戦艦「伊勢」は昭和20年7月28日まで、大活躍することになるのですが、そのお話は[ねずさんの ひとりごと/航空戦艦伊勢と日向の物語]をお読みになって下さいませ。大変面白く、詳しく書かれています。

この「伊勢(いせ)」は初代も2代目も、昔も今も、大活躍する艦船なのですね。艦名が日本の鎮守である伊勢神宮に由来しているからでしょうか?

自衛隊員の方々の奮闘をお祈りします。💪

尚、募金を考えている方への助言を一言。

「日本ユニセフ協会(アグネスチャンが協会大使)」へ募金しますと無駄金が発生しますよ。なにせ、19%も中抜きしていますから。例え、組織運営や広報宣伝啓発に使っているとしても、募金する側から見れば無駄金です。
「日本ユニセフ協会」は「ユニセフ=国際機関」と全く無関係の財団法人です。ユニセフと言う名称に惑わされませんように。

募金するなら「日本赤十字社」や「ユニセフ親善大使を勤める黒柳徹子氏のトットちゃん募金=中抜き無しに全額をユニセフへ送金」などの善意で活動されている団体に募金するのが良いと思います。

最後にもう一つ。忘れてはいけない大切な事があります。

レイテ沖海戦で、日本は初めて神風特別攻撃隊による攻撃を行った事。そして、フィリピンには神風特攻隊員への尊敬と感謝の気持ちを込めて、フィリピン政府が建立(1974年/昭和49年)した「カミカゼ記念碑」がある事です。
恥ずかしいことに、この除幕式に日本からの参加者が一人もいませんでした。

私は「祖国を護るために散華した若き先人達」のことを思うと、今の我々に対して「すっかり腑抜けになってしまって、しっかりしろ👊」てな声が天から降ってきそうで、情けなく申し訳ない気持ちとなり、目がうるんできます。

多くの日本人が正しい歴史を知り、戦後与えられた自虐史観から目覚めたら、ごく自然に神風特別攻撃隊員も含め、戦没者に対して、感謝の気持ちを持つことができると思います。そして同時に、こんな状況になってしまった、元凶の戦後教育の改革にも弾みがつくような気がします。

そんな訳で、本日は音楽ではなく「世界が語る神風特別攻撃隊ーカミカゼはなぜ世界で尊敬されるのか」をご覧になって下さいませ。
大東亜戦争が侵略戦争ではなく、自衛のための戦争、アジアの植民地解放戦争だった、真実を知る、きっかけになって頂ければと思います。


[PR]
by monomoman | 2013-11-22 06:50 | 教育/思想 | Comments(0)