カテゴリ:特定アジア( 10 )

怒らない日本人は何時怒る

e0353219_18074188.jpg

数年前に、中国人民が楽しんでいた小話です。
ある日、アジアのどこかで国際会議が行われている最中、日本代表がトイレに立った。そのとたん、参加していた他の国の代表が日本について話し出した。
中国「私はどうしても日本を怒らせてみたいのだ。そこで、潜水艦をたくさん日本の領海に侵入させたんだ。また尖閣諸島の海底資源も盗んでみた。でも日本ったら怒らないんだ。」
韓国「そうなんだ。竹島を占領してみたんだが、日本ったら怒らないんだ。」
ロシア「その通りだ。日本は怒ってくれないんだ。北方四島を返さなかったんだけどだめだった。」
北朝鮮「だったら、日本に核ミサイルを撃ってやる!これなら日本は怒ってくれるはずだ!」
アメリカ「いやだめだ。それはかなり昔に我々がやってみた。日本は怒らなかった。」
全員「どうしたら怒ってくれるんだろう・・・・。」
中国韓国「凶悪犯罪者を日本に大勢送り込んでみたが、我々のビサを大幅に緩和してくれてしまった。」
全員「日本は不感症なんじゃないか?」

日本は本当に我慢強い国だ。1937年から中国の不当な南京大虐殺批判を受け続けてきている。いつ爆発するかな?
http://undertakerrach.gouketu.com/others.html
中国も北朝鮮も、憲法九条の制約でいくら挑発しても自衛隊が反撃できないと、たかをくくっています。ずいぶんと舐められたものです。

「怒らない日本人」が最初に堪忍袋の緒が切れるのは、中国や北朝鮮や韓国に対してではなくて、報道機関に対してでしょうね。モリカケ騒動と今回の選挙前と選挙後の報道をみて確信しました。

きっと近い将来、特定アジアが日本人に対しとんでもないことをする。でもNHKを筆頭に日本の報道機関は「アベが悪い~!」と一斉に報道。

ここで、さすがの平和ボケ市民は「あれ~ちょっと違うんじゃない?」となり、大多数のサイレント・マジョリティ(声なき大衆、物言わぬ多数派)も声を上げ、保守層は堪忍袋の緒が切れる。

マスコミの実態を知った「怒らない日本人」が大爆発してマスコミ掃除が始まる。そして、憲法改正。

憲法改正で反撃出来るようになった日本、そして怒った日本人を見た特定アジアの慌てぶりを早く見てみたい。

本日の一曲

「Doris Day /Perhaps Perhaps Perhaps」です。


[PR]
by monomoman | 2017-11-01 06:00 | 特定アジア

韓国が知られたくない恥史

e0353219_21361223.jpg

野口裕之さん(産経)の皮肉たっぷりの隣国関連記事は、絶対に他の新聞社では書きませんね。しかも、本当の事だから面白いです。

少々古い記事ですが、イスラム国の蛮行で暴かれる「韓国が知られたくない恥史」(2015.5.2 06:00発信)より。
・・・途中から(1945年終戦後の朝鮮半島)・・・

上陸後も、日本人官吏は相当期間軍政を支援、治安も軌道に乗るまで日本側が協力した。日本側の統治能力や軍紀を大いに評価していた背景も在った。反面、米国は当初、朝鮮人を軍政より徹底的に遠ざけた。朝鮮人の軍政登用は牛歩で進められた。なぜか−

統治能力欠落や、度を超した自己主張、激高しやすい民族性に加え、偏狭な民族主義者や共産主義者が入り乱れ、一致団結して建国に邁進するまとまりに欠けている…など。こと朝鮮人に関し米国の学習能力は高かった。

・・・途中省略・・・

しかも朝鮮人は戦前~戦中~戦後と、日本に向けまともなゲリラ抗戦も民族蜂起も起こしていない。

韓国が「日帝を打ち負かして独立を勝ち取った」と強弁しようと、独立は日本敗戦3年後。米国は聯合国による長期の半島信託統治を描いたが、北朝鮮に統一国家を建設する動きを見せたソ聯に対抗、韓国の独立実施を大きく前倒しした。日本ではなく、日本に勝った米国に棚ぼた式で譲ってもらったのだ。

哀れ韓国は「歴史の不完全燃焼」に身悶えるだけでコンプレックスを癒やせない。制御不能な嫉妬の炎は“歴史の新作”を次々ひねり出すエネルギー源と化す。半面、取り憑かれたような情念で日本を「口撃」している間は、不都合な史実は目立たない。韓国の為政者の反日カードは国家戦略であり続ける。

・・・途中省略・・・

おびただしい数の韓国人が難を逃れ、日本に密入国し、大半が居座った(在日)。
そうか。(南北)朝鮮とイスラム国の最大の共通項は凶暴で残忍。であるが故に大量の死者・棄民を輩出しても心痛まぬ思考回路。まだある。日本を歴史捏造でいたぶり、つきまとって離さぬ韓国。日本人を拉致・誘拐する北朝鮮とイスラム国。わが国を「解放」でじらす外道ぶりはソックリだ。

(政治部専門委員 野口裕之/SANKEI EXPRESS)(2月2日掲載)
全文はこちらです。
http://www.sankei.com/world/news/150502/wor1505020006-n1.html

野口さん。今後も楽しみにしていますよ。他の新聞社もこうであればいいのだけれど、中共の子分になっている反日新聞社には無理かな。

e0353219_07271609.jpg

もう一つ、数日前に話題になった「韓国が知られたくない恥史」があります。

アメリカのトランプ大統領が、中国の習近平国家主席との会談(4月7日)で「韓国は中国の一部だったことがある」との説明を受けたと発言した後の中央日報の記事より。
中央日報によると、韓国外交部の当局者は「報道内容が事実かどうかはさておき、過去の数千年間、韓中関係の歴史において韓国が中国の一部ではなかったという点は国際社会が認める明白な歴史的事実」と述べたという。
The Huffington Post  2017年04月20日
それじゃ、世界の教科書ではどうなっているか・・・

カナダの教科書は・・・
「韓国は数百年間中国の属国だった」
「日本は韓国の地で大きな発展を成し遂げた。鉄道と道路、港を建設し、産業を発展させて、教育機会を拡大させようと努力した」
「日本が韓国の教育機会を拡大させようという努力をした」

e0353219_07273114.jpg

なんと、カナダの教科書には朝鮮半島がすっぽりない。

オーストラリアの教科書は・・・
「朝鮮は近代に至るまで、その国内での抵抗にかかわらず、中国と日本の属国だった」
「35年間の日帝強制占領期に韓国は経済発展を成し遂げた」

フィリピンの教科書は・・・
「朝鮮は、その歴史の大部分で中国の属国であり、その支配は19世紀に日本に引き継がれた。日本は自由な新しい秩序を樹立することによって、朝鮮に平和と安全をもたらそうとした」

インドネシアの教科書は・・・
「韓半島は古代から中国の植民地であった」
「日本の侵略が韓国の近代化を促進した」

タイの教科書は・・・
「韓国が17世紀に中国の支配に入っていて、これは中国が弱くなった19世紀末まで続いた」

アメリカの教科書は・・・
「韓国は中国の属国だった」
「1600年代初め、中国が韓国を再び支配した。300年間、韓国は中国の統治下にあった」
「日本が韓国の南の端に貿易基地や軍事的植民地を維持した」

e0353219_07272467.jpg

アメリカでも2001年版世界地図に朝鮮半島がない。

インドの教科書は・・・
「朝鮮は永らく中国の属国だった」

チェコの教科書は・・・
「独裁及び傀儡国家」
「政治的、軍事的に帝国主義に依存している」

イギリスの教科書は・・・
「西暦366-562年に、日本が韓半島南部を占領した」

ポーランドの教科書は・・・
「紀元1世紀以来、日本と中国は朝鮮半島の領有権を巡って衝突した」

シンガポールの教科書は・・・
「かつてロシアの植民地で、日本の植民地でもあった国家」

ウルグアイの教科書は・・・
「中国語を使用している国家」

アルゼンチンの教科書は・・・
「韓国は中国語使用地域」

クウェートの教科書は・・・
「韓国の宗教は儒教」
「公用語は中国語と日本語」

ドイツの教科書は・・・
「日本が大陸に最初の足がかりを築いたのは4世紀のことだった。その後300年、日本は朝鮮半島を支配する地位にあったが、唐との戦争に敗れ、17世紀になるまで待たなくてはならなかった」

日本・山川出版社 『詳説世界史』では・・・
「清は18世紀なかごろに(略)朝鮮・ベトナム・タイ・ミャンマーを属国とする大勢力となった」

日本・東京書籍 『日本史A』では・・・
「いっぽう清国も、朝鮮を属国あつかいにした」

さらに・・・

世界の1億人を対象にした教科書を出版しているピアソン・エデュケーションは、韓国を中国の属国に定義付ける世界史の試験問題を出題している。

1478年から現在まで、アメリカをはじめ、日本、カナダ、中国など世界約50か国で教科書を出版しているオックスフォード大学の出版社が制作している中学校課程教科書は、古代中国の領土を表記した「古代の世界」の1ページで、朝鮮半島全体を中国領土に含ませている。

アメリカの世界史教科書では万里の長城が鴨緑江近隣までのびている地図が掲載され、「1640年代に韓国は中国・清王朝の属国になった」と記述されている。

バロンズ社が発行しているアメリカの大学進学適性試験の教材は、新羅を朝鮮半島で初の国家と表記している。

アメリカの大部分の教科書は韓国が「中国と日本の属国」と記述されている。

アメリカの教科書は、古代の中国地図に朝鮮半島を中国の領土と表記している。

アメリカのマクドゥーガル・リトル出版社が発行している教科書に収録された1850~1910年に分割占領された中国領土地図には、朝鮮半島が中国領土であるかのように領域圏を明示したうえで、朝鮮半島と台湾を日本が植民地化したものと図示している。

2005年メキシコのエスフィング(Esfinge)が発行した高校生用教科書には日本のアジア侵略は戦争ではなく地域の平和と秩序のためという善意の表現だったし、日本の韓半島侵略は経済的利益を得るためではなくロシアから韓国を保護しようとするためだったという内容が掲載されている。

メキシコの教科書は、韓国を1910年以前の中国領と表記し、韓国人ではない他民族の写真を掲載している。

アメリカ14州で教科書に採択しているホルト・ラインハルト&ウィンストン出版社の「世界史、人間と国家」は、高句麗や渤海、高麗、朝鮮等も中国の一部であるかのように記述し、「中国の韓国統治は韓国文化にどのような影響を及ぼしたか」という答を誘導している。

アメリカの教科書は韓国関連の内容を少なく扱い、韓国を中国・日本の周辺国と描写しており、韓国が中国と日本の支配を順に受けたかのように記述しており、「1600年代から中国が朝鮮を300年間支配した」と記述している。

要は、全世界の学生の韓国に対する認識を形成させる外国の教科書には、「韓国を中国や日本の属国で貧しい農耕国家」と記述している。

外国の教科書と同じように、50年前の南朝鮮では、真実が記述されていた・・・

「(日清戦争で)日本の勝利となり、下関条約が結ばれ
朝鮮の独立が認められた」(『中等世界史』 韓国・英志文化社 1959年)

「朝鮮は清の半属国だった」(『高等世界史』 韓国・教友社 1962年)

でも、現在の南朝鮮では、嘘が記述されている・・・

「サミュエル・P・ハンティントンは彼の著書『文明の衝突』で、わが国を中国の文明に抱含させている。外国人の目には、わが国の文化が中国とあまり差異なく見えるようだ」
(『高等学校世界史』 韓国・教学社 2003年)

ちなみに、南朝鮮の国定中学校歴史教科書「国史」(2002年度版)の、冒頭部分にはこんなことが書いてある・・・

「歴史は今日の生を照らす鏡であり、明日を見通せる窓ともいう。したがって、歴史の叙述は過去が暗いからと隠したり、ないものをあると誇張してはならない。歴史の叙述は偏ることなく厳格でなければならない。」

詳しくは以下のサイトで。

もう、とてもとてもお付き合いできません。難民であっても子供の将来のために、絶対に日本に上陸させてはいけません。

本日の一曲

「Lena Horne / From This Moment On」です。


[PR]
by monomoman | 2017-05-01 06:32 | 特定アジア

中共の兵法書(好色男子の利用編)

e0353219_21361338.jpg

『六韜(りくとう)』は、中国の代表的な兵法書で、武経七書の一つ。全編が太公望呂尚が周の文王・武王に兵学を指南する設定で構成されています。

その中の「第十五 文伐篇」はかなり有名で、他国にも知れ渡っています。さて、その内容とは。

周の文王が尋ねました。
『武力を用いず知恵によって相手の国を倒す方法とは、どのようなものか?』・・・ 呂尚は十二の方法があると答えました。 

前回は十二の方法の中から「五番目と九番目」を紹介しました。今回は六つです。

●一番目
相手を油断させることです。 一時的に喜ぶような贈り物をし こちらの侵略の意思を隠します

●三番目
相手国の君主の臣下に賄賂を贈り こちら側のために働くように仕向けなさい。その臣下は 身体は相手国にあっても心はこちら側にあるようになり、相手国に害悪をもたらします。

●四番目
相手国の君主や臣下に美女や金銭をを贈り、堕落させるように仕向けなさい。やがて相手はこちらに逆らわないようになり、悪だくみも上手く行きます。

●七番目
相手国の忠臣へ大いに賄賂を贈り 内通させて、故意に仕事を怠慢にし、遅れさせるように仕向けよ。

●八番目
一人でも多くの相手国の臣下に賄賂を贈り、儲かるようにします。 実際に儲かれば その臣下たちはわが国を信頼し、わが国のために働くようになる。これを『親交を重ねる』 と言います。

●十二番目
相手国の不忠な臣下と共謀し、君主が堕落するように仕向けるのです。美女を与え、良馬を贈るのです。

e0353219_21361388.jpg

要は、「札束とハニートラップ」攻撃です。

特に、ハニートラップは強力でして、ビデオに撮られてしまったら、「金○を握られている」状態ですので逆らえません。

ハニートラップは中共よりも南朝鮮が得意です。なんたって、売春が国技のようなものですから。この寝技で一本取られて(撮られて)、スケベな政治家と経済団体は韓様に頭が上がらない。てなところでしょう。

小学生のスカートの中を盗撮する先生なんかは、ちょろいもんでしょう。父兄に大反対されても、修学旅行先を南朝鮮に固着する訳も察しがつきます。可哀想なのは、嫌韓の高校生です。

在中国公使を異例の人事異動 「ハニートラップ」にかかった可能性も(2015.03.18夕刊フジ)より
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150318/frn1503181828007-n1.htm

中韓は、利用価値がなくなればまっさきに粛清する(ばらしてしまう)容赦ない国です。そうされる前に、腹をくくり改心しなさい!!!。スケベな売国奴さん。

本日の一曲

「Tom Jones / Love Me Tonight」です。


[PR]
by monomoman | 2017-02-13 06:42 | 特定アジア

中共の兵法書(無能者の利用編)

e0353219_21361055.jpg

『六韜(りくとう)』は、中国の代表的な兵法書で、武経七書の一つ。全編が太公望呂尚が周の文王・武王に兵学を指南する設定で構成されています。

その中の「第十五 文伐篇」はかなり有名で、他国にも知れ渡っています。さて、その内容とは。

周の文王が尋ねました。
『武力を用いず知恵によって相手の国を倒す方法とは、どのようなものか?』・・・ 呂尚は十二の方法があると答えました。 

2014年の末から2015年にかけて日本に対し、十二の方法の中から「五番目と九番目」を周金平主席が使っています。

●五番目
交渉の為に隣国から有能な忠臣がやって来たならば、何一つ話さず、与えず、無為な時間を過ごさせよ。

交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が無能ならば 大いに与え、歓待し、成果を与えよ。

そうすれば、隣国では無能な者が重用され、有能な忠臣が失脚する。 そしてやがては滅ぶ 。

●九番目
相手国を尊重するかのように振る舞い、友好国であるかのように錯覚させるのです。

e0353219_21361033.jpg

2014年11月、アジア太平洋経済協力会議(北京)でホスト役(招待側)の習主席が仏頂面で安倍首相と握手。

両首脳の会談はあまり友好的と言えるものではなかったようで、習主席は見るからに安倍首相の挨拶に応えるのを拒否し、写真撮影の間中「あっち向いてホイ!」。

これが、呂尚の言う、
「交渉の為に隣国から有能な忠臣がやって来たならば、何一つ話さず、与えず、無為な時間を過ごさせよ。」

e0353219_21361009.jpg

2015年月5に訪中した使者と習近平主席がにこやかに握手を交わす。無邪気に喜ぶ二階俊博自民党幹事長。

これが、呂尚の言う、
「交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が無能ならば 大いに与え、歓待し、成果を与えよ。」

e0353219_21361048.jpg

2014年は仏頂面だった習主席が2015年4月、インドネシアで開かれたアジア・アフリカ会議(バンドン会議)では笑顔を浮かべている。日米両国に対し「対立」ではなく「協調」のシグナルを送る「営業用」の笑顔かもしれないが・・・

これが、呂尚の言う、
「相手国を尊重するかのように振る舞い、友好国であるかのように錯覚させるのです。」

もしかしたら、習主席は日本の兵法(小沢一郎作)を参考にしたかもしれません。

「担ぐ神輿は軽くてパーがいい」

尚、小沢一郎がいままで担いだ軽るパー神輿は以下の通りらしい。

初代のカルパー:海部俊樹
二代目カルパー:細川護煕
三代目カルパー:羽田孜
四代目カルパー:鳩山由紀夫
五代目カルパー:嘉田由紀子

でも、mono momanに、こんなことを書かれている兵法じゃ全くもって役立たず。

本日の一曲

「Doris Day / Tea For Two」です。


[PR]
by monomoman | 2017-02-07 07:46 | 特定アジア

中学生もテレビよりネットが面白い

e0353219_21221815.jpg

最近、中学3年生とスマホの話しをしたのですが、半数以上はもっているそうで少々驚きました。

スマホを持っていると勉強する時間が減るんじゃないの?と問うてみたら予想外の返答に大いに驚きました。テレビを見る時間が減ったとの事です。

確かにネットの2chでは、以下のような秀逸な例え話があったりして、中学生も汚くて面白くないお笑いタレント総出演のテレビよりはスマホがいいようです。

e0353219_06460871.jpg
町内会長:「犬に道でウンチさせないように」
Aさん:「お金あげますから家の前でお宅の犬にウンチさせないでください。約束ですよ」
犬の飼い主B:「わかりました。約束します。お金もらいます。」
Bの飼い犬:「ブリブリ」
Aさん:「やめてください」
町内会長:「仲よくしてください」
NHK:「Aさんは大人の対応を」
朝日新聞:「AさんはBさんへの配慮が足りない」
TBS:「Bさんがかわいそうだと思わないんですか?」
毎日新聞:「騒ぐAさんみっともない」
テレビ朝日:「Aさんは感情的になっている。冷静な対応を」
東京新聞:「BさんにはBさんの苦悩がある。Aさんには優しさが足りない」
犬の飼い主B:「Aは犬と直接話し合って妥協してください」

Bさんの部下B2:「犬が強く求めるのでウンチは条例でずっと守るべき」←今ここ
補足の必要は無いと思いますが念のため、出演者一覧です。
 米国=町内会長
 日本=Aさん
 韓国=Bさん
 釜山市の議員=B2さん
 韓国の市民団体=犬
 少女像(正式名:捏造慰安婦又は追軍売春婦像)=ウンチ

この件は、韓国では連日盛り上がっているようですが、日本では日韓の通貨スワップ締結もなさそうなので一安心して、もう笑い話にしかならないのですね。

国が無くなってしまうかもしれない危機が迫っている時に、こんな追軍売春婦像を自国内に60体も作っているそうで、本当にあの半島は上から下まで、ほとんどがクレイジー(イカれてる)。
一方、日本列島では新聞社もテレビ局もアホの一歩手前。治療すれば治るかも。

e0353219_06461450.jpg

ところで、何でもかんでも安倍首相に反対のアベノセイダーズ(民進党や社民党や左翼タレントなど)は銅像のように静かにしているけど、どうしたの?。同胞のクレイジーが困ってますよ。手を差し伸べてあげないの?。

もう一つ。この捏造慰安婦物語を作った張本人である朝日は、この件に口出しする資格なし!。今年の流行語大賞を狙う訳ではないが、「また追軍売春婦像立った朝日死ね」とツイートかな。
勿論、冗談です。日本のために倒産してくれればいいだけです。

本日の一曲

「Everly Brothers  /  Bye Bye Love」です。


[PR]
by monomoman | 2017-01-15 11:55 | 特定アジア

突然立派な中国憲法を語る鉄面皮

e0353219_07023499.jpg

鉄面皮の代表格である”王毅中国外相”は、日本叩きの強硬路線の失敗続きで相当に追い詰められているようです。日本の九条教徒と同レベルの常軌を逸したヒステリック放言が炸裂中です。
カナダのCBC放送(電子版)より

王外相が激高したのはカナダのディオン外相との共同記者会見。カナダ人記者が、人権問題や南シナ海をめぐる懸念がある中、なぜ両国関係を強化するのか尋ねた。
質問はディオン外相に向けたものだったが、王外相は記者をにらみつけ、いきなり怒り出した。「中国に対する偏見に満ち、傲慢(ごうまん)だ」「中国の憲法に人権保護が書かれていることを知っているのか」などと主張した。
後日、この件についてカナダのトルドー首相は「言論の自由は私にとって極めて重要だ。われわれは厳しい質問をするのが記者の仕事だと知っている」と述べたとのこと。

要は、メンツが何より大切な中国の、しかも62歳にもなるヒステリック鉄面皮は、42歳のイケメンに軽くあしらわれてしまったのでした。

e0353219_19010729.jpg

カナダ国民は中国に憲法があることにが驚き、そこに人権保護が書かれていることに驚き、憲法に人権保護が書かれているから人権問題に懸念がないとの主張に驚き、驚きの三連発だったことでしょう。

10年間続いた胡錦濤政権下で投獄された政治犯や思想犯は66人に対し、たった3年間の習近平政権下で政治犯を600人も拘束している現実。

広島と長崎の原爆投下で死者、行方不明合わせて約21万人に対し、中国当局が実施した46回の核爆発実験により、「 新疆ウイグル地区で、放射能汚染のために75万人が死亡し、129万人が 白血病などを病んだ 」という事実。

参考に、NHKは長年、シルクロードの番組を放映し、多数の日本人観光客に核汚染が明白な地域を訪問させながら、核爆発については一切沈黙中。
英国では「死のシルクロード」を放送し、NHKとは違ってシルクロードの危険性を自国民に知らせている。NHKはチベット問題も一切沈黙中。

王毅中国外相は、この現実と事実と「中国憲法の人権保護」をどう結び付けるのか。言うことは決まり文句の「他国がとやかくいう権利はない」でしょうか。こういうのを国家レベルの「言うだけ番長」とも言います。
新語時事用語辞典より「言うだけ番長」とは

言葉ばかりで結果が伴わない人を、漫画の『夕やけ番長』をもじって表現したことば。

「言うだけ番長」は、産経新聞社による造語で、前原誠司・民主党政調会長を揶揄したものである。

前原誠司・民主党政調会長は、「言うだけ番長」の表現はペンの暴力であると主張し、産経新聞社に対して取材を認めない旨を伝えたとされる。2012年2月23日の民主党政策調査会の記者会見は、産経新聞社の記者を排除して行われた。
産経新聞社は、王毅中国外相が自慢する立派な中国憲法について、一年前にこんなコラムを書いていました。簡潔に要点をまとめたコラムです。
2015.7.15 05:04【産経抄】立派な中国憲法 

わが「日本国憲法」に負けず劣らず、「中華人民共和国憲法」にも、立派な条文が並んでいる。たとえば、第33条は、「国家は人権を尊重し、保障する」としている。

 ▼もともと中国の憲法には、「人権」の概念はなかったという。きっかけは、1989年6月4日の天安門事件だった。民主化を求める市民や学生が、解放軍に無残に殺された事実に、世界は衝撃を受けた。

 ▼西側諸国から人権弾圧を厳しく批判され、経済制裁を受けた中国政府は2年後、「中国の人権状況」と題した白書を発表する。中国が人権問題に強い関心を持っていることをアピールするのが狙いだった。かくして、人権の規定が、2004年の憲法修正の際に付け加えられることになった。

 ▼さらに、第37条には、「公民の人身の自由は、侵犯を受けない」ともある。ただ残念なことに、「法に基づく統治」を唱えてきたはずの習近平政権に、憲法を順守する姿勢はまったく見えない。公安当局は先週後半から、全国各地で人権派弁護士やその関係者を連行している。いずれも合法的に、弱者の保護に努めてきた人たちである。

 ▼その数は100人を超え、過去に前例のない規模となった。政府当局は、景気減速に伴う、社会不安の広がりに、相当神経質になっているようだ。政権批判の芽を摘み取るためには、なりふり構わず、弾圧に踏み切るつもりらしい。

 ▼さて、日本でも最近、「言論弾圧」などという、おどろおどろしい言葉が飛び交っている。とはいえ憲法学者は平然と、自衛隊が憲法違反だと断じている。マスコミを批判した自民党の衆院議員は、週刊誌に「バカ議員」とののしられる始末である。やはり、この国に生まれてよかったと、思わずにはいられない。
王毅中国外相の日本に対する唖然とさせる放言は山ほどあります。

近々では、日本の岸田外相が4月末に訪中して日中外相会談を行った際、冒頭に「中日関係が谷底に落ちた原因は、日本側が自分で分かっているだろう」「あなたが誠心誠意を持ってきたのなら、われわれは歓迎する」とヤクザまがいのイチャモンを突き付けています。

もう一つ。オバマ米大統領が広島を訪問して感動的なスピーチをした際には「南京も忘れてはならない。被害者は同情に値するが、加害者は責任逃れはできない」と、70年も前の虐殺などありもしない捏造物語を作り上げるのに必死でした。

それでいて、日本人が200人も強姦虐殺された通州事件や自国民を戦車でひき殺した天安門事件を、ないことにしようしている中国。日本もこんな国との友好なんて、無理無理無理の3連発。

最後に、王毅中国外相の序列についての記事から。
jb記事”周辺国は野蛮人、大事なのは外交より内政”(2016.6.7)

・・・途中から
現在、中国の外務大臣は王毅だが、彼は中国共産党では約200人いる中央委員の1人に過ぎない。China7(政治局常務委員)どころか、18人いる“平(ひら)の政治局委員”でもない。そのような軽量級の人物に外交を担当させている。

中国が外交を軽視している証拠である。なお、王毅より序列が上の政治局委員は北京、上海、重慶の市長や広東省の書記を務めており、日本でいえば都知事や大阪や京都の府知事、また北海道知事の方が外務大臣より序列がずっと上ということになる。
・・・以下省略。
これで、納得です。なんたって、日本でいえば舛添都知事より格下なのですから。「言うだけヤクザ」がふさわしいかも。もう、そろそろ終わりかな。

この鉄面皮の高飛車な態度は演技と思っていましたが、ただ単に自身の感情が抑えられずに「キレていた」のですね。

ついでに、もう一言。面の皮は、王毅中国外相よりもセコイ舛添都知事の方が厚いと思う。皆さん、どう思います?舛添都知事も、そろそろ終わりかな。

本日の一曲

軽快な「せっかちなかたつむり / 乃木坂46」です。


[PR]
by monomoman | 2016-06-11 06:37 | 特定アジア

馬鹿馬鹿しくも狂ってる慰安婦問題

e0353219_07080926.jpg

70年以上前の金目当ての追軍売春婦を、世界記憶遺産に登録申請をする旨のニュース記事を見たとき、このジョークは世界中の娼婦が大喜び(大笑い)する話題だと感心したものです。

ところが、これが本気だったことを知った時には「ご冗談でしょう」と口走り、開いた口が塞がらなかったですね。狂ってる!

さらに、昨年5月にはこの追軍売春婦にノーベル平和賞の候補に推薦するとのニュース記事を見たときには、もう少しで顎(あご)が外れそうになりましたよ。

確かに、戦場において兵士との一時の平和運動(?)に貢献したのでしょうけど。やっぱり、狂ってる!

とどめは、昨年12月の慰安婦問題の合意に怒った元追軍売春婦が、説明訪問に訪れた韓国外務省の次官に向かって、「この交渉をやり直しなさい」と怒鳴り飛ばしたそうです。

元追軍売春婦だったバー様は、世界記憶遺産に登録され、ノーベル平和賞の受賞で大金を手に入れ、官僚や政治家を怒鳴り飛ばす「南朝鮮の女王陛下」に成りきっているところが、猛烈に凄い。

もっと凄いのは、このバー様に批判の無い世論。もしかしたら、元追軍売春婦だったバー様は神に祭り上げられたのか。

もう半島の南半分は、銀河系を飛び越えて、宇宙をも突き抜けてしまうほどに、狂ってる!

私は大いに不満なところがありますが、今回の慰安婦問題の合意で、馬鹿馬鹿しくも狂った慰安婦問題に終止符を打った安倍首相に感謝しております。

効果は、これからハッキリ現れてくるでしょう・・・楽しみに静観視です。

e0353219_07082206.jpg

慰安婦の捏造創作物語を時系列にまとめてみるとこんな感じです。

●昭和40年:日韓基本条約締結
全ての諸問題をテーブルにのせ話し合ったが、慰安婦の問題は全く無し。要は、日本軍が慰安婦を強制連行した事実はなかった

●昭和58年:吉田清治(共産党員)の登場
いわゆる従軍慰安婦問題の発端となったともいわれる「私の戦争犯罪」を出版。この6年後に韓国語版も出版。
尚、この物語は数年後に嘘と本人も認める

●平成3年:朝日新聞の捏造記事
朝日新聞の植村隆記者が「女子挺身隊を強制連行して従軍慰安婦にした」というデタラメ記事を平成3年8月から連載。この連載がきっかけとなって韓国メディアが噴火する。

加害者の植村隆は、いつの間にか被害者になりすまし年内には北星学園を放り出されて、韓国にとんずらするみたい。

尚、慰安婦に従軍をくっつけた「従軍慰安婦」という言葉は植村隆の造語であるので日本人は使わないようにしましょう。
NHKは慰安婦問題ニュースで何気なく「従軍慰安婦」という言葉を挿入する、姑息な放送局。

●平成3年:宮沢首相が韓国にペコペコ
宮沢首相が朝日新聞記事の真偽を知らぬまま、事実を確認しないまま、激昂した韓国のマスコミや世論に押され、訪韓時に慰安婦問題について8回も謝罪

●平成4年:河野洋平が韓国にペコペコ
河野洋平がこれで手打ちが出来ると、根拠資料の無いまま確認もせず強制性を認める発表。しかし、その事実を裏付ける事実は全く無かった事がわかった

●平成26年:朝日新聞が読者にペコペコ
朝日新聞が20年以上にわたり続けてきた慰安婦問題の報道を誤報と認めた。誤報だから読者には謝罪するが、迷惑を被った日本国民には謝罪していない。

さらに簡単にまとめれば、

「植村隆の捏造創作物語記事をきっかけに、朝日新聞が世界中にこの嘘を拡散し、河野洋平が勝手に強制性を認めた」

ということでして、勿論、この捏造創作物語にお手伝いした人は、この他にもうじゃうじゃいますが、日韓関係をこんなにもこじらせた人達をオリンピックの慰安婦捏造競技に出場させてみると、こんなところでしょう。

団体戦演技
金メダル:朝日新聞社
銀メダル:中国共産党(表舞台に登場しない黒幕)
銅メダル:韓国挺身隊問題対策協議会(反日団体&親北朝鮮団体)

個人戦演技
金メダル:河野洋平
銀メダル:植村隆
銅メダル:吉田清治
入賞:福島瑞穂、高木健一、戸塚 悦朗

この問題は嘘を吐き続ける特定アジアが無くなるか分裂すらか、そのぐらいの事でもない限り最終決着(英霊と日本の名誉の回復)はしないでしょう。本当に朝日新聞社と河野洋平はとんでもないことをやらかしたもんです。

本日の一曲

東京五輪の1964年のライブから「Grdon / What's New (in Holland)」です。


[PR]
by monomoman | 2016-01-04 07:36 | 特定アジア | Comments(0)

憎たらしい鉄面皮の王毅

e0353219_21360200.jpg

いよいよ「戦後70年」を巡る中共の反日宣伝活動が、本格的に始まりました。(南朝鮮は関係ないから無視です)

先に言っときますが、安倍首相は歴代首相のようにはいきませんよ。間違いなく、良くて空振り、悪けばブーメランで大恥をかくでしょう。
以前のブログ記事、中共の鉄面皮こと「タイトル:お笑い報道官」の続き記事です。

まずは、鉄面皮【てつめんぴ】とは
恥知らずで、厚かましく、ずうずうしいことこと。また、その人や、そのさま。厚顔(こうがん)。厚皮(あつかわ)。鉄のような面(つら)の皮で顔色の変化が分りにくく、何事にも顔色を変えないという意味。

中共外相の王毅は、お笑い報道官よりも二枚も三枚も上てな、習近平をも上回る鉄面皮の世界チャピオンかもしれません。お笑い報道官やふて腐れ習近平には、どこかに隙があり、笑ってしまいますが、王毅は憎たらしい鉄面皮です。

中共が主催する、国連安全保障理事会で開かれた「戦後70年と国連創設70年に合わせた公開討論(◆)」と全国人民代表大会(記者会見時●)での、王毅の主な発言です。
◆「過去の侵略の犯罪をごまかそうとする者がいる」
◆「70年前の偉大な勝利で、中国は反ファシズム連合で重要な力となった。他国と共に、勝利のために重大な歴史的貢献をした」
◆「歴史の事実は明らかだが、いまだに真実を認めたがらず、審判を覆そうとする者がいる」
●「70年前に日本は戦争に敗れた。70年後に良識を失うべきではない」
●「日本の政権を握る者は、胸に手を当てて自問すべきだ」
●今年9月に予定している戦勝記念軍事パレードについて「誰であれ、誠意を持ってくるのなら歓迎する」

日本を示唆する大嘘発言を、いつものように偉そうに恥ずかしもなく、言いたい放題。一国の外相が相手国の首相に挑発するとは、段々とエスカレートしてきました。聞いている人、全てが「大嘘と分かっている」と分かっていて大嘘発言する大胆さ。自身の発言に酔っているかのような、中共の鉄面皮です。

70年前の1945年に、中華人民共和国は存在していなかった。中華人民共和国の誕生は1949年10月ですので、存在していない中共が、どうやったら戦勝国になれるのか?摩訶不思議。
もっと言えば、今の中共(当時の毛沢東率いる共産党)は、日本軍が怖くて逃げ回っていた。終戦後、元日本軍の武器・装備で戦勝国(中華民国)を追いだして、戦勝国(のつもり)にしてもらったのが今の中共。そして、日本の巨額のODAと民間投資で、いつの間にか小金持ちに。この小金が世界中に迷惑をかけ、日本への侵略を虎視眈々としている。これが真実で、「70年前の偉大な勝利」はウルトラファンタジーです。

何故、こんな妄想発言をするのか?「日本軍が怖くて、逃げ回っていた真実」が人民に知られると、反日教育の根底がひっくり返るから、嘘を言い続けるしかないのでしょう。

ファシズムとは、「一国一党」ですから、中共がファシズムであり、日本は戦前・戦中・戦後を通して民主国家です。王毅は「安倍ファシスト政権打倒」と叫ぶ日本のアホサヨと同じようなもんです。

戦後、国際平和と友好に尽くしてきた日本に対し、虐殺と侵略をしてきたのが中共です。
文化大革命での虐殺(1966年~1976年)
3000万人~8000万人の自国民を殺した世界最悪の大虐殺。
チベット大虐殺
全くの無実のチベット人たちが300万人以上殺されたと言われている。
北京大虐殺(天安門事件)1989年
一般市民のデモ隊に対し、中国人民解放軍が武力弾圧(市民に向けての無差別発砲や装甲車で轢き殺し、多数の死傷者を出した事件である。
東トルキスタン侵略(新疆ウイグル自治区)
中国共産党が行った核実験は全て東トルキスタンのロプノールで行われ、計45回に上る。被害者は129万人に達するとの調査結果が札幌医科大学の高田純教授(核防護学)によってまとめられた。

スプラトリー諸島(Spratly Islands)で中共に苛められているカンボジア・フィピン・べトナム・タイ・インドネシアから「中共を小金持ちにした日本は反省しろ!」と文句を言われれば仕方ないかもしれないでしょう。(冗談)
しかし、中共建国のお手伝いをし、中共を日本国民の税金で小金持ちにした日本が何故、中共にあれこれ言われるの?言い返せ、5月に中共へ行く二階君。

中共の建国の父である毛沢東も「日本のお陰でこの国ができた」と日本の国会議員代表団に述べて、「謝ることはない」と慰めた。と言う有名なお話しを知らんぷりしているのが、江沢民と胡錦濤と習近平。

日本と戦争をしていない中韓だけが、70年経っても反省しろと言っている。そして、日本のマスコミ(例えば、朝日・毎日・NHK)と日教組が、そうだ!そうだ!と中韓の手助けをしている。ええかげんにせんかい!!!

こんな中共に反発もしないで、友好訪問する政治家は、間抜けな腰抜けだな。そう思いませんか?二階君に額賀君に野田君に桝添君に山口君、他いっぱい。

本日の一曲

「Lee Morgan / The Sidewinder」です。


[PR]
by monomoman | 2015-03-13 21:29 | 特定アジア | Comments(0)

お笑い報道官

e0353219_21355936.jpg

数年前からテレビをほとんど見なくなってしまいました。テレビ体操とニュースと朝ドラと大河ドラマぐらいです。今でもお正月はお笑い番組をやっているのでしょうか。日本のお笑いタレントより中共の報道官の方が面白いですよ。

2014.12.22 06:00産経ニュースから野口裕之さんの記事「拷問を隠す中国が、公表した米国を非難する鉄面皮」は切り口がユーモアにあふれ、私も常々思っていたことなので、つい最後まで読んでしまいました。

003.gif
「中国は一貫して拷問に反対している。米国は行動を正し、国際条約に真摯に従わなければならない」

 漫才日本一を決めるフジテレビ番組《THE MANZAI 2014》が14日行われ、優勝者が決まった。しかし、笑いを取る話術は中国がはるか上を行く。
冒頭の言葉は、米上院情報特別委員会が9日に公表した、CIA(中央情報局)によるテロ容疑者への過酷な尋問に関する調査報告書を受けた中国外務省報道官のコント、いやコメント。拷問を隠す中国が、公表した米国を非難する大胆不敵はボケかツッコミか。
終わりまで深刻な顔で語り切る報道官氏の演技力が余計に笑いを誘うのは、漫才の基本テクニックに通じる・・・

この先は記事をお読みください。
http://www.sankei.com/world/news/141222/wor1412220002-n1.html

e0353219_21355949.jpg

もう一人の華 春瑩(か しゅんえい)報道官も負けずに大嘘を放ちますが、演技力がちょっと下手くそで顔に出てしまいます。きっと、根はいい人なのではないかと推測しますが、どうでしょうか?甘いかな。

e0353219_21355922.jpg

こちらは中国工商銀行の姜建清会長(61)。昨年1月にスイスで開かれたダボス会議で、会場を笑わせてくれました。

003.gif
洒落たジョークを発したからではない。自らの虚言を自覚できない厚顔無恥に、会場の政治家や国際機関・大企業・NPO法人幹部、学者らが失笑をこらえられなかったのだった。曰く−

「中国は平和を愛する国。他国を侵略したことはない。どの国も脅したことはない」

中国が実力行使に出た。南シナ海のパラセル諸島近くで、石油掘削阻止のために派遣されたベトナム船に複数回衝突、負傷者が出た。中国は映像があるにもかかわらず、「ぶつかってきた」と言ってはばからない。日米は「挑発的」と批判した。

日本は、戦後67年間一度も、他国を侵略したり戦争をした事はありません。一方、平和を愛する中共はこんなこと(以下)をやってました。

1949年  中国がウイグル侵略し占領。植民同化政策。
1950年  中国が朝鮮戦争に参戦。
1951年  中国がチベットを軍事侵略・大量虐殺。
1959年  中国がインドと国境紛争。
1969年  珍宝島で中国軍がソビエト軍が衝突。日本に軍事費倍増を要求。
1979年  中国がベトナムを武力侵略。 中国が懲罰戦争と表明。
1992年  中国が領海法制定により南沙諸島と西沙諸島の領有を宣言。
1995年  中国が歴史的にフィリピンが領有してきたミスチーフ環礁を占領。
1996年  中国が台湾海峡でミサイル発射し台湾を恫喝。
1997年  中国がフィリピンが領有してきたスカーボロ環礁に領有権を主張。
1997年  中国が日本が固有の領土として主張してきた尖閣諸島の領有を主張。
2000年  中国が尖閣諸島付近で日本の領海内の海底油田調査を敢行。    
2004年  中国の「漢級」原子力潜水艦が潜航しながら、日本の領海侵犯。

e0353219_21355910.jpg

嘘つきと言えば、やっぱし彼の国が世界の頂点に立ちます。

055.gif
「法廷では偽証が日常茶飯事であり、ウソ発見器 にも反応しない。ウソに対する良心の呵責による生理的な現象が見られない韓国国民は、人格欠陥者である。韓国は、国全体がウソの練習場である。」(べ・グムジャ弁護士)

055.gif
「意見が異なる人には集団で言葉の暴力を加え、自己主張のためには相手の人格を傷つける行為もいとわない集団リンチ文化、ごり押し文化」 (「ニューデイリー」のコラムニス・チョ・グァンドン氏)

という評価をしている、自国民の弁護士とジャーナリストでした。

韓国ではあいもかわらず高校生の62・8%が「第二外国語」に日本語を選び、いざという時は「ワタシニホンジンデス」という「日本人成りすまし芸」に精を出しているんだとか。本当なの?勘弁してくれよ~ 

中共の報道官は、嘘と分かってて大嘘を放っているので笑い飛ばせますが、韓国民の脳内は、大嘘が本当になってしまうので始末に負えません。

本日の一曲

お笑いの一曲といえば、やはりこれでしょう。


[PR]
by monomoman | 2015-01-03 21:46 | 特定アジア | Comments(0)

逃げるが勝ちの単身赴任

e0353219_21353008.jpg

現在の中国は、内政問題や経済問題や権力闘争などで転覆しそうですが、環境問題がもっと深刻です。「医療用マスクでは効果がなく、防毒マスクが必要」と指摘するWHOの専門家もいるほどです。既に人が住めない状態に成りつつあります。

大気汚染物質PM2.5の濃度測定は、測定器の指針が振り切って、正確に計測できないほど高いレベルに達しています。
なんと、1時間当たりの平均濃度が多くの計測値点で1000μg/m3を超えるところもあり、24時間平均も約800μg/m3です。日本では健康限界が70μg/m3とされているので、危険度は日本の約11倍になります。
国営新華社通信によると、子供が「今日は世界の最後の日なの?」と母親に訊ねたとのこと。かわいそうに。😿

そして、中国の砂漠化や乾燥化は進行が速く、森林面積が人工衛星での実測で8.2%にまで低下してしまいました。ちなみに2005年国連統計では、木を伐採したら植林する日本は68.2%です。大地を大切にしないと大変なことになります。

中国大陸いよいよ、おいしい空気どころか、普通の空気も吸えなくなるか?

e0353219_21353030.jpg

真っ赤に染まった長江の重慶市の写真です。(右の川は長江の支流 嘉陵江)

2013年5月に温州市の蒼南県を流れる川で、14歳の少女が入水自殺を図る事件がありました。この時、果敢に川に飛び込み少女を助けたのは51歳の警察官でした。ところが・・・
その後、病院に運ばれたのは少女でなく警察官。少女よりも重体に陥り話題となりましたが、どうも川の水を飲んでしまったが原因。診察した医師がつけた病名は「汚水遊泳後遺症」だそうです。(笑い話のような本当の話)

中国での環境汚染はひどく、水質は飲料に適さないという生易しいものではなく、当局の発表によると、中国では毎年、80万~120万人の奇形児が産まれており、奇形児を産んだことのある家庭は、3000万世帯に上り、全国の家庭の1割に相当するとのこと。(新唐人2010年10月6日付けニュース)

4月11日には甘粛省蘭州市で、国の基準値を大幅に上回る発がん性物質のベンゼンが水道水から検出され、市政府は「今後24時間、水道水を飲まないよう」住民に呼び掛けた模様。市民はペットボトルの購入で大混乱。

中国大陸いよいよ、おいしい水どころか、飲める水がなくなるか?

日本にも入荷されている汚染食品がたくさんありそうです。中国産の食品には気を付けて下さい。我が家では産地を表示しない(メチャクチャ怪しい)イ○ンでの食品購入は止めました。⚠️
参考に、イ○ンは南朝鮮の農協中央会と、南朝鮮の農作物を日本国内で販売することで、今年1月に合意しているそうです。

e0353219_21353183.jpg

そんなこんなで、あっちこっちで国民の不満が爆発しているのですが、一気に大爆発しそうな、内乱寸前の革命前夜の雰囲気らしいです。

共産党崩壊を察してか、高級幹部やその子弟、実業家など富裕層を中心に、中国からの脱出が頻発しているようです。勿論、中国人ですから「身一つ」で逃亡することはありえません。汚職や賄賂などで稼いだ資金がセットです。

2012年の調査では1千万元(約1.6億円)以上の資産を持つ人民の60%が既に移民したか、移民を検討中とのこと。

中国高官が海外に不正に持ち出した賄賂などの総額が6000億ドル(約60兆円)と推定されていますが、実際には約100兆円にものぼると言われています。(アメリカの週刊誌 TIME の2013年6月17号)

政府高官の逃亡者は約18000名、未遂で空港などで足止めされた人数が、同じく約18000名。
当人は脱出しないまでも、家族に大金を持たせて海外に移住させ、1人だけ中国に残り、異変が起これば直ちに脱出できる状況にしている高官も少なくないと報じられています。(妾も一緒との噂もチラホラです)

中国では、このような高官を裸官と称するそうです。日本だと、やはり単身赴任官僚とでも言うのかな?

政府高官がこうなのですから、近々に中国は政治問題・経済問題・内政問題・環境問題・尖閣諸島侵略のいずれかで引き金となって、内乱状態になることは必須。早目に逃げ出さないと、とんでもないことになります。

内乱になってしまったら、中国に寄り添う拝金主義の経済連は無力ですので助けてくれませんよ。🆘

米国は政府主導でどんどん自国民を引き上げ中で、今は1万人ですので米軍は自国民を助けられるかもしれません。
しかし、のんびりしている日本政府は親中議員が引き上げに消極的で、いまだに15万人もいます。(親中議員は国民の命より利権が大切?)
左翼ご自慢の憲法九条のせいで自衛隊だって助けに行けません。

はっきり言っちゃうと、中国大陸からの脱出は至難の業なので「野垂死に(強姦も)」しかないのです。いよいよ、日本に無事に戻って来られるか?タイムリミットが間近です。本当に心配。せめて子供や女性だけでも早く日本に戻ってくればいいのに。

日本の報道機関(新聞もテレビも)は押しなべて親中ですので、この類の情報は「報道の自由」を使って報道しません。関係者は気を付けて。

本日の一曲

「THE PLATTERS / ONLY YOU 」です。


[PR]
by monomoman | 2014-05-27 07:05 | 特定アジア | Comments(0)