<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

神社参拝

e0353219_21350646.jpg

私は月に2~3回ぐらいのペースで神社へ参拝に行きます。

義務感だとか使命感だとか、お願い事があってなど、そういうのではなく、気持ちの良い空間でおいしい空気を吸って、感謝の思いを置いてくるだけです。

地域の氏神神社である栗山天満宮は、すぐそばですので月に二回ぐらい。

そして、一宮神社(県庁に相当する神社)である札幌の北海道神宮へは年末年始と、季節の良い時に散歩を兼ねて行きます。

北海道神宮はちょっとした林の中にあって、何時行っても掃除が行き届いて、とてもさわやかな気分にしてくれる神社です。周りにはレトロ風な雑貨店、おしゃれな飲食店があったりで、この辺はお気に入りの場所です。

一般的な参拝は鈴を鳴らして、お賽銭を入れて、二礼二拍して、お願い事をして、一礼と思うのですが、皆さんはどうですか? 

3年ほど前にある本を読んでいて、このような参拝は「よろしくない」との文面があって、なるほどと感心しましたので紹介します。一般的な参拝を誇張して書いてみます。(私も3年前までは、こんな感じでした)

1…鈴を鳴らす
お休みになっているかもしれない神様を「ジャラジャラ」でたたき起こす

2…お賽銭を投げ入れる
人様にさえお金は手渡しするのに、神様にお金を投げつけるは無礼千万

3…二礼二拍
問題ありません

4…手を合わせて「ジャンボ宝くじが当たりますように」とお願いする
ジャラ銭をあげるから「3億円当たりますように」になんて、ずうずうしにもほどがある(もしかすると、神様はそのような方々を見捨てるかも?冗談)

5…一礼
問題ありません

だいたい、このような事を書いていました。なるほど、まったくと思い現在の私の参拝は、概ね以下のように行っています。

1…鈴は鳴らさない

2…お賽銭は封筒に入れてお賽銭箱へ

3…二礼二拍

4…ここが大切です。手を合わせて、お願い事はしないで、
「この日本の大地で生活している」事に感謝をする。

5…一礼

このような参拝をしてみると、不思議と清々しい気分になるのです。

トップの写真は天照太御神を祀る伊勢神宮で、早く行きたくて旅行費用を積立中です。

by monomoman | 2013-05-29 06:42 | 伝統/文化 | Comments(0)

デスクトップオーガナイザ

e0353219_21350744.jpg

今回、紹介する[デスクトップオーガナイザー]は、これをを製作する「きっかけ」となったところからお話します。

mono momanの商品[木のレターラック]が完成して、横置きにして眺めていたら、徐々に数年前に雑誌で見た、段ボールでできた「本立て兼小物入れ」らしき物を思い出してきたのがきっかけです。確か組立式だったような気がします。

今日は「なかなか調子いいぞぅ~」とツブヤキながら頭の中で[木のレターラック]のような形の「本立て兼小物入れ」を頭の中で描いていきました。

ここで重要なのは、部材の加工方法とか組立方法とか細かな事は考えないことです。ひたすら、理想の形だけを追い求めてイメージして、ポンチ絵を描いていきます。でも、これが簡単なようで、難しいのです。つい「これ、どうやって加工するの?」なんて考え込んでしまうのです。しかし、ここでは大まかな形作りに集中して、細かな事は設計時に考えるようにます。

そして、図面を書く段階では、組立工程の違いで部材の接合方法や部材形状が変わってくるので、製作の最終工程の塗装迄も考慮に入れて図面を描いていきます。ここで、「組立は何とかなるサ~」と妥協しては×です。

この商品は写真を見てお判りと思いますが、全部を組立してからでは、きれいな塗装はできません。
それ故、サブ組立した物を個別に塗装してから総組立することにしました。このサブ組立の精度で商品の優劣が左右されそうなので、いかに品質のバラツキを抑える構成にするか?迷いました。でも、こういう事を考えるのも、この仕事の楽しいところでもあります。
2回目の試作品作りで完成となりました。

試作品の[デスクトップオーガナイザー]は私のデスクに置いて、以下のような使い方をしています。(写真参照)

*左側にLサイズ用の写真ファイル(商品管理用です)が3冊

*右側に日報兼日記と手帳
余談ですが、私が「日報兼日記」として使っている[高橋商店NO.237フェルテ]は昨年から使い始めたモノでお気に入りです。

*中央の下段に携帯電話と小さな手帳

*中央の中段にメモ用紙とホッチキスなど

*中央の上段に消しゴム、ホストイット、シャープペンシルの芯など細かい物

デスク回りの備品や手帳やハガキなどの収納に大いに役立つと思いますので、どうぞご検討下さい。

本日の一曲

ジャズの名曲「Diana Krall / Take The A Train」をお聴き下さいませ。


by monomoman | 2013-05-21 20:35 | ├ デスクトップ | Comments(0)

舟木一夫コンサート

e0353219_21350715.jpg

5月13日に「舟木一夫コンサート」に行って来ました。忙しい最中に高い入場券を買ってまで行くほどのファンではありませんが、ラッキー(スーパーマーケット)で買物をした際に「特別割引ご優待券」を頂いて、その気になりました。

何と「一般席A席6,000円」が1,000円で鑑賞できる、とんでもなく、お得な優待券だったのです。

開演は18:00だったのですが久しぶりの札幌なので早目に出かけ、北海道神宮で参拝して、市内をうろうろしてからニトリ文化ホール(旧北海道厚生年金会館)に到着しました。
そこで、ビックリ!閑古鳥が鳴いているのではと心配していたのですが、大型バスが数台駐車しているし、人がいっぱいで、館内に入る前から熱気が伝わってきました。

<まずは前奏から>

ララランランラン、ララランランラン、ララランランランランラン♪
ララランランラン、ララランランラン、ララララランランラン~~♪

1.赤い夕陽が 校舎をそめて
  ニレの木陰に はずむ声
  ああ 高校三年生 ぼくら
  離れ離れに なろうとも
  クラス仲間は いつまでも

2.泣いた日もある 怨んだことも
  思い出すだろ なつかしく
  ああ 高校三年生 ぼくら
  フォーク・ダンスの 手をとれば
  甘く匂うよ 黒髪が

3.残り少ない 日数を胸に
  夢がはばたく 遠い空
  ああ 高校三年生 ぼくら
  道はそれぞれ 別れても
  越えて歌おう この歌を

まさか、「総立ち」だとか、「キャ~」だとか、「ペンライトを振る」だとか、そんな事は絶対にないと思っていたのですが、甘かった。

徐々に盛り上がってきたころのヒット曲「銭形平次」で1階席のご婦人たちが「総立ち」して両手を上に上げて、手拍子が始まりました。2階席の私とヨメは思わず手を取り合って、笑ってしまいました。

さすが、「永遠の青春スター・舟木一夫」と「元気なご婦人たち」の一体感はすごかったです。そして、あの頃(小学校5年生ぐらい)の時代を思い出させていただきました。

理屈ぬきに楽しい、誠に良いコンサートでした。千円でこんなに楽しませていただいて「ラッキー」さんに感謝。

そういえば、私ぐらいの年代だと、日本列島、北から南まで共通した思い出の歌が沢山あります。
学校で習う「春の小川、我は海の子、荒城の月・・・など」、卒業式で歌う「蛍の光、仰げば尊し」、そして幼稚園児からお年寄りまで幅広く歌われた昭和の歌謡曲、「高校3年生」などは同窓会で歌えば全員で大合唱でしょう。

ところで、今の子供たちが50年経った時に、年代や地域を越えた共通の「思い出の歌」ってあるのだろうか ?
学校で習う歌は教科書で違うみたいだし、卒業式の歌も学校ごとでバラバラだそうです。その時は良いと思うけど、長い目で見たらどうなんだろう?と「ふっと」思いますね。参考にこれが2013年の卒業式の歌のベスト5です。

1位 「卒業写真」/荒井由実
2位 「旅立ちの日に」/作詞:小嶋登/作曲:坂本浩美
3位 「my graduation」/SPEED
4位 「道」/EXILE
5位 「贈る言葉」/海援隊

私がかろうじて知っている曲は、「贈る言葉」ですが、メロディー♪が出てきません。 やはり、卒業式の歌ぐらいは「蛍の光、仰げば尊し」と思うのですが、どうでしょうか?
子供達に「オヤジは引っ込んでろ~」と言われそうですが、こんな暴言に大人は負けてはいけません!と思います。


by monomoman | 2013-05-14 21:48 | ├音楽 | Comments(0)

木のレターラック

e0353219_21350712.jpg

最近、ホームページに追加した商品[木のレターラック]を紹介します。

私が作る木工品のほとんどは、自分自身の身の回りに「こんな物、あればいいのになぁ~」と思った時が作品作りのスタートです。まずは、私好みのシンプルな形でポンチ絵を描きます。次に「ありそうで、なさそう」な形に変えていきますが、今回の[木のレターラック]はここのところが非常に難しかったです。

意識的に曲線を多く取り入れた形の中で、どうやって、縦置き、横置きの二通りの置き方のスタイルを可能にするか。今回は結構、図面の完成まで時間がかかりました。

両サイドのオニグルミの板厚を他の部材より幾分厚くしていますので、見た目に安定感のある、落ち着いたスタイルになっていると思います。

[木のレターラック]の主な特徴は以下の通りです。

●一般になさそうな丸みを帯びた形にして、長く使っても飽きの来ないデザインにしたつもりです。

●縦置き、横置きの二通りの置き方が出来ます。実用的にお使いの場合は縦置き、洒落た使い方は横置き・・・かなと思います。

●外観の見栄えを損なわないようにする為に、仕切り板を固定する溝付き板を、内側に貼り付けしました。

●仕切り板は全て外せますので、お好きな幅(奥行)でお使いいただけます。そして、お掃除が楽にできます。

この[木のレターラック]を眺めていて、「ふっと」ひらめいて[デスクトップオーガナイザー]を作りましたので、近々にネットショップに追加します。これもまた、なかなか良い物ですのでお楽しみにして下さい。
by monomoman | 2013-05-08 12:18 | ├ レターラック | Comments(0)