人気ブログランキング |

<   2016年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

冬眠していた神様トンボが目覚めた

e0353219_07222860.jpg

つい先日のことですが、工房で仕事をしていたら神様トンボ(正式名:オオアオイトトンボ)が蛍光灯の周りを飛んでいるのでビックリしました。真冬の工房内は氷点下になる時もあります。

この神様トンボは力尽きてしまったのですが、一週間ぐらいにまた神様トンボが飛んでいるではありませんか?。さて、その訳は・・・

e0353219_07224576.jpg

これは、残り少なくなってきた屋外にある薪です。この薪と薪の間で神様トンボが冬眠していたのです。

工房内に移して、しばし乾燥させるために置いていたら、春と勘違いして冬眠から目覚めさせてしまったようです。神様トンボに申し訳ないことをしてしまいました。

e0353219_07223638.jpg

外は氷点下20度になることもあるのですから、完璧に氷漬けの状態です。それが、息を吹き返すのですから凄いです。

ここで冗談を一発。やっと謎が解けました。

ということは、意図的に人間を氷漬けにして復活させる未来がくるのでしょうか?

e0353219_07224035.jpg

ネットで調べてみたら、日本には約200種類のトンボが確認されていて卵か幼虫で冬を越すそうです。但し、神様トンボ(3種類)だけが成虫でも越冬するとのこと。

e0353219_07225200.jpg

ついでに、お隣の雑木林の風景です。蝦夷リスもやってきます。

本日の一曲

「Cyrille Aimée(エイミ)/ It dont mean a thing 」です。


by monomoman | 2016-01-23 07:39 | 日々暮らし | Comments(0)

馬鹿馬鹿しくも狂ってる慰安婦問題

e0353219_07080926.jpg

70年以上前の金目当ての追軍売春婦を、世界記憶遺産に登録申請をする旨のニュース記事を見たとき、このジョークは世界中の娼婦が大喜び(大笑い)する話題だと感心したものです。

ところが、これが本気だったことを知った時には「ご冗談でしょう」と口走り、開いた口が塞がらなかったですね。狂ってる!

さらに、昨年5月にはこの追軍売春婦にノーベル平和賞の候補に推薦するとのニュース記事を見たときには、もう少しで顎(あご)が外れそうになりましたよ。

確かに、戦場において兵士との一時の平和運動(?)に貢献したのでしょうけど。やっぱり、狂ってる!

とどめは、昨年12月の慰安婦問題の合意に怒った元追軍売春婦が、説明訪問に訪れた韓国外務省の次官に向かって、「この交渉をやり直しなさい」と怒鳴り飛ばしたそうです。

元追軍売春婦だったバー様は、世界記憶遺産に登録され、ノーベル平和賞の受賞で大金を手に入れ、官僚や政治家を怒鳴り飛ばす「南朝鮮の女王陛下」に成りきっているところが、猛烈に凄い。

もっと凄いのは、このバー様に批判の無い世論。もしかしたら、元追軍売春婦だったバー様は神に祭り上げられたのか。

もう半島の南半分は、銀河系を飛び越えて、宇宙をも突き抜けてしまうほどに、狂ってる!

私は大いに不満なところがありますが、今回の慰安婦問題の合意で、馬鹿馬鹿しくも狂った慰安婦問題に終止符を打った安倍首相に感謝しております。

効果は、これからハッキリ現れてくるでしょう・・・楽しみに静観視です。

e0353219_07082206.jpg

慰安婦の捏造創作物語を時系列にまとめてみるとこんな感じです。

●昭和40年:日韓基本条約締結
全ての諸問題をテーブルにのせ話し合ったが、慰安婦の問題は全く無し。要は、日本軍が慰安婦を強制連行した事実はなかった

●昭和58年:吉田清治(共産党員)の登場
いわゆる従軍慰安婦問題の発端となったともいわれる「私の戦争犯罪」を出版。この6年後に韓国語版も出版。
尚、この物語は数年後に嘘と本人も認める

●平成3年:朝日新聞の捏造記事
朝日新聞の植村隆記者が「女子挺身隊を強制連行して従軍慰安婦にした」というデタラメ記事を平成3年8月から連載。この連載がきっかけとなって韓国メディアが噴火する。

加害者の植村隆は、いつの間にか被害者になりすまし年内には北星学園を放り出されて、韓国にとんずらするみたい。

尚、慰安婦に従軍をくっつけた「従軍慰安婦」という言葉は植村隆の造語であるので日本人は使わないようにしましょう。
NHKは慰安婦問題ニュースで何気なく「従軍慰安婦」という言葉を挿入する、姑息な放送局。

●平成3年:宮沢首相が韓国にペコペコ
宮沢首相が朝日新聞記事の真偽を知らぬまま、事実を確認しないまま、激昂した韓国のマスコミや世論に押され、訪韓時に慰安婦問題について8回も謝罪

●平成4年:河野洋平が韓国にペコペコ
河野洋平がこれで手打ちが出来ると、根拠資料の無いまま確認もせず強制性を認める発表。しかし、その事実を裏付ける事実は全く無かった事がわかった

●平成26年:朝日新聞が読者にペコペコ
朝日新聞が20年以上にわたり続けてきた慰安婦問題の報道を誤報と認めた。誤報だから読者には謝罪するが、迷惑を被った日本国民には謝罪していない。

さらに簡単にまとめれば、

「植村隆の捏造創作物語記事をきっかけに、朝日新聞が世界中にこの嘘を拡散し、河野洋平が勝手に強制性を認めた」

ということでして、勿論、この捏造創作物語にお手伝いした人は、この他にもうじゃうじゃいますが、日韓関係をこんなにもこじらせた人達をオリンピックの慰安婦捏造競技に出場させてみると、こんなところでしょう。

団体戦演技
金メダル:朝日新聞社
銀メダル:中国共産党(表舞台に登場しない黒幕)
銅メダル:韓国挺身隊問題対策協議会(反日団体&親北朝鮮団体)

個人戦演技
金メダル:河野洋平
銀メダル:植村隆
銅メダル:吉田清治
入賞:福島瑞穂、高木健一、戸塚 悦朗

この問題は嘘を吐き続ける特定アジアが無くなるか分裂すらか、そのぐらいの事でもない限り最終決着(英霊と日本の名誉の回復)はしないでしょう。本当に朝日新聞社と河野洋平はとんでもないことをやらかしたもんです。

本日の一曲

東京五輪の1964年のライブから「Grdon / What's New (in Holland)」です。


by monomoman | 2016-01-04 07:36 | 特定アジア | Comments(0)

2016年元旦/今年のお正月は読書

e0353219_06572142.jpg

明けましておめでとうございます。

今年もmono momanを宜しくお願い申し上げます。

毎年、年末からお正月にかけて映画を一本観ていたのですが、今年は残念ながら栗山の田舎から札幌まで足を運んでまでも観たい映画はありませんでした。

最初に観よう思った”杉原千畝 スギハラチウネ”は 「戦後70年の時を経て“真実の物語”が感動超大作として・・・」とのうたい文句でしたが、「日本政府に背き、命のヴィザを発行し続け・・・」なんて、真実ではなくて捏造物語になっているようでしたので論外。
杉原千畝は当時の日本政府の指示に従ったまでのことですからね。

次に観よう思った”海難1890”は、嘘八百の韓国上げ映画”利休にたずねよ”と同じ監督と聞いて、監督が云々じゃなくて先入観が強すぎてその気になれず。

仕方なく、”スター・ウォーズ/フォースの覚醒”でも観ようと思ったのですが、どうやら前評判倒れようなのでこれもその気になれず。

ということで、正月は家に閉じこもり、読書三昧のつもりで注文していた、四冊の本がアマゾンから大晦日に届きました。

大晦日から、中国が秘密裏に遂行される「世界覇権100年戦略」の全貌を暴露した”China2049(100年のマラソン)”を読みながら、ネットで話題になっている大人の絵本みたいな”そうだ難民しよう!”を見ているところです。これ、なかなか面白いですよ。

e0353219_06575075.jpg

このような風刺画21作品に著者(はすみとしこ)の説明文がついた本です。

e0353219_06580022.jpg

日本が嫌いな人達が不買運動をしているようなので買ってみました。

e0353219_06573092.jpg

オリンパスペンはアートフィルター機能がついていて、トップの写真はドラマチックシーンで撮ったものです。

上の写真はポップアートで、下の写真はファンタジックフォーカスです。

e0353219_06573910.jpg

右から二番目の”余命3年時事日記”はネットで話題になっていたので購入してみました。
(購読後の追記:これはお薦めできません。ダメです。)

それと、左側の歴史手帳は半分が日本の歴史のことが記載されていて、歴史好きの方にお勧め手帳です。

写真に写っている右側の本立ては、未完成のもので現在製作中です。今月中にホームページに載せる予定でいます。

本日の一曲

今年、最初の一曲は、「Diana Ross /  I Love You Baby」です。


by monomoman | 2016-01-01 07:13 | ●モノモマン/お知らせ | Comments(0)