<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

冬眠していた神様トンボが目覚めた

e0353219_07222860.jpg

つい先日のことですが、工房で仕事をしていたら神様トンボ(正式名:オオアオイトトンボ)が蛍光灯の周りを飛んでいるのでビックリしました。真冬の工房内は氷点下になる時もあります。

この神様トンボは力尽きてしまったのですが、一週間ぐらいにまた神様トンボが飛んでいるではありませんか?。さて、その訳は・・・

e0353219_07224576.jpg

これは、残り少なくなってきた屋外にある薪です。この薪と薪の間で神様トンボが冬眠していたのです。

工房内に移して、しばし乾燥させるために置いていたら、春と勘違いして冬眠から目覚めさせてしまったようです。神様トンボに申し訳ないことをしてしまいました。

e0353219_07223638.jpg

外は氷点下20度になることもあるのですから、完璧に氷漬けの状態です。それが、息を吹き返すのですから凄いです。

ここで冗談を一発。やっと謎が解けました。

ということは、意図的に人間を氷漬けにして復活させる未来がくるのでしょうか?

e0353219_07224035.jpg

ネットで調べてみたら、日本には約200種類のトンボが確認されていて卵か幼虫で冬を越すそうです。但し、神様トンボ(3種類)だけが成虫でも越冬するとのこと。

e0353219_07225200.jpg

ついでに、お隣の雑木林の風景です。蝦夷リスもやってきます。

本日の一曲

「Cyrille Aimée(エイミ)/ It dont mean a thing 」です。


[PR]
by monomoman | 2016-01-23 07:39 | 日々暮らし | Comments(0)

空しく響く日本国憲法前文

e0353219_07511269.jpg

今週は、いろいろな話題がてんこ盛りです。

SMAP(スマップ)解散は勝手にすればいいのですが、日韓のSWAP(スワップ)再開は勝手に締結するな!とオヤジの主張をしたいし・・・国民感情をちょっとは考えてほしいと思いますよ。

ただでさえ食糧難なのに核実験で貴重な農地を汚染してしまった「ゲスの極み金正恩」のことも書きたいし・・・ベッキーちゃんだって、こちらのゲスの極みは許せないと思いますよ。

でも、前回のブログ記事の最後は、「何故、日本国憲法前文が空しく響くのか?その訳は次回に続くかも。」で終えましたので予定どうり、この話題から。

たまたま、本日(1月15日)は過去(昭和24から平成11年まで)の”成人の日”でしたので、憲法をちょっとばかり考える良い機会かと思います。

ここで、憲法前文を転載すると、この先を読む気がしなくなってしまうでしょうから、いきなり結論から入りますね。それほどまでに、日本国憲法の前文は内容も文章的にも醜いのです。

憲法の前文は人間であれば顔みたいなものですから、少しぐらいは化粧でもすればいいのですが、醜いのにすっぴんで登場するから眼を背(そむ)けてしまうのでしょう。

日本国憲法は戦後、GHQの民政局のエリート集団が作ったようですが、ほとんどの人達は社会民主主義思想に立っており、共産主義者もいたようです。しかも、憲法専門家は一人もいなく短期間で作成されたのです。

だからでしょうか。今風で言えば「コピー&ペースト」のやっつけ仕事なのです。

元ネタである、「アメリカ合衆国憲法+リンカーンのゲティスバーグ演説+マッカーサー・ノート+テヘラン宣言+大西洋憲章+アメリカ独立宣言」の中から、人類の普遍的な理想論をコピペしてから適当に編集して完了。

要は、我が国の歴史や伝統や文化を無視した「無国籍風」になっているのですね。

しかも、やっつけ仕事の作成文を無理くり日本語に翻訳しているせいなのか、「意味不明」のところ多くて、前文の862字の文章だけで解説本が必要になってくるのです。

このような計算式が成り立ちます。
「無国籍風」+「意味不明」=「空しく響く」日本国憲法前文

しかし、とりあえず作成しなくはならなかったので仕方ありません。その後、改正してこなかった日本が悪いだけですから。

なので、国の顔である憲法前文は、我が国の歴史や伝統や独自の国柄などを明記(化粧)して無国籍風を改め、中学生でも理解できる文章にすべきと思うところです。

参考に、自民党は平成17年に新憲法草案に次のような案を入れようとしました。

「日本国民はアジアの東、太平洋と日本海の波洗う美しい島々に、天皇を国民統合の象徴として載き、和を尊び、多様な思想や生活信条をおおらかに認めつつ、独自の伝統と文化を作り伝え多くの試練を乗り越えて発展してきた(以下略)」

私も良い案と思います。

これを、バッサリ削ってしまったのが、日本のため都民のための仕事をしないで、ひたすら南朝鮮のために仕事する、現東京都知事(当時の起草委員会事務次長)の桝添要一でした。東京都民の皆様、次回の都知事選は騙されないでね。

このままだと、東京五輪は日韓共同五輪になってしまいますよ。

日本国憲法前文

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

前文には日本国民という文字が三つ入っています。
この文字を中国人民に置き換えれば中国憲法前文になり、ロシア国民に置き換えればロシア憲法前文になります。

普段着に、室内着に、仕事着に、正装にもなったり、誠に便利な個性のないジーンズみたいな日本国憲法。もしくは、黒系ジャージーワンピースともいえるかも。

米国が作った憲法ですからジーンズみたいになったのかな(?)。世界に誇れないどころか恥ずかしいので、和服にしませんか。勿論、ダサい憲法学者にデザイナーは務まりません。

多くの本を読みたいので、憲法の本は一冊(以下)しか読んでいません。よって、この記事はその本を引用しています。

日本人のための憲法改正Q&A 櫻井よしこ+民間憲法臨調(産経新聞出版)

本日の一曲

「Ella Fitzgerald / Nice work if you can get it」です。


[PR]
by monomoman | 2016-01-15 06:11 | 伝統/文化 | Comments(0)

大人の記事と偏差値28レベルの社説

e0353219_06435895.jpg

2年前のことですが、私の友人は娘さんが中学生になったのを契機に北海道新聞(道新)から産経新聞(産経)に乗り換えました。

友人曰く。
「そろそろ新聞を読む年頃になってきたので、純粋な子供に有害な読み物は、我家から排除する」とのこと。

娘さんの評価は上々で、娘さん曰く。
「お父さんが、ぶつぶつ文句を言わないで新聞を読むようになったので、静かな朝になった」とのこと。

実家のお祖父ちゃんは今でも毎朝、ぶつぶつ言いながら新聞を読んでいるそうです。実家のお祖父ちゃんが毎朝曰く。
「まったくもう、何書いてるんだ道新は 022.gif ・・・」とのこと。

産経を薦めても、長年の習慣で止められないみたい。こういうのを「道新中毒症」ともいうのでしょうか。「朝日中毒症」も山ほどいるし、治療薬が開発されればノーベル化学賞ではなくて、ノーベル平和賞だろうか。

それとも、お年寄りはぶつぶつ言うことによって、脳内が刺激され痴呆症の予防になるから、ほっといていいのかな。ただ、若者や中年にとってはストレスが溜まるので、この中毒症は完治すべきでしょう。

そこで、本日は皮肉たっぷりなユーモア溢れる産経記事と、ぶつぶつ言いたくなる道新社説を紹介します。面白いですよ。

皮肉の利いた記事(産経)

産経ニュースの【野口裕之の軍事情勢】記事はいつも楽しみにしているのですが、新年早々から炸裂しています。

003.gif

近所に「すぐ激高し、何でも他人のせいにする、プライドだけは異様に高い」一家と、「バレるウソをついても顔色一つ変えず、自らが町内一偉いと信じて疑わず、他家の敷地にわがもの顔で家を建てる」一家の、二家族が住んでいたなら、一刻も早く引っ越したいと願うはず。しかし、国家は引っ越せない。

・・・途中省略・・・

ここで日本国憲法前文の一部をお復習(さら)いしたい。(空しく響く憲法前文)

《日本国民は、恒久の平和を念願し》ても、中国は望まない。従って《平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意》しても、「南京大虐殺」や「帝國陸軍による慰安婦の強制連行=性奴隷」などを捏造され裏切られ続ける。《専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会》に、中国や北朝鮮、ロシアなどは到底含まれぬ。中朝露《国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有する》可能性もゼロ。

・・・以下省略・・・

全文はこちらから。

青字が日本国憲法前文の一部です。

尚、私の適わぬ夢は、天変地異が起きて「日本列島がノアの方舟のようになってハワイあたりに移動」することです。

ぶつぶつ言いながら読む社説(道新)

我家では新聞をとっていないのですが、1月3日に実家に行った時に何気なく読んだ道新の社説は、冗談社説なのかお笑い社説なのか、最初から最後まで突っ込みどころ満載の社説です。

047.gif

・・・途中から・・・

安保関連法は、日本が直接攻撃されなくても他国を攻撃する集団的自衛権の行使に道を開く。当然、近隣諸国は警戒し、国際社会も日本に疑いの目を向けるだろう。

・・・途中省略・・・

南シナ海に自衛隊を派遣すれば、中国が対抗して尖閣諸島周辺に軍艦を出し、日本の安全が脅かされる事態を招きかねない。

・・・以下省略・・・

ほとんどの親戚や友人は道新を購読しているので、軽く一言。

安保関連法の成立で国際連合加盟国193ヶ国中、不快感を示したのは中国と韓国の2ヶ国だけ。この記事を書いた人によれば、近隣諸国と国際社会とは中国と韓国のことだけを指すらしい。

この論調から推測するに、この人は「チベットとウイグル人大虐殺のことに抗議したら、中国様は日本列島に水素爆弾を打ち込んでくる」との記事も書きそう。

こいうのを「事なかれ主義」だと思うのだけど、どうなんだろう?

慰安婦問題は自民党と外務省の「事なかれ主義」で泥沼化。学校のいじめによる子供の自殺を未然に防げないも、根っこには「事なかれ主義」が蔓延しているからも一因じゃないの。

それとも、この人は日本全土に「事なかれ主義」を助長させたいのだろうか?それとも、中国様を擁護したいのか?どちらにせよ、そうであれば納得の記事。

馬鹿馬鹿しい社説全文はこちらから。

参考に、空しく響く日本国憲法前文です。

(憲法前文)

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。
日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

何故、日本国憲法前文が空しく響くのか?その訳は次回に続くかも。

本日の一曲

「Unforgettable / Natalie Cole e Nat King Cole」です。


[PR]
by monomoman | 2016-01-09 07:28 | 日々雑感 | Comments(0)

馬鹿馬鹿しくも狂ってる慰安婦問題

e0353219_07080926.jpg

70年以上前の金目当ての追軍売春婦を、世界記憶遺産に登録申請をする旨のニュース記事を見たとき、このジョークは世界中の娼婦が大喜び(大笑い)する話題だと感心したものです。

ところが、これが本気だったことを知った時には「ご冗談でしょう」と口走り、開いた口が塞がらなかったですね。狂ってる!

さらに、昨年5月にはこの追軍売春婦にノーベル平和賞の候補に推薦するとのニュース記事を見たときには、もう少しで顎(あご)が外れそうになりましたよ。

確かに、戦場において兵士との一時の平和運動(?)に貢献したのでしょうけど。やっぱり、狂ってる!

とどめは、昨年12月の慰安婦問題の合意に怒った元追軍売春婦が、説明訪問に訪れた韓国外務省の次官に向かって、「この交渉をやり直しなさい」と怒鳴り飛ばしたそうです。

元追軍売春婦だったバー様は、世界記憶遺産に登録され、ノーベル平和賞の受賞で大金を手に入れ、官僚や政治家を怒鳴り飛ばす「南朝鮮の女王陛下」に成りきっているところが、猛烈に凄い。

もっと凄いのは、このバー様に批判の無い世論。もしかしたら、元追軍売春婦だったバー様は神に祭り上げられたのか。

もう半島の南半分は、銀河系を飛び越えて、宇宙をも突き抜けてしまうほどに、狂ってる!

私は大いに不満なところがありますが、今回の慰安婦問題の合意で、馬鹿馬鹿しくも狂った慰安婦問題に終止符を打った安倍首相に感謝しております。

効果は、これからハッキリ現れてくるでしょう・・・楽しみに静観視です。

e0353219_07082206.jpg

慰安婦の捏造創作物語を時系列にまとめてみるとこんな感じです。

●昭和40年:日韓基本条約締結
全ての諸問題をテーブルにのせ話し合ったが、慰安婦の問題は全く無し。要は、日本軍が慰安婦を強制連行した事実はなかった

●昭和58年:吉田清治(共産党員)の登場
いわゆる従軍慰安婦問題の発端となったともいわれる「私の戦争犯罪」を出版。この6年後に韓国語版も出版。
尚、この物語は数年後に嘘と本人も認める

●平成3年:朝日新聞の捏造記事
朝日新聞の植村隆記者が「女子挺身隊を強制連行して従軍慰安婦にした」というデタラメ記事を平成3年8月から連載。この連載がきっかけとなって韓国メディアが噴火する。

加害者の植村隆は、いつの間にか被害者になりすまし年内には北星学園を放り出されて、韓国にとんずらするみたい。

尚、慰安婦に従軍をくっつけた「従軍慰安婦」という言葉は植村隆の造語であるので日本人は使わないようにしましょう。
NHKは慰安婦問題ニュースで何気なく「従軍慰安婦」という言葉を挿入する、姑息な放送局。

●平成3年:宮沢首相が韓国にペコペコ
宮沢首相が朝日新聞記事の真偽を知らぬまま、事実を確認しないまま、激昂した韓国のマスコミや世論に押され、訪韓時に慰安婦問題について8回も謝罪

●平成4年:河野洋平が韓国にペコペコ
河野洋平がこれで手打ちが出来ると、根拠資料の無いまま確認もせず強制性を認める発表。しかし、その事実を裏付ける事実は全く無かった事がわかった

●平成26年:朝日新聞が読者にペコペコ
朝日新聞が20年以上にわたり続けてきた慰安婦問題の報道を誤報と認めた。誤報だから読者には謝罪するが、迷惑を被った日本国民には謝罪していない。

さらに簡単にまとめれば、

「植村隆の捏造創作物語記事をきっかけに、朝日新聞が世界中にこの嘘を拡散し、河野洋平が勝手に強制性を認めた」

ということでして、勿論、この捏造創作物語にお手伝いした人は、この他にもうじゃうじゃいますが、日韓関係をこんなにもこじらせた人達をオリンピックの慰安婦捏造競技に出場させてみると、こんなところでしょう。

団体戦演技
金メダル:朝日新聞社
銀メダル:中国共産党(表舞台に登場しない黒幕)
銅メダル:韓国挺身隊問題対策協議会(反日団体&親北朝鮮団体)

個人戦演技
金メダル:河野洋平
銀メダル:植村隆
銅メダル:吉田清治
入賞:福島瑞穂、高木健一、戸塚 悦朗

この問題は嘘を吐き続ける特定アジアが無くなるか分裂すらか、そのぐらいの事でもない限り最終決着(英霊と日本の名誉の回復)はしないでしょう。本当に朝日新聞社と河野洋平はとんでもないことをやらかしたもんです。

本日の一曲

東京五輪の1964年のライブから「Grdon / What's New (in Holland)」です。


[PR]
by monomoman | 2016-01-04 07:36 | 特定アジア | Comments(0)

2016年元旦/今年のお正月は読書

e0353219_06572142.jpg

明けましておめでとうございます。

今年もmono momanを宜しくお願い申し上げます。

毎年、年末からお正月にかけて映画を一本観ていたのですが、今年は残念ながら栗山の田舎から札幌まで足を運んでまでも観たい映画はありませんでした。

最初に観よう思った”杉原千畝 スギハラチウネ”は 「戦後70年の時を経て“真実の物語”が感動超大作として・・・」とのうたい文句でしたが、「日本政府に背き、命のヴィザを発行し続け・・・」なんて、真実ではなくて捏造物語になっているようでしたので論外。
杉原千畝は当時の日本政府の指示に従ったまでのことですからね。

次に観よう思った”海難1890”は、嘘八百の韓国上げ映画”利休にたずねよ”と同じ監督と聞いて、監督が云々じゃなくて先入観が強すぎてその気になれず。

仕方なく、”スター・ウォーズ/フォースの覚醒”でも観ようと思ったのですが、どうやら前評判倒れようなのでこれもその気になれず。

ということで、正月は家に閉じこもり、読書三昧のつもりで注文していた、四冊の本がアマゾンから大晦日に届きました。

大晦日から、中国が秘密裏に遂行される「世界覇権100年戦略」の全貌を暴露した”China2049(100年のマラソン)”を読みながら、ネットで話題になっている大人の絵本みたいな”そうだ難民しよう!”を見ているところです。これ、なかなか面白いですよ。

e0353219_06575075.jpg

このような風刺画21作品に著者(はすみとしこ)の説明文がついた本です。

e0353219_06580022.jpg

日本が嫌いな人達が不買運動をしているようなので買ってみました。

e0353219_06573092.jpg

オリンパスペンはアートフィルター機能がついていて、トップの写真はドラマチックシーンで撮ったものです。

上の写真はポップアートで、下の写真はファンタジックフォーカスです。

e0353219_06573910.jpg

右から二番目の”余命3年時事日記”はネットで話題になっていたので購入してみました。
(購読後の追記:これはお薦めできません。ダメです。)

それと、左側の歴史手帳は半分が日本の歴史のことが記載されていて、歴史好きの方にお勧め手帳です。

写真に写っている右側の本立ては、未完成のもので現在製作中です。今月中にホームページに載せる予定でいます。

本日の一曲

今年、最初の一曲は、「Diana Ross /  I Love You Baby」です。


[PR]
by monomoman | 2016-01-01 07:13 | ●モノモマン/お知らせ | Comments(0)