人気ブログランキング |

<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

君の瞳に恋してる

e0353219_21351591.jpg

Can't Take My Eyes off You(直訳:君から目を逸らせられない/邦題:君の瞳に恋してる)は、私の好きな曲の一つです。

この曲が「いいなぁ~」と思ったのは、1979年に公開された映画「ディア・ハンター」を見た時でした。ベトナム戦争当時の狂気の世界を描いた強烈な作品と、「楽しいのだけど、ちょっぴり悲しげな」この曲との、ミスマッチな魅力が印象的でした。

ただ、映画の方は、前半部がちょっと長過ぎ。

それと、アップテンポでディスコ調なので、当時流行っていたキャバレー「ハワイやロンドン」なんかでも、バンバンかかっていました。(キャバレーには付き合いで数回入っただけです)💃

バブル景気は、この頃からでしょうか?浮かれていた時代ですね。この後に、六本木の「お立ち台」に象徴される狂乱の時代へ突入して行くことになります。調子に乗り過ぎました。

1967年にフォー・シーズンズのフランキー・ヴァリ(Frankie Valli)がソロシングルとしてヒットさせ、1983年にはボーイズ・タウン・ギャング(Boys Town Gang)がディスコ調にアレンジして大ヒットしました。

歌詞(和訳)は、軽すぎて私の好みではないのですが、せっかくネットで調べたので内容を短くまとめてみますと、概ね以下の繰り返しです。

♪長くかかって、やっと愛が訪れたんだ
 そして、生きていることを神様に感謝するんだ
 君は真実であるには素晴らしすぎる
 君から目が反らせない

♪愛してるよ、ベイビー、そしてそれは素晴らしいことさ
 君が必要なんだ、ベイビー、寂しい夜を暖めるために
 愛してるよ、ベイビー、僕がいう事を信じて

感心するのは、邦題の「君の瞳に恋してる」です。歌詞の内容と違いますが、この邦題を考えた方は良いセンスをしていると思います。

本日の一曲

この曲は、色々なジャンルの歌手がカバーしていますが、本日は元祖の「Frankie Valli and The 4 Seasons」です。


by monomoman | 2016-03-14 18:51 | ├音楽 | Comments(0)

新作!自立式本立てのご案内

e0353219_17282397.jpg

新作の”自立式本立て”を製作しました。

この自立式本立ては、小さなテーブルやデスク、枕元などにも置ける小ぶりでお洒落な本立てです。

e0353219_17283109.jpg

このぐらいの本であれば4冊ぐらい立て置けられます。

底には滑り止めシートを貼り付けていますので、小さな本立てですが非常に安定しています。

e0353219_17284327.jpg

ハードカバー以外の本だと、表紙がめくれてしまいがちで美しくありませんね。普通は気にしないと思いますが、性格でしょうか?私は気になってしまう質(たち)なのです。

e0353219_17284967.jpg

そこで、ストッパーを付けました。

このストッパーの上部にはペンなどが置けるようにしています。

e0353219_18181547.jpg

ダボと溝欠加工による、このような継手にしていますので、そう簡単に壊れる事はありません。

e0353219_18180667.jpg

この自立式本立ては、2年ほど前にオーダーメイドで製作したCDスタンド(上写真)がベースになっています。

なんとか友人の娘さんの高校入学祝いに間に合いました。お勧めの本とセットでプレゼントするつもりです。





by monomoman | 2016-03-10 10:42 | ├ 本立て | Comments(0)

安倍対山口のチャンバラ対決

e0353219_18382411.jpg

私が子供だった頃は、遊びはもっぱら”チャンバラ(刀で斬り合うこと)”でした。

私は小学校に入った頃にはチャンバラ遊びを卒業しましたが、山口二郎さんは大学教授になってもチャンバラをやりたいのですね。お勉強に時間をとられて、大人のお遊びを学べなかったのか?・・・可哀想な人です。

最近では、SEALDsの高校生版である”T-nsSOWL”(ティーンズソウル)のデモの先頭に山口二郎さんがいて・・・この人、本当に大丈夫なの?

山口二郎の放言:法政大教授、北海道大学名誉教授

「安倍に言いたい。お前は人間じゃない! たたき斬ってやる!」
(安全保障関連法案に反対する昨年8月30日の国会周辺の集会から)

NHKの木曜時代劇は楽しみな番組ですが、ここ一年ぐらいは日光の手前です(今市)。大河ドラマはもっと不作で、今年の”真田丸”も草刈正雄さんが好演しているのに女優2人がぶち壊して大河コメディにしています。

さすが、年配の高畑淳子さんは鋭い勘で軌道修正しましたが、もう一人の若い大根役者は鈍感なのか?察することができないようです。

なので、昔の懐かしい、と言っても主役は懐かしいが内容は完璧に忘れている正統派チャンバラ映画をDVDで見ようかと思っているところです。

さて、その昔の映画とは。

斬る
製作年:1962年/製作:大映/主役:市川雷蔵 

 イントロダクション(Introduction)
小諸藩士の高倉信吾が三年の武者修行から帰ってきた。彼は道中、三絃の構えという異様な剣法を会得していた。ある日、父の信右ヱ門と妹の芳尾が隣家の池辺親子に惨殺された。信右ヱ門は死に面して、信吾に初めて彼の出生の秘密を打ち明ける...。

この面白そうなチャンバラ映画をパクリ、もっと面白い映画を作ってみました。

斬る(パクリ版)
製作年:2016年/製作:モノモマン/主役:内閣総理大臣 安倍晋三

 イントロダクション(Introduction)
山口藩士の安倍晋吾が五年の難病治療から帰ってきた。彼は病中、三本の矢というアベノミクスを会得していた。ある日、父の晋太之介と嫁の明恵が燐家の山口三郎に惨殺された。晋太之介は死に面して、晋吾に初めて彼の出生の秘密を打ち明ける...。
「お前は人間で無い!」・・・「えっ!えぇ~!ワシは一体全体なんじゃらほい」...。

この続きは、想像の世界でお楽しみ下さい。

本日の一曲

「MISTY / Joe Pass」です。


by monomoman | 2016-03-01 07:24 | くだけた(冗談)話 | Comments(0)