<   2017年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

黄金の夢の国ジパング

e0353219_21355786.jpg

日本列島には、トンデモナイ地下資源がザックザックあったり、今もなおドンドン作られているようです。

●一つ目は、メタンハイドレート

2014年12月30日 NewSphere(ニュースフィア)から。「日本海初のメタンハイドレート確認 “次世代のエネルギー資源”に海外も注目」。
http://newsphere.jp/national/20141230-1/

但し、この記事には、ちょっとのウソが混じっています。ずいぶん前から日本海側でメタンハイドレートが採取されています。今回が初めてではありません。
2014.11.06 ログミーから「メタンハイドレート開発を妨げているのは石油陣営? 青山繁晴氏が訴える“夢の資源”を取り巻く真実」。
http://logmi.jp/27072)

●二つ目は、ゴールド

2013年3月21日 ライブドアニュースから「地震で、一瞬のうちに、金鉱床が形成か?」。
http://news.livedoor.com/article/detail/7518960/

世界の4大プレートの接点上に存在するという稀有な日本列島は、地震列島ですが、黄金列島でもありそうです。

●三つ目は、レアアース

山口大大学、東京大学、愛媛大学の研究グループは、レアアースのランタンとレアメタルのバナジウムを含む褐簾石を、三重県伊勢市で発見したことを発表しました。
http://www.sci.yamaguchi-u.ac.jp/research/hotstudies/nagashima

●四つ目は、地熱発電。

2014.3.29 産経ニュースから「世界3位の資源大国!地熱発電、国立・国定公園の壁厚く、宝の持ち腐れ」。
http://www.sankei.com/life/news/140329/lif1403290002-n1.html

日本は、資源大国であって、本当に「黄金の夢の国ジパング」なのです。

【青山繁晴】インサイドSHOCK メタンハイドレートで資源大国 2012.10.10


by monomoman | 2017-04-21 19:04 | 日々雑感

PPM/使い切ったレコード

e0353219_21351672.jpg

自分の愛用品(靴下などの日用品以外)を「使い切った」物ってあるのかなと、考えてみたのですが「有りそうで無い」ですね。
約40年間着込んだお気に入りのモスグリーンのセーターは「ボロボロになるまで使い切った」感があります。このぐらいかなと思っていたら、もう一つありました。

45年も前のことですが、使い切ったレコードです。

中学生の頃に、主に聴いていた音楽はフォーク・ソングが中心で、特に「ピーター、ポール&マリー(以下、PP&M)」は夢中になって聴いていました。
少ない「お小遣」を貯めて買ったのが、日本公演(1967年)のライヴ盤「Deluxe/Peter Paul & Mary Live in Japan」 です。

絶頂期を迎えた頃の日本公演だったので、コンサート会場の興奮と熱狂ぶりが「ひしひし」と伝わってくるアルバムです。一番数多く、針を落としたレコードかもしれません。

今と違って、中学生が気軽にレコードを購入できる時代ではなかったので、この一枚のアルバムを本当によく聴いていました。
聴いているうちに傷が原因で「バチバチ」音がするようになってきて、そのうち「針飛び」がするようになり、ついに(5年後ぐらいで)レコードも歪んできました。
擦り切れる程ではありませんでしたが、私としては「あぁ~使い切った!な」との思いがあります。

・・・あれから50年、何気なくネットを見ていたら、このアルバムのCD化のニュースが目に飛び込んできました。すっかり忘れかけていたので、おもわず「おぉ~」と独り言を呟いてしまいました。しかも「紙ジャケット仕様」での発売だから、尚更です。
<メディアの掲載文>
1960年代、全世界にフォーク・ソング・ブームを巻き起こし、モダン・フォーク界に金字塔を打ち立てたピーター、ポール&マリーのデビュー50周年(2012年時)記念盤。1967年に行われた、熱狂と感動の日本公演の模様を収めた名盤がついに世界初(同)のCD化! (C)RSaaa

初回生産限定盤/デビュー50周年記念/解説歌詞対訳付/紙ジャケット仕様
早速、購入。商品が届く日は朝から落ち着かなかったですね。
このCDの紙ジャケットは、レコードと同じ「見開き」だったので、懐かしさが込み上げてきて、この段階で少々、興奮。
早速、聴いてみて、久々に音楽で「唸って」しまいました。

音が全然違うので、まずはビックリ仰天。45年前の再生は、小さなポータブルプレーヤーでしたが、今はCDプレイヤーと真空管アンプとmono momanの[swスピーカー]の3点セットだから、当たり前ですね。

特に、B面の「サージ・ブルース」が驚きでした。この「ギターとベース」演奏が、こんなにも良かったのかと。
ラスト曲の「If I Had My Way 」を終えて、アンコール曲の「くよくよするなよ」「天使のハンマー」「わが祖国 」までが、このコンサートの熱狂ぶりを良く伝えていたのですが、澄んだ音のおかげで「45年ぶりの驚きの感動」を味わう事ができました。

PP&Mは45年ぶりに私の心を噴火させてくれて、ありがたい事です。

PP&MのCD購入を検討中の方へ一言。

このアルバムと、この時の日本公演の未発表曲「風に吹かれて」「時代は変る」「500マイルもはなれて」「花はどこへ行った」「虹と共に消えた恋」など日本でも大人気の代表曲(12曲)が含まれる2枚組のアルバム「Peter, Paul & Mary Live in Japan1967」もあります。

尚、アマゾンよりも500円ほど高いですが、[ワーナーミュージックダイレクト]では「豪華紙製デジ・パック」になっています。紙ジャケットにこだわりにある方はこちらがいいかと思います。

本日の一曲

来日一年前の「ealy moring rain」です。 ♬


by monomoman | 2017-04-13 06:58 | ├音楽

笑わせくれる民進党

e0353219_21352041.jpg

いかに他者を批判し、おとしめようが、それは自分の価値を高めることにはならない。民進党は、そんな当たり前のことを実践し、われわれ国民に迷惑をかけているが、笑わせてくれてもいる。

民進党は南朝鮮がやってきた「日本の悪口外交」と同じことをやっているから、国民から茶化されるのだろう。

民進党の国会追及110番

民進党の長妻昭衆院議員が3月1日に公式サイトで公開している「国会追及110番」をTwitterで告知した所、数多くのコメントが寄せられた。

以下が「国会でながつま昭に追及してほしいことをお寄せ下さい!」に届いている、ブーメラン意見の数々であります。
「蓮舫の二重国籍と山尾志桜里のガソリンプリカお願いします」
「二重国籍とガソプリと初鹿の不倫騒動への説明責任を」
「蓮舫の糸魚川視察発言問題もあったな」
「辻元清美と玉木雄一郎の国会ズル休みに懲罰動議検討して下さい」
「津田弥太郎議員の国会内での女性議員への暴行疑惑を是非」
「朝日や読売への国有地格安売却と朝鮮学校への公有地貸与問題」
「有田議員が入手した横田さん関連の写真入手経緯を知りたいです」
「ゴキブリ発言問題も追及必要でしょ」
「柚木議員のタクシーの件も中途半端なままだったのでは」
「民主党から民進党に変更する時の政党助成金がどうなったのか」
「民進党議員のヤジについて追及して欲しいですね」
「特別永住許可について国民が納得できるよう国会で問い質して下さい」
「外国人への生活保護を取り上げて欲しい」
「後藤祐一議員のパワハラを。何があったのか解明すべき」
「失われた年金について是非国会で議論して頂きたい」
私も意見を言ってみますね。
「野党は大臣を辞めさせることがお仕事なの?と子供から言われないようにしてほしい」

子供に「そうだね」と答えるしかないのですよ。

子供には「政治家は国民の財産と命を守る、大切なお仕事をしているのだよ」、そして「国会は法律を作ったり、予算を決めるために議論をする場所なんだ」と教えたいが、子供へは嘘をつけない。

だって、民進党の小西ひろゆき (参議院議員)がこんなことを言っているのですから。
参院予算委を振り返る小西議員

参院予算審議が終了。森友学園の追及で安倍総理はおろか閣僚一人も辞任に追い込めなかった。政権の支持率も非常に高い状況にある。予算委が終わると追及の場所が限られてしまうが、何とか打開したい。報道関係者からは民進党の質疑等への批判を頂いているが、党内で共有し残りの通常国会の糧としたい。
あぁ~。やっぱり、民進党の国会でのお仕事は、閣僚を辞任に追い込むことなんだ。

e0353219_18484201.jpg

しかも、この民進党の小西ひろゆき参議院議員は国会でプロレスごっこをやっているし。(カウンターパンチをくらっているいる人)

e0353219_18484915.jpg

民進党のバー様たちは、国会議事堂で運動会。

e0353219_18560338.jpg

民進党よ、もういい加減「冗談はよし子さん!」。

誰か民進党の良い点、他党より優れているところを教えてください

産経新聞社の阿比留瑠比(あびるるい/論説委員兼政治部編集委員))さんが、2月11日付の自身の私的なフェイスブック(FB)に、上題の投稿をしたところ、書き込まれたコメントは500、「いいね」は4100を超え、それまでに例のない反応の多さだったそうです。


以下が、書き込まれたコメントの一部。
「民進党の主張と反対の政治をやっていれば間違いない」
「首相なんて誰がやっても同じじゃないことを教えてくれた」
「こんな大人になってはいけないと教えてくれた」
「50年かかっても気付かなかった自民党の良さを、たった3年で気付かせてくれた」
「自民党の支持率を上げるために全力を尽くしている」
「(良い点は)何もない」
「ありません」
「思いつかない」
「私も教えてほしい」
「真面目に考えたが、何一つ思いつかない」
「設問が無慈悲過ぎる」
「これほど難しい質問はない」
「むちゃな質問をしないでほしい」
「阿比留さん、そろそろあきらめてください」
私も民進党の良い点、他党より優れているところを考えてみたが、思いつかない。これは微分積分よりも難しい。

やっと思いついたのがこれ。
「あまりにもお馬鹿さんなので、政治に興味を持った若者が増えたかもしれない」

政治に興味をもつ人が増えれば、自然と真面目な政治家が台頭してくる。当然、政治力が上がれば国力も上がる。当たり前のことだが政治の邪魔をする民進党はこの世からなくなる。

さすが、日本の八百万の神。馬鹿をも使い、日本を正しい方向に導いてくれている。

本日の一曲

よくも、吹出さずに歌い切った「松崎しげる」に感心!



by monomoman | 2017-04-01 06:59 | くだけた(冗談)話