<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

森友騒動と加計騒動

e0353219_19151665.jpg

日本にとって、糞の役にも立たぬ「もりかけ騒動」。その「もりかけ騒動」について、良い記事を見つけたのでご紹介します。

青山社中筆頭代表 朝比奈一郎氏の記事より(2017年06月23日 09:50)。

森友問題、加計問題の根底にある真因とは? ~日本人の理性と英知を信じたい~

実に不思議だが、森友学園に引き続き、加計学園が大いに世間を賑わせている。

どちらも、「安倍総理の責任を問う」という流れを作らんとする野党やメディアの意図(スパイ等を通じての海外勢力の意図も?)を感じざるを得ないわけだが、何故、この問題がこんなに大きく国会やメディアで取り上げられ、総理の責任を問う流れが出来たのか。

仮に、総理が、森友や加計から多額の謝礼を受け取って便宜を図っている(可能性が高い)のなら、それは「違法」な話、「政治とカネ」の話であり、国民感情として許せない。
ただ、薄々国民も、ましてや事実を検証しているメディアや野党は、ほぼ確信しているように、これは、贈収賄的な事件ではない。そうした結論につながる証拠は現状皆無だ。

籠池前理事長や前川前文部科学次官の証言などから、総理への「忖度」の可能性が垣間見えるだけだ。その有無が問題となり、再調査中の文科省の「文書」にしても、証拠的には「忖度」の域を出ない。仮に文書が実在したとして、またその中身が全て事実だったとしても、官僚出身の筆者の実感として、厳しい交渉の際、細かく上の意向を確認せずに「大臣を含め、省を挙げての総意だ」的発言をすることはよくある。右発言中の大臣を社長に、省を会社に置き換えれば明らかだが、社会人経験があれば、かなりの確率で皆「忖度」を経験しているのではなかろうか。

いつミサイルが来るか分からない国際情勢をはじめ、安保・経済等々、各分野で難問や課題が山積する中、この程度の「忖度」問題がこれほどまでに国民的に騒がれているのか。実に不思議である。

日本における安定政権を面白く思わない外国(のスパイ)や、存在意義を見せられずに鬱屈している野党、或いは、とにかく視聴率や購読数が大切なメディアが騒ぎ立てようとするのは確かに分かる。ただ、そうした意図も、「火が付きそう」な国民感情があってこそ意味を持つ。本当に国民的に怒るような話なのだろうか。

ここで更に不思議なのは、加計学園の問題だ。普通に国民感情を考えれば、権限を楯に、数十年も新たな獣医学部の設置を認めないで来た文部科学省、その象徴たる前川前次官こそが非難の対象になりそうなものだ。獣医数の規制すら不明だが、いわんや獣医学部の数を厳しく規制する必要がそもそもあるのか、一般国民にはさっぱり分からない。まだ、食品衛生系の専門学校やら牛丼屋の数を厳しく規制して質を保つ方が、理屈としてはよほど国民生活の安全につながる。

しかも前川氏は、事務方での議論では、新学部が不要である証拠や論拠を有効に示せず「負けた」中、更なる上司(大臣・総理など)に直訴するわけでもなく、決着してしばらくした今のタイミングで、メディアに不満を吐露して英雄気取りだ。官僚以前に、社会人・組織人として失格だ。

おまけに、前川氏は出会い系バーに頻繁に出入りして金銭の授受をしての女性との会合を繰り返している。これが一般の教師であれば、調査だろうが何だろうが恐らく即アウトであり、教師を束ねる立場にいる人は本来、よほど気を使うべきである。

再び言おう。何故、このような状況で、文科省や前川氏ではなく、総理を非難する方向で国民感情に火が付くのか。全くもって不思議である。確かに、露骨に「火を消そう」として、失敗した感はある。ただ、それだけで説明がつくだろうか。

私の仮説は残念ながら国民のレベルが落ちてきているというものだ。低俗な国民であればあるほど「パンとサーカス」を露骨に求めるのは歴史の教えるところであり、民主主義は容易に衆愚政治に堕する。安倍政権が長期化する中、初期には、金融緩和のバズーカだ、TPPだ、オリンピック決定だ、と「サーカス」に事欠かなかったが、最近は「見世物」が不足気味だ。

私は日本人は世界的に見て、理性と英知に満ちた「創る」国民だと思っていた。私利私欲から物事を「壊す」のではなく、長期的公益のため、大切なものを見極められる国民だと信じてきた。特にメディアや国会議員など、直接にこの国を創る立場にある方々は特に自覚が大切だ。

後世から見ての現在が、些細なことで物事を「壊そう」とする「衆愚に陥った社会」となるのか、真に大事な問題を中心に議論する「健全な民主主義社会」となるのか、決めるのは今の私たち自身である。

http://blog.livedoor.jp/aoyamashachu/archives/18447747.html

籠池氏はお笑い芸人の域に達しているので、もうどうでもいい。一方、嘘つきで助平で卑怯で恥知らずな出会い系事務次官の前川には本当に腹が立つ。

その前川助平を頻繁にテレビに登場させるアホのNHKにはもっと腹が立つ。

日本列島にミサイルがぶち込まれて、やっと大切なものを見極められる国民が目を覚ますのだろう。自業自得か。仕方がないね。

[PR]
by monomoman | 2017-06-26 07:07 | 日々雑感

テロ等準備罪が成立

e0353219_06114601.jpg

テロ等準備罪の成立!おめでとうございます!

e0353219_18115938.jpg

反日左翼のお暇な「プロ市民」や「在日」が国会前でプラカードを掲げ大騒ぎしても、この程度の人数じゃ誰も相手にしないのだ。国会前で朝鮮太鼓を打ち鳴らして喚いている姿は誰がみても“マヌケ”にしか見えない。

それを「国民の声」のように報じるのが反日マスコミとアホのNHK。

e0353219_18251092.jpg

法案名は「テロ等準備罪」だが、最初から最後まで「共謀罪」と言い続けていた、野党や反日マスコミや似非ジャーナリスト達。

e0353219_18320141.jpg

アホのNHKは、国連ではないが「国連の方から来た外人達」が法案に反対してると報道するし。

e0353219_18444403.jpeg

キノコ狩りでお爺さんとお婆さんが逮捕されると、荒唐無稽な嘘っぱちで愚民を騙す日本死ね(ガソリン疑惑プンプンと異臭を放つ)の野党議員。

警察も公安も山の中にいる「じじばば」を取り締まるほど暇ではないのだ。国会でこんな議論をしていたとは…頭がくらくら😵してきた。

e0353219_18574141.jpg

嘘つき理事長と嘘つきで助平で卑怯で恥知らずなM川出会い系事務次官をネタにテレビのバカ騒ぎ。

約半年間、国民の税金を何百億円も使ったバカ騒ぎはすべて無駄になった。まさか、秋の臨時国会でまたまた学園祭をやるつもりなのか?

e0353219_18504047.jpg

誰にそそのかされたのか、2万円と98枚の紙束を封筒に入れて、安倍邸宅へ寄付でいただいた(嘘)100万円を返しに来たようだ。これは、詐欺罪じゃないの?

ここまでくると、もう哀れとしか言いようがない。このペテン師を再度、秋の臨時国会に担ぎ出そうと企む民進党も哀れだ。

まったく日本のためにならない「もりかけ騒動」なんかやってないで、中国資本による北海道の水源地買い占め問題やら、中国人による日本の医療費の不正受給問題やら色々あるだろうに。

国会はハレンチ学園でも蕎麦屋でもないのだ。

e0353219_19043981.jpg

特定秘密保護法、集団的自衛権の行使容認、そして今回のテロ等準備罪法の成立。安倍首相の指導力と実行力に感心する。次に成立させるべきは、スパイ防止法か。そして、いよいよ憲法改正だ。


[PR]
by monomoman | 2017-06-21 20:37 | 日々雑感

木の節を活かした木工品2点セット

e0353219_05575016.jpg

複数の商品をセットにした、お得なセット販売の第二弾です。

単品でのご購入よりも約10%お得な価格設定となっており、限定1セットの販売となります。

今回のご案内は、自然にできた節や木目を生かした一点物の「フォト&クロック」と「貯金箱」の2点セットです。さらに、おまけが付きます(商品が届いてからのお楽しみ)。

●ふし窓時計
くり抜いた節の部分に小さな写真を入れられます。2枚のアクリル板(商品に含まれます)で挟みます。
節穴の奥に「思いを寄せる人」や「愛する子供」や「可愛いペット」などの写真を入れていただければと思います。

●木の小銭貯金箱
コインを節から入れる貯金箱です。(500円硬貨ok)

ご購入はこちらから。
お値段は、7,000円(税込み)です。

[PR]
by monomoman | 2017-06-16 20:38 | ├ セット販売(お得) | Comments(0)

木のインテリア小物3点セット

e0353219_06473894.jpg
複数の商品をセットにした、お得なセット販売を始めました。

単品でのご購入よりも約10%お得な価格設定となっております。

今回のご案内は、丸みを帯びた形の木のインテリア小物3点セットです。さらに、おまけが付きます(これは商品が届いてからのお楽しみ)。

●大人のコイン貯金箱
●小物入れスタンド
●一輪挿し(雪だるま)

ご購入はこちらから。

お値段は、10,500円(税込み)です。

[PR]
by monomoman | 2017-06-11 07:03 | ├ セット販売(お得) | Comments(0)

インテリア貯金箱のご案内

e0353219_19380486.jpg

mono momanには、2種類のお札貯金箱と木の節を活かした小銭貯金箱があります。今回、インテリアとして飾って貯めて楽しめる貯金箱を作りました。

●素材:オニグルミ、ブナ、ブラックウォルナットの3種類
●サイズ:W150×D70×H120
●仕上げ:オイル仕上げ

コインの投入口が側面上部ですので、見る方向によっては貯金箱には見えないと思います。

e0353219_19381741.jpg

この方向からですと貯金箱とお気づきになられるかと思います。

e0353219_19394774.jpg

e0353219_19400168.jpg

脚を斜めに削いで可愛らしくしたつもりです。どうでしょうか?

このように小さな脚を作るのは難しくはないのですが、製作加工時に刃物が手に近づくので神経を使います。仕上げにも時間がかかります。

e0353219_19421844.jpg

本体とカラーボールにはマグネットが埋め込まれているので、上面と前面と後面の3箇所に付けたり外したりできます。このように、側面には写真やメモなどを付けられます。

参考に、貯金箱に取り付けた写真はL判サイズ(127×89)です。

カラーボールは下記の7種類からお選びできます。
A :スカイブルー
B :パーマネントグリーンライト
C :コバルトブルー
D :パーマネントスカーレット
E :パーマネントグリーンミドル
F :パーマネントレモン
G :バイオレット

e0353219_19401208.jpg

コインの取出し口の底板はボルト締めにして、本体にはナットを埋め込みました。プラスドライバー、マイナスドライバ、十円硬貨で開けられます。


今回使ったオニグルミは特に木目がはっきりしていて、商品によっては節があったり黒っぽい部分もあります。素直な木目がお好みでしたらブナをお薦めします。

お値段は4,500円(税抜き価格)です。

[PR]
by monomoman | 2017-06-05 18:37 | ├ 貯金箱 | Comments(0)