<   2017年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

小池劇場/正義の味方は誰

e0353219_06391939.jpg

ただ今、小池劇場は閑古鳥が鳴いているようですね。もう回復の見込みはありません。何故なら、バレてしまったからであります。

小池さんの大誤算は、枝野さんが立憲民主党を立ち上げてしまったことでしょう。このことで、お昼のワイドショーを見ている方達のお頭の中が混乱してしまって、誰が悪党なの?正義の味方は誰?

日本人は正々堂々と真面目に頑張る人に感銘を受け、辛くてもじっと耐えて、ひたむきに努力する人が大好きであります。
そして、日本人は判官贔屓(ほうがんびいき。意味:不遇な身の上の人や弱い者に同情して肩を持ったり、応援すること)な民族です。

お昼のワイドショーを見ている方達は、枝野さんが「正々堂々と真面目に頑張る人。ひたむきに努力する人」に見えちゃったのです。その反動で、立ち向かう相手の小池さんに嫌悪感を感じてしまった。と言うことでしょうね。思想だとか政策は二の次なのです。

だから、正義の味方を演じていた小池さんが悪党になり、枝野さんが正義の味方のようになってしまった。そして、悪党にするつもりだった安倍首相は、この騒動に巻き込まれることなく、淡々と今までの実績と将来のビジョンを語っています。

そこで、小池さんに嫌悪感を感じてしまった方達が少しは冷静になって小池百合子の演説を聞いてみると、カタカナ言葉で意味不明ことを言うし、具体的政策無しのスローガンと安倍批判。これでは、民進党と同じではないかと、誰しも思うわけです。

人気急降下の決定打は、都政を満足にこなしていない事と国民を馬鹿にしたユリノミクスと思いますね。

ちょっと中断してアベノミクスとユリノミクスの違いとは。

アベノミクスは海外のエコノミストが言い始めた名称で、「三本の矢」を、経済成長を目的とした政策運営の柱に掲げている。
(三本の矢:大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略)

ユリノミクスは自分自身が勝手に言い始めた名称で、以下の「12のゼロ」を、選挙を目的とした公約の柱に掲げている。

原発ゼロ、隠ぺいゼロ、企業団体献金ゼロ、待機児童ゼロ、受動喫煙ゼロ、満員電車ゼロ、ペット殺処分ゼロ、フードロスゼロ、ブラック企業ゼロ、花粉症ゼロ、移動困難者ゼロ、電柱ゼロ。

18歳の高校生から年金生活者まで、誰だって「そんなこと、できっこないだろう!」なのです。

要は、緑のたぬきと言われていた小池さんは、本当に緑のたぬきだったことがバレてしまった。という事ではないかと思うのです。

しかも、コイケノミクスではなくて、ユリノミクスだから嫌悪感が倍増するのです。だって、安倍首相が自らシンゾウノミクスと言ったら気色悪いでしょうに。

それにても、緑のたぬきに騙されてきた方達が、こんどはもっと質の悪い赤いきつねに騙されいるとは。もう~憂鬱。

でも、小池さんは民進党を分裂させ野党の結集を阻止し、おそらく自民党の圧勝となるでしょう。もしかしたら安倍首相との「阿吽の呼吸」で保守陣営を助けた。

そうであれば、小池百合子は緑のたぬきどころか、平成の大狸です。


[PR]
by monomoman | 2017-10-17 06:42 | 日々雑感

小池劇場/ゴミ袋の中を分別中

e0353219_18552036.jpg

8月、ミサイルが飛んできても「モリカケ疑惑隠しだぁ~!即刻解散せよ!」と騒いでいた野党。
それじゃと9月、安倍首相が解散したら「モリカケ疑惑隠しだぁ~!解散阻止だ!」と騒ぐ同じ面子の野党。もう本当に、政界のゴミ袋の中は野党だらけ。

昨日まで、「憲法改正反対!」を主張し、「平和安全法制は廃止しだぁ~!と訴えてきた民進党の政治屋さん達。
ところが翌日には、希望の党に入りたいからその政策を「放棄」してしまった民進党の政治屋さん達。こうなると、民進党の政治屋はカスか?。

希望の党の基本方針は「安保法容認。憲法改正賛成。外国人参政権反対」とし、民進党のリベラル派に踏み絵を迫っていた小池都知事。
しかし一夜にして、民進党のカスに配慮して、これらの基本方針を公約から外す小池都知事はクズか?。小池都知事の選挙公約とは国民向けではなくて、議員向けとはズッコケ。

それとも、民進党の極左リベラル派を排除させる策だったのか?。そうであれば、やっぱり小池都知事は「みどりのタヌキ」だ!。

可哀そうなのは、真剣に民進党を支持(騙された)していた人達。いままで支持してきた(一応)先生の浅ましい姿に、ただただ絶句し、開いた口が塞がらない姿が目に浮かぶ。

e0353219_18553375.jpg

ポテトチップスのコイケヤも即席麵を販売か?

ところで、緑のたぬきの天そばには、天かすが入っているのでしょうか?
ウィキペディアによると

天かす(てんかす、天カス、天滓とも書く)とは、天ぷらを揚げる時に生じる揚げかす(天ぷらのカス)のことである。食品廃材として廃棄される一方、揚げ物と同様の風味、油のコク、食感があるため、他の料理の添え物や材料として利用されることもある。
ここで、冗談一発。
mono momanによると

希望のかす(民進のかすとも言う)とは、希望の党を立ち上げる時にバレた揚げかす(民進党のカス)のことである。リベラルなので公認されないはずだが、都民ファーストと同様のいい加減さがあるため、選挙の添え物(お金)や数合わせとして利用された。
はっきりしていることは、小池劇場は政界のゴミ袋の中を分別中です。

出来れば自民党のゴミ袋に入っている石なども分別してくれれば、歴史の大転換劇場になる可能性もあり、大局な見地からだと安倍政権が倒れない程度に緑のたぬきが頑張るぐらいは「まぁ~良いかな」とも思えるのです。

誠に面白くて大切な選挙であります。政界の埃(ほこり)や塵(ちり)は消滅か?

[PR]
by monomoman | 2017-10-08 20:45 | 日々雑感

小池劇場/ 赤いきつねと緑のたぬき

e0353219_08135977.jpg

二重国籍劇場や淫乱不倫劇場や「このハゲ~!」劇場等々、国会を飛び出して大活躍して、お茶の間のオバ様たちを楽しませてきた女性国会議員。

国会議員ではないが、小池百合子と小池劇場の面白さと言うか存在感はずば抜けているのでお暇なオジさんも楽しめます。

東洋水産株式会社のマルちゃんの「 赤いきつねと緑のたぬき」は39年間も販売を続けている人気の即席麺。

ところが小池劇場では「 赤いきつねと緑のたぬき」の戦いが始まりました。


e0353219_08141099.jpg

緑のたぬき(小池都知事)は「赤いきつね(リベラル派)は排除する」と断言されましたね。

ところで、一見カッコ良さそうなリベラルとは?

リベラル(liberal)とは「束縛される事がなく自由」という意味。悪く解釈すれば「好き勝手な無秩序状態」とも言えそう。

そうすると、日本で言うリベラル派とは?

リベラル派とは極度の左翼的な考え方であり、世界の労働者の為に国境を越えて団結し革命を起こす。
かみ砕くと、世界の労働者や移民難民達の為なら日本を解体し、階級のない理想の社会を作ろう!という考え方。もっと簡単に解釈するとリベラル派は共産党。

一方、保守派の考えとしては国家あっての政治、まずは国と国民の為に。
分かり易く言うと、自由よりも秩序を重んじ、多少は不便でも伝統や調和を守り、国益を重視する!と言ったところでしょうか。

だから、緑のたぬき(バリバリの保守)が、思想が真逆な赤いきつね(リベラル派)を仲間に入れない!のは当たり前のど真ん中であって、希望の党に公認されないとブツブツ言っている赤いきつねがアホなのである!と思うのであります。

皇室についてはリベラル派は解体したいが、保守派は維持させたい。

憲法改正についてはリベラル派は反対だが、保守派は賛成。

自衛隊についてはリベラル派は解体したいが、保守派は強化させたい。
(ベラル派は国を守りたくないが、保守派は守りたい。)

この辺にしておきましょうか。小池劇場のおかげで、かなりの数のリベラル派がいなくなる可能性がでてきたので、今回の選挙結果が楽しみであります。

即席の小池劇場が潰れない絶対条件は、小池百合子が都知事を放り出さないことです。これをやると都民が切れます。

小池劇場は面白いので、次回につづく(予定)。


[PR]
by monomoman | 2017-10-01 20:14 | 日々雑感