<   2017年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

生徒を韓国へ連れていきたい先生

e0353219_18551992.jpg

知人の高校2年生になる娘さんが修学旅行でボツアナ共和国(南アフリカの上)に行ってきました。

上下の写真はお土産のチョコレートです。

e0353219_18553837.jpg

ここの私立高校の修学旅行の行先は、ガラパゴスや米国や北欧や東南アジア諸国やら、自由に選択できるそうです。勿論、危険で不潔な韓国や中国は対象外です。

ところが、いまだに公立高校でさえ、韓国に連れて行きたがる先生がいるのですね。ハニトラにやられたか?

こんな、嘘のような本当のような面白いお話があります。

韓国の実態が知られるようになった昨今、とある高校で修学旅行の行先のアンケートを取った。その結果、どうであったか?
どうしても生徒を韓国へ連れていきたい先生たちの作ったアンケート。

Q・修学旅行へ行き先はどちらがいいですか。

1 韓国
2 群馬

圧倒的な数の生徒さんが、2群馬を選んだ。
助平で阿保な先生は、いくらなんでも群馬県を選択するとは、夢にも思わなんだ。というところでしょうか。

ところで、株式会社ブランド総合研究所が発表した『都道府県の魅力度ランキング』をみてみると。
・都道府県の魅力度ランキング2017
1位: 北海道
2位: 京都府
3位: 東京都
中間は省略
41位: 鳥取県
42位: 群馬県
43位: 栃木県
44位: 埼玉県
45位: 佐賀県
46位: 徳島県
47位: 茨城県
群馬県は最下位ではなのですね。それじゃ、2016年はどうであったか?
・都道府県の魅力度ランキング2016
41位: 福井県
42位: 岐阜県
43位: 鳥取県
44位: 埼玉県
45位: 群馬県
46位: 栃木県
47位: 茨城県
やっぱり、群馬県は最下位ではなのですね。

何故、 韓国の対抗馬を茨城県にしなかったのか?

どうしても生徒を韓国へ連れていきたい助平で阿保な先生は、茨城県生まれで 栃木県で育ったのかな?と思うのであります。

[PR]
by monomoman | 2017-11-22 06:37 | 日々雑感

冬支度を終えて「ほ」

e0353219_18505009.jpg

友人が家主である借家を解体した時の廃材をいただき、それを薪にしました。

約2ヶ月前にもらったものですが、雪が降ってきそうなので3日間(時間にして12間ぐらい)かけて薪ストーブに入る長さに切断しました。

2年前にも同じようにいただいたのですが(以下の写真)、今回はこれの3倍ぐらいありそうです。このぐらいの量だと2シーズンは暖かい工房で作業ができそうです。

e0353219_18510994.jpg

最後の日には、ついでにタイヤ交換もして、冬支度はほぼ終了して「ほ」っとしているところです。

e0353219_18510034.jpg

本州で販売されているかどうか分かりませんが、北海道の情報雑誌HO(ほ)の12月号に「アートに栗山町」という特集ページでモノモマンをのせていただきました。

北海道の各地域ごとの情報誌ですので、北海道への観光を計画されている方に役立つと思います。バックナンバーもあるようです。



[PR]
by monomoman | 2017-11-07 18:59 | 日々暮らし | Comments(0)

怒らない日本人は何時怒る

e0353219_18074188.jpg

数年前に、中国人民が楽しんでいた小話です。
ある日、アジアのどこかで国際会議が行われている最中、日本代表がトイレに立った。そのとたん、参加していた他の国の代表が日本について話し出した。
中国「私はどうしても日本を怒らせてみたいのだ。そこで、潜水艦をたくさん日本の領海に侵入させたんだ。また尖閣諸島の海底資源も盗んでみた。でも日本ったら怒らないんだ。」
韓国「そうなんだ。竹島を占領してみたんだが、日本ったら怒らないんだ。」
ロシア「その通りだ。日本は怒ってくれないんだ。北方四島を返さなかったんだけどだめだった。」
北朝鮮「だったら、日本に核ミサイルを撃ってやる!これなら日本は怒ってくれるはずだ!」
アメリカ「いやだめだ。それはかなり昔に我々がやってみた。日本は怒らなかった。」
全員「どうしたら怒ってくれるんだろう・・・・。」
中国韓国「凶悪犯罪者を日本に大勢送り込んでみたが、我々のビサを大幅に緩和してくれてしまった。」
全員「日本は不感症なんじゃないか?」

日本は本当に我慢強い国だ。1937年から中国の不当な南京大虐殺批判を受け続けてきている。いつ爆発するかな?
http://undertakerrach.gouketu.com/others.html
中国も北朝鮮も、憲法九条の制約でいくら挑発しても自衛隊が反撃できないと、たかをくくっています。ずいぶんと舐められたものです。

「怒らない日本人」が最初に堪忍袋の緒が切れるのは、中国や北朝鮮や韓国に対してではなくて、報道機関に対してでしょうね。モリカケ騒動と今回の選挙前と選挙後の報道をみて確信しました。

きっと近い将来、特定アジアが日本人に対しとんでもないことをする。でもNHKを筆頭に日本の報道機関は「アベが悪い~!」と一斉に報道。

ここで、さすがの平和ボケ市民は「あれ~ちょっと違うんじゃない?」となり、大多数のサイレント・マジョリティ(声なき大衆、物言わぬ多数派)も声を上げ、保守層は堪忍袋の緒が切れる。

マスコミの実態を知った「怒らない日本人」が大爆発してマスコミ掃除が始まる。そして、憲法改正。

憲法改正で反撃出来るようになった日本、そして怒った日本人を見た特定アジアの慌てぶりを早く見てみたい。

本日の一曲

「Doris Day /Perhaps Perhaps Perhaps」です。


[PR]
by monomoman | 2017-11-01 06:00 | 特定アジア