人気ブログランキング |

<   2018年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

人間の生き方、ものの考え方(3)

e0353219_21361313.jpg

福田 恆存(つねあり)の「人間の生き方、ものの考え方」(2015年2月11日初版)からです。今回で三回目です。

毎年この時期、私の思う事やうんざりする事を福田 恆存がやんわりと言っています。

現代のタブー(p124)から抜粋。
・・・途中から・・・

さきほどの原稿を書く数日前ですが、広島の大学の新聞部からインタービューがあって、八月六日の原爆記念日について意見を聞きたい言ってきた。

それで私は、「馬鹿もいい加減にしろ」といったのです。原爆記念日などというのは負けの象徴であって日本人とっては不名誉なことなどだ。

あの当時日本でも原爆をつくろうとしていたが、日本人の知能あるいは経済力とかいったものがアメリカよりも劣っていて、要するにアメリカの方が先につくってしまった。それで原爆を落とされたといことは、日本にとって特権ではなくて屈辱なのであって、恥ずべきことはあんまり大げさにしないほうがよろしい。

ましてそれを記念日にすることはない。記念日にするのならひそかに自分の心の中で、「これからやっつけてやろう」ということで記念日にするならいいが、そうじゃなくて「広島から世界に平和を」というような思あがった気持ちは一体何か、原爆を落とされるような人間に原爆を止めさせる力がありますか、そんなことは決してありえないと私はその学生にいったのです。

・・・以下省略・・・

「原爆を落とされるような人間に原爆を止めさせる力がありますか、そんなことは決してありえない」

北朝鮮の我が国に対する態度や米国に対する態度が、その正しさを証明しています。

こんなことを言うと、特定野党や産経以外の主要新聞社・テレビ局全部・まやかしの平和団体などは発狂するでしょう。中共の子分みたいのようなものだから仕方ないです。
国家観のない自民党議員もうるさいでしょうね。

日本国民が冷静になって、ちょっとだけ考えれば済むことなんですけど・・・

それと、平和記念式典(原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式)は止めにして、原爆死没者慰霊式だけにすればいいのです。

8月6日の広島平和記念式典と8月9日の長崎平和記念式典は、「原爆死没者の霊を慰める」ことが一番の目的なのに、毎年、両市長は個人的な政治思想の発信に利用します。戦没者の慰霊は二の次なのです。

要は、心のこもらない体裁だけの式典になって、慰霊する気持ちが上の空になってしまったわけで、何もかもお見通しのご先祖様は、さぞかし落胆していることでしょう。

きっと、今年もそうなるでしょうね。9月に自民党の総裁選挙があるから、いつも以上かな。

本日の一曲

日本人ヨーデル歌手の石井健雄さんです。「Takeo Ischi / Mei' Bibihenderl-1993」。


by monomoman | 2018-08-06 19:12 | 読書